日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ

長屋王死して、藤原四家始まる【日本史マンガ】

更新日:

 

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

讒言によって長屋王を死へと追い込み、権力を一気に手繰り寄せた藤原四兄弟。
そのメンツは以下の通りです。
・藤原武智麻呂(藤原南家開祖)
・藤原房前(藤原北家開祖)
・藤原宇合(藤原式家開祖)
・藤原麻呂(藤原京家開祖)
藤原不比等の息子たちでもある彼らは、そこから如何にして同家の基盤を固めていったのか?
これがやっぱり一筋縄じゃないから面白い。
第16話、スタート!!!

◆聖武天皇の后は、藤原不比等の娘・光明子さんでした。
あれ? 聖武天皇の母って、たしか藤原不比等の娘だったよな? つまり光明子さんとは……とかなんとか、このさい難しいことは考えないこととしましょう。
光明子さんを足がかりに、いよいよ藤原四兄弟は権力を握っていくのであります。
なお、光明子さんはとても心優しい皇后さんとして知られております。東大寺に盧舎那仏坐像が作られたり、全国に国分寺が設置されたのも、単にこの時代が災厄続いてたからではなく、彼女の影響もあったとされてます。
藤原四兄弟の権力のため……とは言いつつ、いい面もあったんすね。

 

◆藤原広嗣と藤原仲麻呂と言えば? はい、日本史受験生にはお馴染み「◯◯の乱」ですね。
この時代は「藤原氏→他勢力→藤原氏→他勢力……」と、まるで「他藤はあざなえる縄の如し」のように権力が入れ替わり、仲麻呂さんもそれに巻き込まれた一人。
頭脳明晰で優秀だったと伝わっておりますが、それは長屋王も同じだったんですよね。
優れただけではダメ……という権力の業を感じますのぅ。

 

◆当時の中央政府にとって、東北(蝦夷)と九州(隼人)は辺境の異民族扱い。
中央からの取締と、それに対する反乱がしばしば繰り返されており、大伴旅人は隼人征伐に重宝されました。
後に菅原道真で知られる太宰府へ赴任し、同時に、朝鮮半島や大陸からの侵攻にも備える。
一方でお酒が大好きという逸話も残っており、藤原四兄弟によって左遷されたと……。

「私は酒壺になりたい……」大伴旅人の酒好き和歌は今でも十分オモロイど!

 

◆藤原四兄のメンツを今一度、メンツをご確認しておきましょう。
・藤原武智麻呂(藤原南家開祖)
・藤原房前(藤原北家開祖)
・藤原宇合(藤原式家開祖)
・藤原麻呂(藤原京家開祖)
この中で最も著名かつ権威を奮ったのが「北家」でしょう。
頂点となった藤原道長藤原頼通の親子や、派生する著名な分家も数多出てます。

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.