飛鳥・奈良・平安

平安時代のモテはファッションで決まる?【衣冠・束帯・直衣・狩衣】の違い

「今日の晩御飯、何食べよっか?」とか。

「明日、着ようと思ってた服が洗濯したばかり! 生乾きはカンベン……」とか。

「今度、住むなら吉祥寺で、井の頭公園の池の水ぜんぶ抜いてみたい」とか。

人は常に【衣食住】のことが気になりがち。同時にそれは、楽しみの一つでもあるでしょう。

しかし。
これが歴史となると、途端に興味の失せるジャンルですよね……?

『竪穴式住居は寒くないのか?』ぐらいの感想を抱くことはあっても、例えば平安時代の貴族が何着てるか?と問われても、漠然と「十二単ですよね……」ぐらいの印象ではないでしょうか。

もったいない、と思います。

当時の空気に触れるには、やっぱり食べ物や衣服が最も身近。

理解してないから遠ざけてるだけで、いわゆる食わず嫌いなだけかもしれません。

そこで今回は、平安時代の【衣食住】、特に男性の衣服である【衣冠・束帯・直衣・狩衣】を中心に見てみたいと思います。

なぜなら十二単よりも大変だったから……。

 

京都は温暖湿潤だったので

平安時代は現代よりは寒冷だったと考えられています。

が、それでも世界的に見れば、日本の京都は温暖湿潤な気候。四季が楽しめる一方で、湿度の高さはさまざまな点に影響しました。

衣服については、袖口や裾の幅を広くしたり、空気が通るようなゆったりした形になっています。

奈良時代によく用いられていた「朝服」と比べてみると、その形の違いがハッキリ。

朝服は中国の役人の服装である「常服」を模倣したもので、日本の服装よりもコンパクトにできています。

長安(現・西安市)をはじめ、中国の歴代王朝の首都はだいたい内陸部にありましたから、風を通さないほうが都合が良かったのかもしれません。

日本も中国も、朝服や常服を使っていた頃の夏は厳しかったでしょうね。

 

衣冠、束帯、直衣、狩衣

現代では「女性はスカートもパンツスタイルも楽しめる」という点からか、女性のほうがファッションのバリエーションが多い傾向があります。

が、平安時代の貴族は逆でした。

男性のほうがいろいろな服装をしており、主に四種類ありました。

・宮中に出仕するときに着る
「衣冠(いかん)
「束帯(そくたい)

・普段着として用いる
「直衣(のうし)
「狩衣(かりぎぬ)

衣冠/wikipediaより引用

束帯/wikipediaより引用

衣服の作りの細かい違いは割愛しますが、見分けるポイントとしては二つあります。

まず、冠を被っていれば衣冠か束帯です。そして、昼ならば束帯、夜ならば衣冠となります。

元々は束帯が宮中での勤務服として使われていました。

しかし、束帯は締め付ける部分があるなど、一日中着ているには窮屈なものでしたので、少し改良して衣冠が生まれたのです。

このため、

・衣冠を「宿直(とのい)装束」
・束帯を「昼(ひの)装束」

と呼ぶこともあります。

現代でいえば、自衛隊で普段使う「常装」と、外交儀礼や皇居に出入りする際に使う「礼装」が分けられているのと似たような感じでしょうか。こちらには昼・夜は関係ありませんが。

そう考えると、現代の学生さんが日常生活から冠婚葬祭まで、学校の制服で全て用が足りるというのは便利ですね。

ちなみに「衣冠束帯というのは、存在しないの?」と思われる方もいるかもしれません。

これは、公家の日記や文学作品などで「衣冠を着ている人と束帯を着ている人」をまとめて書く際に用いられる表現でして。

「衣冠束帯」という名称の衣服はございません。あくまで「衣冠」と「束帯」の組み合わせなんですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.