エドワード・モース

大森貝塚遺跡庭園にあるモース像

明治・大正・昭和

モース(大森貝塚・発見者)の日本滞在記『日本その日その日』をご存知?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
エドワード・モース
をクリックお願いします。

 

○日本と中国の違いについて

例えば、

「横浜居留地ではだいたいの仕事を日本人が行っているが、為替取引などの金銭が絡む場では中国人が多い」

「世界中で、銭勘定の速さや偽硬貨の選別に最も長けているのは中国人だ」

としています。

この頃の清は既にアレな感じでしたが、アメリカに渡って新しい生活を始めたり、日本の外国人居留地で仕事を見つけたりして、たくましく生活している中国人がたくさんいました。

現代でも世界各国にチャイナタウンを作っていたり、経済的に成功を収めている中国人が多いあたり、モースの言は正しい気がしますね。

もう一つ、言語的な面で日本と中国を比較した箇所もあります。

モースいわく、
「日本語には"L"の音がなく、中国語には"R"の音がない。そのため彼らは英語を苦手としている」
とか。

現代の我々も、LとRの発音を使い分けるのは困難……というか不可能ですよね。中国の方はどうなんでしょうか。

幕末の英語教育
幕末当時からLとRの発音は苦手だった? 日本の英語学習は黒船前から

続きを見る

 

旅先で感じたことや和食のことなど

この他、モースが滞在した都市部や漁村、日本での旅先の生活風景が事細かに書かれています。

政府が「西洋に追いつけ追い越せ!」「西洋の真似をして文明国になるんだ!」と躍起になっていたかたわらで、「古き良き日本」を感じて評価し、書き残してくれたモースのような人もいたわけです。

もちろん、他国に学んで良いところを取り入れていくのも大事ですが、日本の良さも残していきたいですね。

最後に、彼自身のちょっとおちゃめなところを少しご紹介しましょう。

モースにとって、貝やその他の海中生物は「研究対象」でした。

しかし、日本にやってきてそれが「庶民の食べ物」であることを聞き、彼はモノの試しに、と自ら口にしています。

「味は悪くない」と感じたようで、その後も度々日本食に挑戦していたようです。

この時代の西洋人としては、結構珍しいタイプだったでしょうね。

「ここ二週間、米とさつまいもと茄子と魚ばかり食べている」と、食傷気味に陥っていたらしき時期も見受けられますが、アメリカへ帰る前に、日本の教授たちがモースのために開いた送別会では、再び日本食を積極的に口にしていました。

このときは鯛や百合根、抹茶が気に入ったようです。

特に百合根については「じゃがいもの素晴らしい代用品になる」とまで絶賛しています。

現代のものとは少し違うかとは思いますが、じゃがいもと百合根って……似てますかね……? 根菜という意味では近いでしょうけれど。

もちろん、彼も日本食の全てを受け入れられたわけではありません。

この送別会で出されたものの中で「銀杏は嫌だった」とハッキリ記しています。まぁ、これは日本人でも好き嫌いが分かれますよね。

別の日の送別会では、食事の後に葉巻やコーヒー、お酒をたしなみながら、お互いの国の手遊びを教え合ったそうです。

相撲と思しき遊びに興じたり、二人三脚をして遊んだり……と、実に微笑ましい遊びの風景が綴られています。

モースを含め、その場にいたのがほぼ全て大学教授であるということを考えると、余計に。

皆、いい意味で少年の心を持ち続けていたんでしょうね。

他には、西南戦争から帰ってきた政府軍の兵を見かけたり、明治天皇の誕生日式典で初めて花火を見て感動したり、時代をうかがわせるエピソードもたくさんあります。

西南戦争が起きた本当の理由を深掘り!「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

明治天皇
明治天皇の功績&エピソードまとめ~現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

『日本その日その日』は「”お勉強”っぽくない歴史モノを読みたい」という方に、ピッタリな本です。

文庫版が出ていますので、ご興味のある方はぜひ。

みんなが読んでる関連記事

幕末外国人
幕末の外国人は侍にガクブル 銃でも勝てない日本刀も切腹もヤバすぎ

続きを見る

訪日外国人は見た驚いた! 幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは?

続きを見る

外国人初の富士山登頂は現代なら炎上沙汰!? 幕末英国人オールコック一行

続きを見る

ヒュースケン
幕末日本を愛したオランダ青年 ヒュースケン殺害事件が悲し過ぎる

続きを見る

幕末の海外事情
誤解されがちな幕末の海外事情~江戸幕府の対策は十分にイケていた?

続きを見る

幕末の英語教育
幕末当時からLとRの発音は苦手だった? 日本の英語学習は黒船前から

続きを見る

西南戦争が起きた本当の理由を深掘り!「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

明治天皇
明治天皇の功績&エピソードまとめ~現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】

『日本その日その日 (講談社学術文庫)』(→amazon

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,