足利義栄

足利義栄坐像(阿波公方・民俗資料館蔵)/wikipediaより引用

足利家

戦国期最弱の14代将軍・足利義栄~京都に入れなかった理由が切ない

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
足利義栄
をクリックお願いします。

 

ドタバタしているうちに病死

義栄が入京できなかったのは、義栄の父・義維が病気のために大きな動きができず、後ろ盾になれなかったという点も影響していたのでしょう。

似たような経緯だった十代将軍・足利義稙は、父親の足利義視(八代将軍・義政の弟)がバックアップしてある程度の力を持っておりました。

足利義稙
足利義稙(10代将軍)は京都を出たり入ったり 一体何をした将軍なのか

続きを見る

義栄には、肉親にも家臣にもチカラを持った者がおらず、担ぎ上げたほうの三好三人衆は結局頼りになりませんし、母方の有力者だった大内氏は、この頃には痴情のもつれから始まる混乱で滅びてしまっています。

一言で言えば無理ゲーです。

その状況がよほどのストレスを与えたのでしょうか。

義栄は前々から患っていた背中の腫れ物が悪化し、あっさり病死してしまいました。

享年31。

なんというか……義栄は、担ぎ上げられなければ阿波で静かに暮らせていたのではないでしょうか。

それだけに、より一層哀れな気がします。

もしかしたら、室町幕府の将軍で一番割をくっているかもしれません。

 

将軍じゃない!なんて見方もあるほどで

七代・足利義勝も実に不幸な人でしたが、彼は直系の長男なので、よほどのことがなければ将軍継承から逃れることはできません。

ところが義栄の場合は、没日と場所まで不明な上、歴史書によっては

「京都に入ってない将軍なんてノーカンだろw」(超訳)

とガン無視されがちです。かわいそう過ぎるやろ……。

没日は9月~10月の間で目星がついているようですが、没地は候補がありすぎて絞り込めていません。

没日・没地がわからないくらいなので、死因になった病気がわからないのはいわずもがな。

「罹ってから治らなかった」ことと、「背中に腫れ物があった」ということから推測できるかもしれませんが……背中が腫れて、なおかつ死因になるような重い病気って何でしょう?

「背中が痛いと思ったら心筋梗塞でした」という話は現代でもままあります。

「腫れ物」といい切っているからには、触れてわかるくらいに背中のどこかしらが隆起していたんでしょう。

「肉腫」という悪性腫瘍が一番近そうですが……義栄自身の記録が少なすぎる以上、検証を進めるのも厳しそうですね。

本文中に出てくる関連記事

足利義晴
足利義晴(12代将軍)不安定だった義輝や義昭の父 その40年の生涯

続きを見る

足利義輝
刀を握ったまま斃れる壮絶な最期~足利義輝13代将軍の生涯30年まとめ

続きを見る

足利義昭
信長と共に上洛し京を追われた足利義昭(15代将軍)その後どうなった?

続きを見る

永禄の変
永禄の変で13代将軍・義輝自ら刀で応戦!敗死に追い込まれた理由とは

続きを見る

松永久秀は爆死に非ず~信長を2度裏切るも実は忠義の智将70年の生涯

続きを見る

長宗我部元親
長宗我部元親は戦乱の四国をどう統一した? 失意のうちに終えた61年の生涯

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友なり!されど本能寺後は?

続きを見る

足利義昭
信長と共に上洛し京を追われた足利義昭(15代将軍)その後どうなった?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

信長と義昭 上洛戦の一部始終! 岐阜から京都までどんな敵と戦っていた?

続きを見る

足利義稙
足利義稙(10代将軍)は京都を出たり入ったり 一体何をした将軍なのか

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「足利義栄」
足利義栄/wikipedia

TOPページへ

 



-足利家
-