歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

『ファニー 13歳の指揮官』(岩波書店)

フランス ドイツ 書籍・映画

『ファニー 13歳の指揮官』は大人が読んでもハラハラドキドキ 幼き少女のフランス→スイス脱出劇に感涙す

投稿日:

シリアから、あるいはミャンマーから。
難民たちが必死に国を脱出している映像には胸を締め付けられます。
ましてやそれが幼い子供たちとなると、この子たちは一体これからどうするのだろう。そんな絶望的な思いに駆られてしまいます。

今から70年以上前、たった13才の少女がフランスからスイスへ、子供たちを率いて脱出しました。
少女の名前はファニー
そして出来上がったのがこの一冊。

ファニー 13歳の指揮官

確かに、おもしろい。
バツグンに面白いのです。

正直に言うと、私はちょっと本書を甘く見ていました。
ティーンズ向けで、字も大きい。表示もかわいらしいし、まあそんなにヘビーな話ってわけじゃない。感動ものでしょう、と。

いやいや、それはとんでもない誤解です。

ファニー・ベン=アミ。
この13才の少女はとんでもなく勇気があり、賢く、機転が利きます。
スパイ映画さながらの冷や冷やする場面もあれば、残酷な処刑や首つり死体も出てくる。

本書は感動する実話というだけではなく、とんでもなく面白い一冊でした。

 

フランスなら大丈夫だと思っていた

1939年8月、フランス。ファニーの一家は絶望に襲われていました。
ロシアで生まれた彼女らは、共産主義者から逃れてドイツへ。しかしユダヤ人であったためにナチスの迫害を受けて、フランスで暮らしていたのです。
両親とファニーとその妹たちは、つつましく暮らしていました。

その生活は突如安定します。
ある日、ファニーと父親はフランス共産党幹部の葬儀の列を見かけました。「インターナショナル」の歌が流れているのを聞いて、父親は少し微笑みました。
故郷のロシアを思い出したのでしょう。

その様子を運悪く隣人に見られ、「共産主義者」として密告されてしまったのです。

ファニーの父親は、夜中に突然連れ去られました。
フランスならば大丈夫だと思っていたのに!と嘆く一家。

なぜこんなことになるのか……。
悲しむファニーに、母親は語りかけます。
「外国人というだけで、いわれなき中傷を受けることがあるの」

このやりとりにはゾッとしました。
現在もありうる恐怖ではないでしょうか。
ファニーは幼いながらも大人の会話を注意深く聞き、一体何が起こっているのか知ろうとしました。

「戦争がはじまれば、わたしたちはひとり残らず、こまったことになるよ」

そんな大人の言葉を耳にして、ファニーは不安を感じます。
戦争は確実に、彼女に迫ってきていました。

 

スポンサーリンク

ショーモン城に「子どもの家」とは……

迫る迫害を避けるため、ファニーは二人の妹を連れて児童救済協会の「子どもの家」に預けられることになりました。
これがなんと、驚くことにショーモン城であったのです。

ショーモン城といえば、カトリーヌ・ド・メディシスが、夫の死後その愛妾であったディアーヌ・ド・ポワティエに与えた城です。呪いの道具がびっしりと詰まっていた、禍々しい城であったと伝わります。
それが70人ほどの子供たちが身を寄せ合う場となったのでした。

中世フランスの美魔女ディアーヌ・ド・ポワチエ 19歳も若い王を魅了した生き方とは?

ファニーたちは近くの村の学校に通いました。
村人たちは、彼女たちがユダヤ人であると知っていても、見て見ぬ振り。

ファニーは持ち前の好奇心で、様々な知識を身につけます。
その中には薬草に関するものもありました。
生まれながらのリーダーシップ、好奇心、高い知性。こうした彼女の特長は、のちに役立つこととなります。

1942年、初夏。

三年間におよぶ平穏はいとも容易く破られました。新しく村に来た司祭が、城の秘密を密告したのです。

「ドイツ軍が来るぞ!」

子どもたちは皆、近隣の農場に匿われ、7月には城は空っぽに。
この城での経験も、あとで役に立つことになります。

読み進めるうちに、ファニーは何故こんなに賢く知識が豊富なのかと驚かされるのですが、その理由はちゃんと本書に書いてあるのでした。

ショーモン城

 

勇敢な少女がレジスタンスを救う

ファニーたちはショーモン城を出て、母親とも再会、ムジェーヴという街で過ごしていました。

ある日、ファニーは妹が忘れ物をしたため、一人でその場所へと向かいます。

そこで髭だらけで、銃を持った怪しい男に発見されてしまうファニー。緊張で硬直していたファニーは、やっとの思いで口にします。

「あなたたち、レジスタンス?」
そうだ、と答える男にファニーは感激。

「じゃあ、きみもドイツ相手に戦う気があるかい?」
割と気軽に13才少女を勧誘するレジスタンス。
これが実話とは凄い。

「もちろん!」
ここで即答するファニーもかなりの度胸です。

かくしてファニーは、手紙を仕込んだパンをレジスタンスに届ける任務を日々続けることになるのでした。しかも母親にも秘密です。
こんな小さな女の子ながら、レジスタンスの適性抜群でうなってしまいます。
生き延びる者というのは、やはり機転が利く者なのでしょう。

さらに別の日、村のパン屋がドイツ側であることに気づくと、夜にベッドからコッソリ抜け出し、夜間外出令も無視してレジスタンスのアジトへ報告。
少女が夜中に一人で……。
このあたり、どうにもこうにもハラハラさせられます。

ここでファニーが亡くなるわけがないと思いつつも、こんな危険なことで大丈夫か。もはやスパイ小説並の緊張感なのです。
しかしその活躍がどれほど重要であったか。
明らかになるのは、ずっと後のことです。

 

スポンサーリンク

太陽の位置から時刻を知り、星の位置から場所を探る

8月。ファニーたちは児童救済協会から、スイスへと送られることになります。
サロン夫人という女性が手はずをととのえ、ファニーは母親と別れて出立。

ところが思わぬことが起こります。
リーダーの17才少年が、病気の親が気になって途中の駅で降りてしまったのです。

代わって13才のファニーが、11人の子供を引率することになりました。
ショーモン城で習った地図の読み方、太陽の位置から時刻を知ること、星の位置から場所を知ることを学んでいました。

そうした知識と勇気、生まれながらのリーダーシップで、ファニーは子供たちを引率します。
時には貨物列車の隅に乗り、妹とはぐれ探しに戻り……小さなノートに何が起きたかを書き付けながら、ファニーは旅を続けます。

トラックでついにスイス国境近くまでたどりついたファニーたち。
やっとこれで助かる! と、思っていると……なんと刑務所に送り込まれてしまうのです!

飢えと渇き、不安にさらされて怯えるファニーたち。
憲兵が「親の名前を言うんだ!」と彼女らを脅しつけます。

ファニーは妹にユダヤ人風ではない偽名を教え込みます。
誰かが口を割ったらそれまで。
しかし、どの子供たちも黙っていました。

菓子を分けて食べ、飢えをしのぎ、健気にはげましあう子供たち。
いつしか他の子供たちも合流し、総勢28人になっていました。

 

「あの子たちに最後の食事をあげましょう」

憲兵たちは子供たちに食料すら与えようとしませんでした。
ファニーたちは機転を利かせ、親切な女性用務員に空腹を訴えてなんとか食料を得ます。

しかし、彼女は恐ろしい目撃談を語ります。

駅でユダヤ人が、老人や子供まで家畜用車両に押し込められ、護送されていたと。
これからどんな酷いことが起こるのか。
ファニーは気分が暗くなります。

さらに看護婦たちの会話を耳にしてしまいます。

「あの子たちに最後の食事をあげましょうか」
「そうね、そうすれば気分がよくなって、おとなしくするわね」

押し込められた部屋の外には、武装した衛兵がいます。このまま、むざむざと最後の食事をとって、護送されることになるのでしょうか?
いえいえ。
このあと、ファニーはなんと食事の場から大脱走を果たすのです!
その手に汗握る展開は、是非本書でお確かめください。

絶体絶命のピンチの中、ファニーが下した決断とその機転には驚かされます。子供たちはできる限りのことをして、生きることへと望みをつなぐのでした。

 

スポンサーリンク

フランスに戻るためには莫大な費用が必要だと

勇気と機転で他の子供たちとスイスへ逃れたファニーたち。彼女らは、スイスにこそ未来があると信じていたのに、学校に滞在する許可が下りません。
こんなに素晴らしい少女によくそんな仕打ちができるものだと、がっかりさせられます。

かくして、再びフランスに戻ったファニーを待っていたのは、帰化申請のためのテストと莫大な費用でした。

役所から意気消沈して出てくると、ファニーはある人物に出くわします。

レジスタンスの青年でした。彼は役所にかけあい、150名ものレジスタンスの命を救った少女が、なぜ帰化のために金を払わねばならないのか、とかけあいます。

ファニーの勇気は、こうして報われました。

 

難民の旅を想像しろ!

私が本書を読み終わって閉じたあと、大声で叫びたいのはこの言葉でした。

「難民の旅を想像しろ!」

それがどれだけ困難で大変なことか。進む道すらわからない。
ファニーは太陽や星の位置で、時間および場所を知ると書いておりました。

現在ならば、スマートフォンのGPS機能でそれが可能でしょう。
スマートフォンは高級品ゆえに、着の身着のままのハズの難民がナゼ持ち歩いているのか、と難癖をつけられがちなもの。

しかし、そうでしょうか?

現代人にとってスマホは、地図と方位磁石に等しいもののはず。むしろ難民こそスマートフォンが必要なんですよ!
私は「難民がスマホなんて」と言う人にそう言いたくなりましたね。

思いやりがないのは、本書の中に登場する人たちも同じでして。
ファニーにスイスの学校滞在許可を与えない校長、帰化申請に莫大な金を要求するフランスの役所……どうしてそういうことをするんだ、と思いました。
戦後で皆苦しかったという事情はあるのでしょうが、あまり可哀相ではないか、と。

 

スポンサーリンク

全然昔の話じゃない 大人の心も揺さぶる一冊

衝撃的であるのは、ファニーの旅が全く古びていないことです。

今も難民や移民の子が書類審査ではねつけられて国外に送られてしまったり、そもそも彼らは存在すらしないと言われてしまったり。
苦労を重ねて国境を越えた人々が苦しんでいるという現実は依然としてあります。
ファニーの母が嘆いたように、「外国人というだけで中傷を受ける」という現実にも直面しています。

本書のファニーは、少女らしいまっすぐな心で、そうした人々に疑問をぶつけ、心をゆさぶりました。
70年以上経った今も、彼女の訴えは読む者の心をゆさぶります。

こうした悲劇の旅路が過去のものとなるまで、一体あと何年かかるのでしょう。

ティーン向けながら、大人が読んでも心に残る一冊。
本書を原作とした映画『少女ファニーと運命の旅』も現在公開中です。




スポンサーリンク


文・小檜山青



-フランス, ドイツ, 書籍・映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.