源有綱

源平・鎌倉・室町

源有綱(ありつな)が歴史の狭間に埋もれたのは義経が目立ちすぎたから?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
源有綱
をクリックお願いします。

 

義経が目立ちすぎて歴史の狭間に埋もれてしまった!?

平家討伐の本番の頃に、有綱が何をしていたのかについてはよくわかりません。

義経が目立ち過ぎというか、その義経の配下だったから目立たなくなってしまったというか。

どうせなら義経と梶原景時壇ノ浦の戦い)の大人げないケンカのとき、有綱が仲裁に入ってくれれば、それなりに名前が知られていたと思うのですが。

梶原景時
梶原景時は頼朝に最も信頼された武将!大河・鎌倉殿の13人で中村獅童

続きを見る

壇ノ浦の戦い
壇ノ浦の戦い 開戦! 源氏vs平家の最終決戦はいかにして行われたか?

続きを見る

平家討伐が終わった後、義経が頼朝と険悪な仲になってからも、有綱は義経に従っていたようです。

その後、義経と別れたものの、有綱も追われて大和国宇陀郡(現・奈良県宇陀郡)に潜伏。

文治二年の今日この日、義経方の残党を捜索していた北条時定の手勢に発見され、抵抗の末に山深くに入って自害したといいます。

ただし、潜伏先は下野国塩原(現・栃木県那須塩原市)だった、という説も。

中塩原温泉に、「有綱と家臣たちが潜んでいた」とされる鍾乳洞があるのです。「源三窟」と呼ばれています。

 

米のとぎ汁が川を流れて、鎌倉の追手に見つかって

「源三窟」には有綱たちの伝説が残っております。

「有綱と家臣たちは近隣の村から米や野菜を恵んでもらいながら、再起を夢見て隠れ住んでいたが、あるとき米のとぎ汁を川に流したところ、鎌倉の追っ手に見つかって討たれてしまった」

というものです。

この辺の川は割と幅も勢いもありますから、多少米のとぎ汁を流したところで、大して目立たない気がするのですが……当時はもっと小さな川だったんですかね。

もしくは、流した地点のすぐそばで見かけた、とかでしょうか。

数年前にワタクシここに行ったのですけれども、内部の写真を撮っていいか入り口で聞き忘れたせいで撮り損ねましたスミマセン。

潜伏するのに相応しく、かなり狭いので三脚などはおそらく立てられないと思われます。

もし撮影おkといわれても、スマホや小型のカメラが精一杯でしょうね。こういうところを保存するのは大変ですから、もしこれから行かれる方はお気をつけください。

どのくらい狭いかというと、身長159cmの私でもかがまないと通れないところがあるくらいです。大柄な人だとそもそも入れないかもしれません。

それでなくても鍾乳洞=足元に水気が多い場所ですので、あらゆる意味で注意が必要な場所です。夏に行くと涼しくていいんですけどね。

また、すぐ横の武具資料館では、源三窟から見つかったとされる甲冑類などが展示されています。

悪霊が憑いているといういわくつきのものもあるので、見える人やそういうのが怖い人はご注意ください。

実は、塩原から40km弱ほどの位置にある湯西川温泉にも、平家の落人が逃げ込んだという伝承があります。

仮にこれらが両方共真実だとすると、「滅んだ側と滅ぼした側の両方がごく近隣に潜んでいた」ことになりますね。偶然ってスゴイ。

まあ、「平家の落人」が平家の血を引く人だとは限りませんけれども。

もし何かのきっかけがあって、有綱と平家の落人たちが合流して鎌倉に立ち向かうとか、地元の有力者である宇都宮氏と組むとか、協力して義経や奥州藤原氏の元を目指したりしたら、面白い流れになっていたかもしれません。

そういう歴史IF小説でもあれば、ぜひ読んでみたいものです。

あわせて読みたい関連記事

清和源氏
清和源氏とその他の源氏~ややこしい源氏軍団をスッキリ整理しよう!

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

源義経
源義経 史実の人物像に迫る! 兄・頼朝とすれ違い続けた31年の儚き生涯

続きを見る

三浦義澄
三浦義澄(鎌倉殿の13人佐藤B作)は史実でどんな人物?筆頭御家人の役割

続きを見る

二階堂行政
二階堂行政(鎌倉殿の13人)史実はどんな人?頼朝の信頼厚い文官だった

続きを見る

源義仲・木曽義仲・木曾義仲
源義仲(木曽義仲)が平家討伐で大活躍! 最期は義経に討たれた生涯31年

続きを見る

源為朝
源平時代の最強武士は源為朝でOK? 身躯2m超の暴れん坊伝説が凄まじい

続きを見る

梶原景時
梶原景時は頼朝に最も信頼された武将!大河・鎌倉殿の13人で中村獅童

続きを見る

那須与一と屋島の戦い
屋島の戦いは那須与一『扇の的』が激アツ! 義経のムチャ振り豪腕で切り抜け

続きを見る

源行家
源行家(頼朝の叔父)が「墨俣川の戦い」でフルボッコにされた残念な理由

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『源平合戦事典』(→amazon
『決定版 図説・源平合戦人物伝』(→amazon
源有綱/wikipedia
源三窟HP(→link

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-,