剣豪・忍者

武蔵を破った唯一の男・夢想権之助~伝説的剣豪の武器は“杖”だった?

“最強の剣士”はだれか?

そんな問いを発する時、必ずあがる武芸者がいます。

宮本武蔵――生涯無敗を誇った剣豪ですね。

宮本武蔵が六十余戦無敗ってマジ!? 62年の生涯で「水墨画家」もやっていた

続きを見る

しかし、とある伝承ではただ一人、武蔵を破った男が存在したというのです。

彼の名は「夢想権之助(むそうごんのすけ)」。

現代にまで伝わる「神道夢想流杖術(しんどうむそうりゅうじょうじゅつ)」の開祖でもありました。

 

武蔵を破ったとも引き分けに持ち込んだとも

権之助は当初、神道流剣術の遣い手として武蔵に挑むも敗北。

その後、筑前(福岡県)宝満山に参籠し、「丸木をもって水月を知れ」という神託を受け、ついに「杖術(じょうじゅつ)」に開眼。

武蔵を破ったとも引き分けに持ち込んだともいわれています。

この耳慣れない「杖術(じょうじゅつ)」という武術はいったい何なのか?

同流儀でいう「杖(じょう)」とは、長さ四尺二寸一分(約128cm)、直径八分(約2.4cm)の樫の木製丸棒のことであり、これを用いた棒術の一種が「杖術」といえます。

そうです。

夢想権之助は剣から杖に持ち替えたことで、武蔵に対抗する力を手に入れたという伝説が語り継がれているのです。

 

警察機動隊の逮捕術にも導入

この杖術、剣術を中心とした日本武術の中で唯一「剣を破る」といわれる優れた武術であり、一本の棒を操る際には剣・槍・薙刀などのあらゆる武器術の動きを取り入れた千変万化の技法群を有しています。

対剣術戦用に特化して攻防の動作が組まれているため、刀の峯を滑らせるように打ち込んだり、切りつけてくる敵の拳を狙うなど剣術の弱点を徹底的に攻める工夫がなされています。

かつ、その技は相手を殺傷することなく捕縛・制圧することが至上。

まさに日本武道が到達した境地をあらわしているともいわれています。

このようなすぐれた技法から、現在では警察機動隊等の逮捕術に導入されており、全日本剣道連盟傘下の現代武道「杖道(じょうどう)」としても多くの修行者を抱えるなど、武蔵の時代から脈々と受け継がれてきています。

あわせて読みたい関連記事

宮本武蔵が六十余戦無敗ってマジ!? 62年の生涯で「水墨画家」もやっていた

続きを見る

塚原卜伝にまつわる伝説の数々!武蔵との対決は死後の話【戦国最強剣豪譚】

続きを見る

上泉信綱こそNo.1の剣術家か! あの信玄の誘いを断り修行の旅へ【戦国剣聖譚】

続きを見る

日本刀を打ち倒すために用いられた剣術キラー「奥の手4種」の武芸とは?

続きを見る

足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際! 麒麟がくるで注目されるその生涯

続きを見る

鬼を斬り、幽霊を斬り、雷も斬る【名刀伝説】ベスト7!

続きを見る

九度山に隠遁した幸村 どんな山深いのかと思ったら”大都会”だったでござる

続きを見る

古代の日本にこんなにいた「ヤマト以外」の人たち

続きを見る

帯刀コロク・記

【参考】
東京都剣道連盟HP

TOPページへ

 



-剣豪・忍者

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.