歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

若かりし頃の大隈重信/wikipediaより引用

いだてん特集 幕末・維新 明治・大正・昭和時代

大隈重信85年の生涯をスッキリ解説!テロで片足失うも早稲田と政治を育て上げ

更新日:

福沢諭吉大隈重信(おおくましげのぶ)
その名を聞いてスグに頭に浮かぶのは慶応大学と早稲田大学でしょう。

日本をリードする私立大学の雄であり、いかにもアカデミックなお二人ですが、実は共にゴリゴリの幕末武士だったことはご存知ですか?

福沢諭吉は中津藩から幕臣(幕府の家臣)となり、大隈重信は倒幕派の肥前藩(佐賀藩)出身。
要は、早慶戦ウンヌン以前から、両者は敵対関係にあったワケです。

また、維新後の生き方もまるで違っており、基本、在野で過ごした福沢に対し、大隈は政治家になったり下野したりを繰り返し、総理大臣にも2度就任しました。

おまけに政治家時代には爆弾テロに遭って右足を失っています。
しかし、その後も何ら臆せず再び政治の世界に身を置いていたのですから、やはり幕末の志士は根性が違いますよね。

肥前藩出身の切れ者だった彼は、一体どんな人物だったのか

ここでは2018年大河『西郷どん』の補足と、2019年大河『いだてん』の予習を兼ねて、史実の大隈重信を見ておきたいと思います。

大隈重信/wikipediaより引用

 

『葉隠』と朱子学なんてもう古い! 西洋から学べ

早稲田大学の印象が強いせいか。
明治生まれの政治家というイメージの大隈重信ですが、前述の通り、年代的には完全に幕末の人。
例えば西郷隆盛とは10歳下という関係です。

生年は天保9年(1838年)。
佐賀の会所小路で誕生しました。

父は大隈信保、母は三井子です。重信は長男で、幼名は八太郎でした。

大隈重信生家/photo by 厄無し wikipediaより引用

もともと大隈家は、肥前藩に砲術・築城家として仕官しており、知行地400石、物成120石という、そこそこの上士です。

しかし、父・信保は大隈13歳のときに死去。
彼を育んだのは、知性溢れる母の三井子でした。

父を失った大隈は、母によって育てられたせいか、めめしい奴と言われることすらあったと伝わります。

むろん、そんなことは全くの言いがかりでしょう。
三井子は息子に願いをかけ、教養あふれる教育を心がけました。

そのお陰とは言えないでしょうけど、大隈は背が高く女性に受けるようなイケメンに育ったとか。

まぁ見た目はともかく、教育面については確実に母の影響は強いものと思われます。

大隈はわずか7歳で藩校「弘道館外生寮(蒙養舎)」に入学し、16歳で内生寮に進級。
このころから藩の教育方針に疑念を抱いていきます。

それは、藩が尊んできた『葉隠』と朱子学への反発です。

『葉隠』とは、
「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」
で有名な教えですね。
言われてみれば肥前藩といえばこの思想です。

しかし、ここで考えていただきたいのですが……幕末明治にかけての閥で、こういうコッテコテの武士道はメジャーだったのか?ということです。

彼らに抱くイメージは、なんとなくスマートで知性ある部分です。
倒幕派では随一とも言える「西洋技術」重視の風潮があり、実際、財力豊かな東の庄内藩と並び、西の最強武装を誇ったのが肥前藩でした。

それはナゼなのか?
と考えれば考えるほど、大隈らの先進的な姿勢に影響を与え、そして共鳴しあっていた学問の風土だと思うのですね。

彼らは当時の古くさい考え方より、蘭学の方が大事だとして改革に挑みました。

 

スポンサーリンク

「朱子学だって、中国という海外の学問じゃ!」

大隈は安政元年(1854年)、「義祭同盟」に参加します。
「義祭同盟」とは、薩摩藩の「精忠組」や、長州藩の「松下村塾」にも匹敵するモノであり、尊皇派のブレーンが集っておりました。

ただし、「精忠組」と「松下村塾」とは大きく異なる点があります。
義祭同盟では、西洋の学問や技術を積極的に取り入れ、ゴリゴリの国粋主義にはならないスマートさがあったのです。

こうした古い学問の代わりに、新たな西洋由来の学問を取り入れること。大隈は、知識を得ることを美食に譬えるほど、愛しておりました。

大隈にとって、東西の良所を融合させることは、生涯を通した課題だったのです。

若かりし頃の大隈重信/wikipediaより引用

ちなみに大隈は、藩校で学ぶ朱子学こそ否定したものの、中国にも生涯を通して深い敬意を抱いております。

実はこうした柔軟な考え方が、肥前藩ならではのものではないでしょうか。
薩摩藩や長州藩を筆頭に、他藩の若い連中にはここまでの余裕は見られません。

言わば、このフレキシブルさが肥前藩独自のカラーなのです。

義祭同盟には、後の【佐賀の乱】で知られる江藤新平、副島種臣、大木喬任ら、錚々たるメンツが集っており、あるとき大隈はそれを理解できない友人からこうディスられました。

「蘭学なんて西洋の学問を学んでおかしい」
「朱子学だって、中国という海外の学問じゃ!」

すかさずカウンターパンチを繰り出した大隈の一撃に、グゥの音も出ない友人。

しかし、なんといっても彼らは武士です。
先鋭的な考えに承服しかねる者がいれば、当然反発もあり、ときには物理的な暴力沙汰にも発展します。

それが安政2年(1855年)の南北騒動。
弘道館の南北寮で蘭学派と儒学派が衝突し、この騒動の首謀者として大隈は放校され、蘭学寮に移ることになります。そこで教官となったのです。

しかし、喜んだのも束の間。
安政6年(1859年)に大隈は、藩の先輩・小出先之助から、ショッキングな助言を聞かされます。

オランダなんて所詮はヨーロッパの小国だ。
今、世界は、イギリスやアメリカが牽引している。
これからは英語の時代であるぞ――

今まで必死に蘭学に励んでいたのに、違う違う、そうじゃない、対象が違うのよ――なんて言われりゃあ、そりゃあショックですよね。

しかし、大隈は挫けません。
むしろ、どうにかして英語をやる!

佐賀では難しい話でしたが、大隈はそのチャンスを待ったのです。

 

英語学習をしよう! 世界の秩序も!

幕末の大隈は、尊皇攘夷や倒幕派としての動きも見られます。

文久3年(1863年)、長州藩が下関で外国船を砲撃した際には、長州藩の援助を計画。

さらに元治元年(1864年)の「長州征伐」では、藩主・鍋島閑叟直正(なべしま かんそう なおまさ)を説得し、幕府と長州の間で和平を結ばせ、中止しようとしております。

鍋島閑叟直正/wikipediaより引用

このような政治活動は、実はさほど大勢に影響を与えられてはおりません。
むしろ大隈は、やはり英語への熱意に溢れており、そのチャンスを待ちわびていたのです。

慶応元年(1865年)。
お隣・長崎で、念願の英学塾「致遠館(ちえんかん)」が設立されました。

教授は、オランダ系アメリカ人宣教師・フルベッキ。そして経営にあたるのは、フルベッキから英語を学んだ大隈と副島です。

塾経営については、当初、重臣から反対論がありました。
しかし、この頃には藩主を引退をしていた鍋島閑叟が理解を示し、ゴーサインが出されたのです。

致遠館の学生たち『フルベッキ群像写真』と呼ばれる/wikipediaより引用

ここで大隈が学んだことは、英語だけではありません。

・聖書
・アメリカ独立宣言
・「万国公報」

フルベッキから聞かされる最新鋭の世界の法や精神について次々に刺激を受けておりました。

それだけではなく、副島種臣とは遊郭でよく遊び、しかもモテたそうで。
ただ、遊びばっかりというワケではなく、こうした場所でないと語り合えないと話し合えない事情も抱えておりました。

事情とは何なのか?
というと、これが倒幕の秘策なのですから致し方ないでしょう。

大隈は、京都・兵庫・長崎等に向かい、尊皇攘夷派として活動しておりました。

慶応3年(1867年)には副島と共に、脱藩上京。
徳川慶喜に政権返還を勧告しようとしたのですが、実は肥前藩自体は、こうした動きに否定的です。二人は佐賀へ送還され、一ヵ月の謹慎処分にされました。

鍋島閑叟は英明でしたが、そんな彼でも倒幕に一枚噛むことは許せなかったのですね。
薩長土肥と呼ばれながら、実質的には薩長に大きく水を開けられるのは、こうしたところが響いたのでしょう。

しかし、有能な彼らがいつまでも放置されたりはしません。

明治維新がなった明治元年(1868年)3月。
徴士参与、外国事務局判事として大隈は横浜在勤を命ぜられます。

英語と法律を知る大隈は、新政府にとっても魅力的な人材だったのです。

 

スポンサーリンク

パークスと火花を散らすも「万国公報」で反撃!

新政府でも屈指の実力者であった大隈は、
【キリスト教徒処分問題】
でイギリス公使パークスとの外交交渉にあたることになりました。

パークスは優秀であり、日本のことをよく知り、非常に興味深い一方で、かなり強引なところもあります。

ハリー・パークス/Wikipediaより引用

【関連記事】ハリー・パークス

「オークマの詭弁は聞きたくない!」

そう強気のパークスに対し、少しもひるまない大隈は
「”万国公法”では、あなたのように内政干渉をすることを禁じています!」
といった調子でやり返します。

まさか日本政府に【内政干渉】という概念を知ってる者がいるとは、思わなかったのでしょう。
さすがのパークスも、これには黙らざるを得ません。

これは、樺太問題と並べると、実に素晴らしい対応です。
パークスは樺太領有についても強引に鑑賞し、ロシアに引き渡すよう割り込み、明治政府はそれに従っております。

【関連記事】樺太の歴史

大隈はパークスに嫌われたかと思ったそうです。

が、実際のところ、彼の方では感じ入ったようです。
後にフランスとの交渉を控え、大隈がイギリスに頼るため挨拶へ向かったところ、パークスは非常に丁寧かつ好意的に応対したと言います。
かつての毅然な態度は、パークスを感心させていたワケですね。

そんな大隈の元には、気鋭の政治家が集結。
伊藤博文、井上馨らが集う大隈の私邸は「築地梁山泊」と呼ばれたほどでした。

明治以降の日本をどうするか?

彼らはそこで盛んに語り合ったのです。

 

新政府の柱として活動

大隈は、明治政府で着実にその地位を確立してゆきました。

明治元年(1868年)末に外国官副知事
明治2年(1869年) 会計官副知事を兼務し、贋貨問題の処理を担当する。さらには大蔵大輔となり、鉄道・電信の建設、工部省の開局などに尽力
明治3年(1870年) 参議
明治4年(1871年) ウィーン万国博覧会事務局総裁に就任
明治6年(1873年) 大蔵省事務総裁、大蔵卿

明治7年(1874年) 台湾出兵・蕃地事務局長官
※征韓論には反対派で、大久保利通につきました。西郷に功績があるとはいえ、明治政府の進化に追いつけなかったと酷評。その死でより政治がやりやすくなったと、率直に述べたほどです

明治10年(1877年) 征討費総理事務局長官
明治11年(1878年) 地租改正事務局総裁を兼任
明治13年(1880年) 参議専任

大隈は、大久保政権において財政問題を担当。
秩禄処分や地租改正、殖産興業政策等、次々と難しい問題に取り組み、改革を推進しました。

こうした大隈による財政は「大熊財政」と呼ばれております。

近代産業の推進に、大きな役割を果たしたのですね。
岩崎弥太郎の「三菱汽船会社」を助け、三菱との密接な関係の基礎も作っております。

 

スポンサーリンク

薩長閥と対立下野、早稲田を作る

明治政府で輝かしい実績を挙げ、将来も明るいであろう――と思われた大隈の政治家生命は、しかし順風満帆ではありませんでした。

明治14年(1881年)。
「国会開設奏議」を提出し、政党内閣制と国会の即時開設を主張。
西洋の政治に詳しい彼ならではの行動でした。

さらには薩摩閥が絡んでいた「開拓使官有物払下げ事件」に対して猛然と反対します。

五代友厚/国立国会図書館蔵

【関連記事】五代友厚

いつしか彼は、薩長閥にとって煙たい男となり、伊藤博文らから財政上の不手際をつかれ、参議を罷免させられます。
大隈派の官吏も、多数が辞職しております(明治十四年の政変)。

政府を追われた大隈は、小野梓・矢野文雄ら辞職官吏とともに、政党組織を推進。
明治15年(1882年)には「立憲改進党」を結成して、総理(党首)となります。※首相のほうの「総理」になるのは1898年です

在野してからの精力的な活動はそれだけにとどまりません。

同年秋には東京専門学校(のちの早稲田大学)を創立しました。

この学校、実は当時
「あんなとこに通ったら馬鹿になる」
と、言われておりました。

というのも早稲田という地は、大隈の邸宅があったからこそ選ばれたのですが、そこはミョウガの産地。
ミョウガを食べると忘れっぽくなるという言い伝えから、そう考えられたのです。

そうでなくとも当時は不便な場所です。
あんなところに学校を作って何考えてんの?
と揶揄されたそうですが、大隈としては「吉原や浅草のような盛り場近辺に作るよりよっぽどいい」と悠然としておりました。

※まぁ、そうなると、後に日本一の歓楽街・歌舞伎町が大学のスグ近くで発展してしまったのは、歯がゆいところかもしれません

当時の私立学校は政府から「謀反学校」と呼ばれました。
妨害すら受けることもありましたが、大隈は学校経営を諦めません。

早稲田と並ぶ慶応大学の創始者・福沢諭吉とは、明治11年(1878年)頃から付き合いが始まっております。

福沢諭吉/wikipediaより引用

【関連記事】福沢諭吉 福沢諭吉の自伝

もともと大隈は倒幕派で、福沢は幕臣です。

普通に考えれば最悪の組み合わせであり、実際のところ、最初は互いに嫌いあっていましたが、これを面白がったのか、何とかせねばいけないと思った人が引き合わせたところ、なんと打ち解け、気があったとか。

英雄は英雄を知るというところかもしれません。

 

政界復帰、テロで右足切断し辞職

政治活動から離れ、学校経営に乗り出していた大隈。
いつしか明治政府は彼の不在を惜しむようになり、明治20年(1887年)、大隈は伯爵に任じられました。

そして翌明治21年(1888年)には、伊藤内閣の外務大臣に就任、続いて黒田清隆内閣でも条約改正交渉に当たります。

ところが、ここで思わぬアクシデントに見舞われます。

外人裁判官任用問題(大審院に外国人裁判官を置くこと)で、反対派から「国辱的だ!」と激しく非難されてしまうのです。

このとき最も強く反対したのは小村寿太郎たちでした。
大隈からすれば、日本の法整備の遅れ等を考慮した案に過ぎないのですが、反対意見はキョーレツ。
実力者・伊藤博文も、反対に回ってしまいます。

そして、明治22年(1889年)。
大隈は、政策に不満を持つ玄洋社員・来島恒喜に命を狙われ、ついには爆弾を投ぜられてしまいました。

明治時代は、不満を感じた政治家を殺す凶悪事件が多発しておりました。
一命をとりとめた大隈は、右脚を切断し、外務大臣を辞職となります。

その後は枢密顧問官となりますが、明治24年(1891年)に自由党総理・板垣退助と提携したため、免官されてしまいます。

ここからはかなり細かい政治家活動で、日本史受験生を泣かせるところでもありますね。

本稿ではサクッ!と流させていただきます。

・明治29年(1896年)
改進党を中心に小政党を合併、進歩党結成、党首に就任
薩摩閥と手を組み、第2次松方内閣の外務大臣に任命されます。
この内閣は、別名「松隈内閣」とも。それだけ、大隈が重視されたのでしょう。

・翌明治30年(1897年)
農商務大臣を兼任したものの、薩摩閥と合わず、結局辞職することに。
なんだか何度も同じようなことを繰り返すのが、薩長相手でも決して引かない姿勢というイメージでカッコ良いですよね。

・明治31年(1898年)
板垣退助とともに手を組み、自由・進歩両党を合同させた憲政党を組織。薩長以外では初の総理大臣に任命される。

ついに来ました1898年の総理大臣就任。
大隈は、薩長土肥から追い出されたような、土佐閥と肥前閥で手を組み、薩長閥にガツンと言わせるような政治家活動を展開するのです。

これは日本初の政党内閣「隈板内閣」とも呼ばれました。

しかし、元を辿れば大隈と板垣も、かつては互いに宿敵としていた相手です。
たった4ヵ月で憲政党(自由党派)と憲政本党(改進党派)の二派に分裂して、隈板内閣も総辞職に追い込まれます。

大隈は憲政本党総理として政党を率いるものの、明治40年(1907年)、高齢であるとして政界を引退したのでした。

 

スポンサーリンク

政界と教育界の不死鳥の如し

政界を引退した大隈は、早稲田大学の総長となりました。

ちなみに校名は、明治35年(1902年)の創立20周年を機に、東京専門学校から早稲田大学へと改名しております。

大正時代の早稲田大学の正門/wikipediaより引用

教育者としての大隈は、清からの留学生に敬意を表し、女子教育にも興味関心を抱いておりました。

女子教育がテーマの一つであった『あさが来た』に大隈が出演したことも、納得ですね。

また明治43年(1910年)には、南極探検を志願する白瀬矗(しらせ のぶ)を助けたこともあります。
「大和雪原」の陰に、大隈ありなのです。

【関連記事】戦場に立ったアイヌたち

他にも、現代で言うところの文化人活動に精を出しております。

「文明協会」を設立し、『新日本』『大観』等の雑誌発行に関与。
著作も多数あり、各地で後援会や演説会のために引っ張りだこでした。

ざっと著作を挙げてみますと……
『開国五十年史』
『開国大勢史』
『大勢を達観せよ』
『国民読本』
『東西文明の調和』
『大隈伯昔日譚』
こんな感じで、明治政府の中枢にいた人物としても屈指の存在だった知能が、存分に発揮されたわけです。

豪放磊落な大隈は、「早稲田の大風呂敷」という悪口もありましたが、基本的には「民衆政治家」と呼ばれ慕われておりました。

何度も引退復帰を繰り返しており、年号が大正(1912年)になって「第一次護憲運動」が起こるや、政界に復帰。
立憲同志会の援助を受け、大正3年(1914年)には「第二次大隈内閣」を組織し、内務大臣を兼任します。

凄まじいばかりのエネルギーですよね。
忘れてならないのは、彼が幕末のど真ん中を生き抜いてきた元武士であることかもしれません。

大隈が二度目の総理になったのは、第一次世界大戦の時代。
大正3年(1914年)に「対華二十一箇条要求」を提出し、陸海軍備拡大を行います。

同年の内閣改造では、外務大臣を兼任することにもしました。
さらに侯爵に叙せられたものの、秋には総辞職。

結局、このときも薩長の陰がつきまとい、今度こそ本当に政界から離れることになりました。

その後、早稲田大学から多くの政治家・総理大臣が輩出されたのも、大隈の不屈の精神が影響していたんですね。

大正11年(1922年)、1月10日。
胆石症のため、早稲田の自宅で死去。享年85。

肥前が生んだ政治と教育の巨人。
それが大隈重信でした。




スポンサーリンク


文:小檜山青

【参考文献】
大隈重信 (歴史人物シリーズ―幕末・維新の群像)』榛葉英治
国史大辞典

 



-いだてん特集, 幕末・維新, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.