松平広忠

徳川家康(右)とその祖父・松平清康/wikipediaより引用

徳川家

家康の父・松平広忠の最期は不審死~織田と今川に挟まれた苦悩の24年

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
松平広忠
をクリックお願いします。

 


四面楚歌からの竹千代人質

こうした一連の外交は家臣らの不興を買い、彼らは信秀に従う構えを見せるようになってしまいました。

今川・織田・反対派の家臣に敵対されるという四面楚歌の状況を作り出してしまった広忠は、信秀によって領国・三河への侵攻を受けます。

孤軍奮闘に近い状態であった広忠は、彼らの軍勢を押し返すことができません。

天文16年(1547年)には織田勢に安城城を占領されると、本拠である岡崎城をも失い、信秀への降伏を余儀なくされました。

この際に、我々もよく知るこんなエピソードがあります。

「今川氏に救援を求めたところ、息子・竹千代(家康)の身柄を要求された。広忠は泣く泣く手放したが、戸田氏の策略によって義元ではなく信秀のもとへ送り届けられた」

それが近年では「略奪事件はなく、信秀に敗れて竹千代(家康)が人質になっただけ」という説も唱えられ、通説の見直しが図られている段階です。

つまり竹千代人質の顛末は、戸田氏の強奪ではなく当初の予定通り織田へ送られた――という考え方ですね。

人質時代の竹千代
人質時代の家康(竹千代)織田と今川の下でどんな幼少期を過ごした?

続きを見る

そもそも、従来の強奪説を採用すると、信秀による安城城奪取は天文9年(1540年)の出来事であり、さらに奪還後の岡崎城は広忠が死ぬまで落とされなかったとされてきました。

ちょっとややこしくなってしまいますが……。

ともかく新説を踏まえますと、天文16年(1547年)の段階で広忠は、織田軍の支配下だったと考えてよさそうです。

家臣にも離反者が多い状況を考えると、広忠の勢力回復はかなり厳しいものでした。

 


苦境に陥った今川に従属

しかし、ある大名の手助けで状況は変わります。

信秀が三河を手中に収めかかっている現状に危機感を抱いた今川義元

義元は三河国内における影響力で信秀を下回っており、逆転の一手として信秀の侵攻に苦しむ広忠を見出しました。

広忠にとっても、勢力が衰えていく中で今川氏と結んでチャンスを見い出すというのは、極めて合理的な選択です。

「敵の敵は味方」という理論で両者は結託し、急接近していきました。

こうした状況において、天文17年(1548年)に織田vs今川の【小豆坂の戦い】が勃発。

今川・松平連合軍は織田方を打倒し、彼らを敗走へと追い込みます。

小豆坂の戦い(安祥合戦)で狙われた信長の兄~超わかる信長公記2話

続きを見る

今度は信秀が家臣団の統制に苦しむようになり、その勢いに陰りが生じます。

なお、小豆坂の戦いについては、天文11年(1542年)に【第一次小豆坂の戦い】があったというのが通説でしたが、今回は新たな学説を採用したために存在しなかったものとして扱っております。

話を戻しまして……。

 

暗殺~天文18年(1549年)

信秀の影響力が衰えると、彼らを背景として広忠に対峙していた家中の反乱分子たちが苦境に追い込まれることになりました。

広忠は弟・松平信孝を打倒し、今川の力を背景に国内の安定化に奔走します。

結果、信秀は影響力を失い、今川のもとで着々と国内統一を進めることができた広忠。苦難の末にようやくつかんだ光明でした。しかし……。

ようやく展望が開けた矢先の天文18年(1549年)のことです。

広忠は、家臣の岩松八弥なる人物に刺された傷がもとで24歳の生涯を終えています。

八弥は信秀の放った刺客だったともされますが、暗殺ではなく病死であったという説もあります。

大河ドラマ『麒麟がくる』では若き日の織田信長が刺客を放ったことになっていて、染谷将太さんの空恐ろしい演技が話題にもなりましたね。

いずれにせよ、我慢に我慢を重ねた末に見えた光明を掴み切ることができず、息子に夢を託すことに。

その息子・徳川家康については「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」という句がよく知られていますが、これは【広忠&家康の親子二代に渡る苦労】を評したものに見えてなりません。

なお、その後の家康はしばらく今川傘下で活動を続け、【桶狭間の戦い】で今川義元が討ち取られたのを機に岡崎城へ帰還。

桶狭間の戦い
桶狭間の戦い 信長の勝利は必然か『信長公記』にはどう書かれてる?

続きを見る

その後は織田信長と同盟を結び、じっくりと天下人への階段を上がっていくことになります。


あわせて読みたい関連記事

織田信秀
織田信秀(信長の父)は経済も重視した勇将~今川や斎藤と激戦の生涯

続きを見る

於大の方(伝通院)
家康の母「於大の方」はなぜ出産後すぐに離縁となった?75年の生涯

続きを見る

水野信元
家康の伯父 水野信元は織田徳川同盟のキーマン 最期は切腹を命じられ

続きを見る

徳川家康
史実の徳川家康は三度の絶体絶命をどう乗り越えた?天下人の生涯75年

続きを見る

人質時代の竹千代
人質時代の家康(竹千代)織田と今川の下でどんな幼少期を過ごした?

続きを見る

織田信長
史実の織田信長はどんな人物?麒麟がくる・どうする家康との違いは?

続きを見る

今川義元
なぜ今川義元は海道一の弓取りと呼ばれる?42歳で散った生涯とは

続きを見る

文:とーじん

【参考文献】
歴史群像編集部『戦国時代人物事典』(→amazon
工藤寛正『徳川・松平一族の事典』(→amazon
笠谷和比古『徳川家康:われ一人腹を切て、万民を助くべし』(→amazon
柴裕之『徳川家康 : 境界の領主から天下人へ』(→amazon

TOPページへ


 



-徳川家
-,

×