万延元年遣米使節/wikipediaより引用

幕末・維新

万延元年遣米使節が送られた裏の理由~日米修好通商条約の署名はワシントンで

更新日:

交渉って難しいですよね。

営業に関するお仕事をされている方はよくご存知だと思いますが、譲歩できることと要求したいことのバランスや、日頃の心象など、数値化できない駆け引きは判断に戸惑います。
日本人同士でもそうなのですから、いわんや昔の対外交渉をや。

万延元年(1860年)9月27日は、万延元年遣米使節がアメリカから帰国した日。

「まんえんがんねんけんべいしせつ」とは、なんだか早口言葉のようですが、この使節団は極めて重要な仕事のために渡海しておりました。

 

批准書の交換はワシントンで行われていたんかーい

彼らの主な目的は3つありました。

まず一つは、日米修好通商条約の批准書を交換すること。
批准書の交換はワシントンで行うことになっていたため、日本からお使いを送る必要があったのです。

二つめは、欧米の軍艦について探りを入れること。

そして最後は、通貨の交換比率について、アメリカと交渉して日本の損を減らすことでした。

この辺は経済と数字が絡む話なのでややこしいのですけれども、簡単にまとめると
「通貨に対する認識が日本と西洋で異なっていたので、是正しようとした」
という感じです。

日本で通貨といえば金が基本。
江戸幕府はアメリカと通商を始めるにあたって、銀を使う場合でも金を基準として量を定めようとしていました。

しかし、アメリカは金だけを基準にするのではなく、金なら金同士、銀なら銀同士で交換すべきだと主張しており、日本での交渉中に結論が出ませんでした。

これを白黒はっきりさせるべく、使節団の小栗忠順という人物に交渉が命じられたのです。

 

福沢諭吉が初のオシゴトします

表向きの目的は、あくまで批准書の交換と各種施設の見学でした。

現代の感覚でいえば遠路はるばる値切りにいくようなものですから、そりゃ相手も簡単には応じられませんですしね。

使節団には幕府のお偉いさんの他に幕末ビッグネームが二人随行します。

通訳としてジョン万次郎

ジョン万次郎72年の生涯をスッキリ解説!14才で漂流→米国生活10年からの~

天 ...

続きを見る

そしてお偉いさんのお供として福沢諭吉

余談ですが、福沢が公的な仕事を始めたのはこのときです。

福沢諭吉67年の生涯をスッキリ解説!強烈な武士の誇りを持ち続けた偉人の素顔

で ...

続きを見る

渡海のための船は、米国海軍のポーハタン号。
ペリーが来航したときの「黒船」の一隻です。

吉田松陰が密航しようとした船でもあり、幕末に来航した船の中では割とよく見かける名前ですね。

吉田松陰30年の生涯をスッキリ解説!長州・萩の天才が処刑された真の理由

松 ...

続きを見る

また、護衛として日本の船・咸臨丸(かんりんまる)も同行することになりました。

 

ハワイでカメハメハ4世と謁見してからサンフランシスコへ

ポーハタン号は1月に品川を出港し、一度横浜に停泊した後、ハワイを経由してサンフランシスコへ向かいました。

当時はまだハワイ王国が存在していたので、使節団はときの国王・カメハメハ4世へも謁見しています。
ちなみにこの王様、なかなかのイケメン?

カメハメハ4世/wikipediaより引用

2週間ほどハワイで補給などを行い、再び太平洋へ出た一行がサンフランシスコに着いたのは、3月のことでした。

咸臨丸の護衛任務はサンフランシスコまでだったのですが、途中嵐に遭ったためすぐ日本には帰れず、修理のためにしばらく停留。

福沢らが【英語→中国語】の辞典を買っていたりします。
いずれ英和辞典を作るための資料として買ったようです。

何のついでか、写真館に出かけてアメリカ人の少女(15歳)と写真を撮ってもらっているのですが……これはどういう狙い?(´・ω・`)

まあそれはいいとして、使節団はサンフランシスコからパナマへ向かい、そこからさらに船に乗ってワシントンを目指しました。
当時はパナマ運河がなかったので、延々とアメリカ領土を横断するよりは、多少遠回りになっても海路を有効活用することになったようです。

途中で鉄道も使っているのですが、もちろん誰も乗ったことがないので、随分と面食らったようで。
速さよりも、蒸気と車輪の騒音に面食らったかのような記述です。

 

小栗はアメリカで高く評価されるも日本でなぜか斬首刑

そんなこんなの末、一行は3月末に無事ワシントンへ到着し、批准書を無事交換することができました。

ここでは1ヶ月ほど滞在し、国会議事堂や海軍の造船所、スミソニアン博物館や天文台などを見学していたそうです。
どこも一つの建物ではなく、複数の施設の総称なので、1ヶ月でも相当の過密スケジュールだったでしょうね。

有名どころだと、スミソニアン博物館の自然史博物館は「呪いのダイヤ」ことホープ・ダイヤモンドを展示。
他にも恐竜の化石や宝石が多数あるところです。

個人的に、死ぬまでに一度は行きたい博物館の一つを仕事で行けたなんてうらやましい……!

そんなわけで本来の目的は達成し、いろいろ見せてもらうこともできたわけですが、最後の目的である通貨の交換比率是正については、案の定うまく行きませんでした。

ただし、日本側の担当者であった小栗の能力粘り強い態度はアメリカ側に大きく評価され、日本人全体の印象が良くなったとか。

小栗は幕末によくわからん経緯で斬首刑になってしまうのですが、新政府側が彼の能力を知っていたらどうなっていたやら……。
いや、知っていたからこそ処刑したのかもしれません。

無事に批准された日米修好通商条約/Wikipediaより引用

帰路については、ニューヨークを出港して、大西洋及びアフリカ最南端・喜望峰を越え、インド洋を渡ってインドネシア→香港を経由し、品川へ戻ってきました。

1月に出発して9月に帰国ですから、当時の船旅かつ距離や途中の滞在期間を考えると、かなり順調な旅路だったと思われます。

成果も同様であればよかったのですが……。
まぁこればかりはお互い慣れてない外国人同士ですから仕方ありませんね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
万延元年遣米使節/Wikipedia
日米修好通商条約/Wikipedia

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.