石川五右衛門/wikipediaより引用

豊臣家

石川五右衛門(戦国時代の大泥棒)が釜茹にされたのは秀吉寝所に忍び込んだから?

文禄三年(1594年)8月24日、稀代の大泥棒として有名な石川五右衛門(いしかわごえもん)が処刑されました。

歌舞伎での

「絶景かな、絶景かな。春の眺めを値千金とはちいせえちいせえ」

といった口上や、「釜茹で」という類のない処刑方法、はたまたルパンのお仲間としてお馴染みですが、実際はどんな人だったのでしょうか。

 

石川五右衛門は伊賀の忍者だった?

泥棒と言えば……江戸時代に有名になった「鼠小僧」がおります。

江戸の怪盗・鼠小僧次郎吉は本当に義賊だったのか? それともコソ泥?

続きを見る

こちらは実在した人物で、本人の白状などが記録に残っているのですが、五右衛門の場合はほとんど不明といっても過言ではありません。

三好家の家臣・石川明石の子供とか、遠江浜松の生まれとか、河内の医家の出自とか。

生まれた場所すら不明で、説が割れています。

その中である程度筋が通っているのかな?と思えるのが二つ。

一つは、伊賀忍者の出身というものです。

伊賀と甲賀の忍者はいかにして誕生し、そして消えていったのか

続きを見る

 

このときの経歴が凄まじく、

【師匠である百地三太夫の奥さんを寝取った上に、愛妾を殺してトンズラ→盗賊になった】

という……昼ドラというか火サスですね。

 

大名家の子孫だった可能性もある石川五右衛門

もう一つがこちら。

豊臣秀吉に滅ぼされた大名家の家臣の家に生まれ育ち、長じてから秀吉への恨みを果たすために盗賊になった】

捕まったのは秀吉の寝所に忍び込んだからで、後述の点も考えるとこちらのほうが若干可能性は高いですかね。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

このときの狙いは「千鳥の香炉」と呼ばれていた名物でした。

青磁器の本体に鳥の形をしたつまみがついており、現在は名古屋の徳川美術館に収蔵されています。

◆千鳥の香炉/文化遺産オンライン

この「千鳥が鳴いて、侵入者の存在を知らせた」ので五右衛門は捕まったらしいのですが……寝るときに香を焚くなんてことあるんですかね?

着物に香を焚き染めるとか、純粋に香りを楽しむために焚くことはあったでしょうが、当時はアロマセラピーとかないですし。

伝説をマジメに考えてもしょうがないって?

いや、それもそうなんですけども。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)