歴史書籍紹介 明治・大正・昭和

戦時中の軍と新聞はどんな嘘を? 書評『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』

ご年配の世代には「嘘八百」の代名詞にもなっている“大本営発表”という言葉。

同テーマを一冊にした関連書籍は数多く世に出まわっていますが、元新聞記者の目から見て「素晴らしい……」と嫉妬してしまうのが本書。

『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書)』(→amazon)です。

著者の辻田真佐憲氏は慶應義塾大学出身の近現代史研究家として2011年にデビュー。

あの東日本大震災のあった年ですね。

福島の原発事故によって安全神話が崩壊し、それに伴ってこんな疑念が国民の間に湧き上がりました。

メディアは電力会社からの膨大な広告費を受け取って「原発は安全」というイメージ操作の片棒を担いできたのではないか。

それって大本営発表じゃあないの?

実際、本書によると、2011年には「大本営発表に関する文献や記事が急増した」そうで。

国立国会図書館のウェブサイトでも

「戦後最多のヒット数が確認できる。そのなかで、報道機関は、経済産業省、原子力安全・保安院、東京電力などとと並んで『大本営発表』の発信源だと批判されている」(同書263ページ)

との事です。

そう、全編を通じて奏でられているのは、嘘をこきまくった陸海軍に追従した報道機関のだらしなさ。

「今でも通じるんじゃないの?」という危機意識は世間に共有されて欲しいと思います。

 

「大本営と記者会とは、とけあつて一体となり」

私が特に衝撃を受けたのは、当時の新聞関係者などの間で、大本営発表が

「朝刊」
「夕刊」

などと呼ばれていた箇所でした。

海軍報道部の富永謙吾少佐が、戦後の書籍で回想したエピソードを典拠としています。

新聞記者「今日は夕刊が出ますか」

報道部員「出してもいいが、締切に間に合いそうにないからやめよう。その代わり明日の朝刊は三本だよ」(64ページ)

次のページには読売新聞の藤本弘道(陸軍担当)が戦時中に出版した「戦ふ大本営陸軍部」の、こんな箇所が引用されています。

「報道を生命として働く大本営陸軍報道部と陸軍省記者会とは、とけあつて一体となり、主柱の一翼となつて、報道戦線を身をもつてかけまはつて努力しているのです」

こういうのって、ズブズブって言いますわな。癒着と言い換えてもええですわな。

新聞社は、こうした黒歴史を封じたばかりではなく、戦後は「軍部の弾圧で仕方なく筆を曲げた」と弁解しているんですから、いやはや日本の新聞業界ってすごいですね(棒読み)。

ちなみに、当時の速報メディアに美味しいところを全部持っていかれてはかなわん、面子丸つぶれやがな、と新聞側から軍部に働きかけて止めさせていた事もあったそうです。

軍部と新聞は主従関係にあったのではなく、ムラ社会の関係にあったのですね。

読者である国民は、そんなところから情報を買っていた、と……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-歴史書籍紹介, 明治・大正・昭和
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.