前田綱紀/wikipediaより引用

江戸時代

80年間も藩主をしていた5代目前田綱紀~加賀百万石を大飛躍させる

享保九年(1724年)5月9日、加賀藩5代藩主・前田綱紀(つなのり)が亡くなりました。

将軍でいうと、三代・徳川家光から八代・徳川吉宗の時代に生きていた人で、途中に在位数年の将軍がいるとはいえ、かなりの長さですよね。

生まれが寛永二十年(1643年)ですから、享年82。現代でも長寿の域に入るくらいですから、当時はもっとめでたいことでした。

が、綱紀の人生は最初からうまくいっていたわけではありません。

どんな一生を送った人だったのか、さっそく見ていきましょう。

 

待望の男子として祝福されて

綱紀が生まれたとき、前田家では上を下への大騒ぎになりました。

なぜかというと、長い間男子が生まれなかったので、まさに「待望の嫡男」だったのです。

父・前田光高(4代)と祖父・前田利常(3代)は大いに喜び、誕生直後の連歌会でも喜びの歌を詠んでいたとか。

さらに光高については「綱紀誕生直後に参勤交代で地元に戻った際、120里(約468km)を7日間で踏破した」とまでいわれています。

一日あたり約67kmって……(´・ω・`)

中国大返し】の豊臣秀吉とか、2代将軍・徳川秀忠が大坂冬の陣で爆走したときよりも圧倒的に早い……これ、間違いなく盛ってますね。

早馬のように馬を乗り捨て&乗り継いだとしても、籠でも無理でしょう。

参勤交代と大名行列が超わかる! 期間は? 妻子は? 経済的負担は?

続きを見る

ともかく、それだけ喜んだってエピソードが残るのも、大名家にとって跡継ぎはまさに死活問題だからです。

上記の通り、当時は武断政治真っ盛りな家光の治世だったので、
【嫡子ナシ=改易】
という可能性が非常に高かったのです。

 

喜んだのも束の間 31歳の父が急死する

外様大名では最大勢力の前田家でも、跡継ぎなしというのは安心していられない状況でした。

というかデカイ藩なら分割という手もありますし、もし綱紀が生まれなかったらそうなっていた可能性も否定できないでしょう。

そんなわけで真綿で包んで胴上げするような祝賀ムードだった加賀藩。

綱紀3歳のとき、4代目の父・光高が31歳の若さで亡くなるという不幸にも見舞われました。息子にテンション上げすぎて血圧まで上がったとかそんなバカな。

光高は日頃から力自慢だったらしいので、おそらく筋骨たくましい人だったことでしょう。

老中を招いた茶会の席で急死したらしいのですが、解せない話です。

老中「に」招かれてであれば毒殺の可能性も高そうですけれど、そうでもないですし。解せぬ。

とはいえ嫡男がいて、さらに隠居である利常がいたので、家光からは「じゃあ、じーさんが孫を指導してやれよ」という命令が出ました。

おかげで加賀藩は改易されることなく、綱紀と共に利常の元で何とかやっていくことになります。

 

戦国最後の武将と呼ばれる祖父に帝王教育

祖父の利常は、あの前田利家の子供です。

戦国武将といえるギリギリの世代であり、そのため綱紀にも武道を奨励します。

前田利家(織田家の重臣)血気盛んな槍の又左は加賀百万石をどう築いた?

続きを見る

前田利常【鼻毛大名】は利家の子にして最後のリアル傾奇者だった!

続きを見る

同時に利常は、孫の藩主としての能力を養うため、他藩で「名君」と呼ばれていた人物と引き合わせています。

例えば

仙台藩の2代目・伊達忠宗
岡山藩の初代・池田光政

など。

彼らが綱紀のお手本として選ばれたばかりか、他の客が来たときも綱紀を隣室に待機させ、話を聞くように言いつけていたと言います。座学だけでなく他人の実体験から活きた勉強も修めさせたかったのでしょう。

かくして、じーちゃんの手で立派に育てられた綱紀は、1654年(12歳のとき)に江戸城で元服を果たして正四位下の位階を受け、1658年(16歳)に保科正之の娘を正室にもらいました。

保科正之の完璧人生唯一の汚点~嫉妬に狂った妻が毒を盛り、死亡したのは誰?

続きを見る

藩主としての地位固めは順調に進んだんですね。

結婚から8年して彼女が亡くなった後、新たに正式な妻を迎えることはなかったそうです。

また、利常が亡くなった後は、舅である正之を政治の模範として藩政に励みました。

大藩ともなれば、その政治は非常に難しいものですが、果たして綱紀はどう取り組んだのか?と言いますと……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)