藤原泰衡

左から曽祖父の藤原清衡・祖父の藤原基衡・父の藤原秀衡(本人の肖像画無し)/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

史実の藤原泰衡は鎌倉に騙された愚将なのか?鎌倉殿の13人山本浩司

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で源義経が死ぬ時、決してカッコよくはない姿を晒したのが藤原泰衡

兄の藤原国衡相手には強気で凄む。

一方で鎌倉からの使者・北条義時が相手になると、当主とは思えない優柔不断さで、まるで縋りつくかのように助言を求める。

そして義経攻めを決断――。

とまぁ、どうにも自主性のないキャラで「あんな調子じゃ鎌倉に騙されて当然だわ!愚将かよ」と思われるかもしれません。

では、実際のところはどうだったのか?

本稿では、文治五年(1189年)9月3日に滅亡した藤原泰衡奥州藤原氏を振り返ってみたいと思います。

【奥州藤原氏】
初代:藤原清衡
二代:藤原基衡
三代:藤原秀衡
四代:藤原泰衡

 

奥州藤原氏は故郷だった

そもそも義経が奥州へ逃げたのは、頼朝と合流する以前の青年期、奥州藤原氏を頼って平泉に住んでいたことがあったから。

義経は当主・藤原秀衡(ひでひら)の支援を受け、家臣や馬などをもらったりしました。

父親に会ったことがない義経としては、秀衡が父親代わりでもあったのでしょう。

敵だらけになってしまった時には、最後の砦にも思えたでしょう。

藤原秀衡
義経を二度も匿った藤原秀衡の生涯を振り返る 鎌倉殿の13人田中泯

続きを見る

 

秀衡は、頼朝から「京都に金(きん)や馬を送るときは、オレが仲介してやろう」という不躾な申し出を聞いており、心情的に鎌倉へは良い印象を持っておりません。

それまでだって、頼朝に仲介してもらわなくても直接京都へ運んでいたのです。

仲介を頼むということは、当然、手数料が発生。

そして、それは奥州藤原氏が源氏に臣従することを意味するも同然でした。

源頼朝
史実の源頼朝はいかにして鎌倉幕府を成立させたか?53年の生涯まとめ

続きを見る

当時の奥州は半ば独立国ですから、立場的にも面白いワケがありません。

しかし秀衡はいったん譲歩し、鎌倉へ馬と金を送りました。

むろん臣従はしたくありません。

そこへ「息子」だった義経が頼朝から追われて亡命してきたので、いよいよ「その時」だという可能性を考え、義経を匿いました。

義経を旗頭とすれば、武家源氏の血筋として十分。

それだけでなく平家を滅亡に追い込んだ義経は天才的な軍略家であり、兵力次第では鎌倉に勝てる可能性もあったかもしれません。

天才軍略家義経
軍略と殺戮の天才・義経~世界の軍略家と比較して浮かび上がる実像

続きを見る

しかし、栄華を極めた秀衡も寄る年波と病には勝てませんでした。

義経が奥州にたどり着いた文治3年(1187年)のうちに亡くなってしまうのです。

 

アイツは所詮よそ者じゃないか!

跡を継いだのは次男の藤原泰衡(やすひら)です。

奥州藤原氏には、長男の国衡(くにひら)もいましたが、側室の生まれだったため正室からの次男が優先されました。

ただし国衡は、秀衡の妻で泰衡の母(鎌倉殿の13人では“とく”)を妻とし、泰衡の義父というポジションについてます。

泰衡と国衡の兄弟仲がひどく悪かったため、秀衡が苦心の末、無理やり親子にしたんですね。

しかし、そんな書類上のことが大して意味ないことは明白であり……泰衡は、鎌倉からのプレッシャーに対し、徐々に耐え切れなくなっていきます。

そしてある日、こう言い出しました。

「父上は義経を助けろって言ってたけど、所詮よそ者じゃないか! アイツのせいでうちが滅びるぐらいなら、先に討ち取って頼朝の機嫌を取ったほうが良い!」

泰衡の決意に対し、藤原国衡と三男・藤原忠衡(ただひら)は唖然。

特に忠衡は猛反対します。

「いや、父上の遺言はきちんと守りましょう! うちを信用して頼ってきたような人を討ち取るとか正気か! この親不孝者!!」

しかし、元々仲の悪い兄弟だったので話し合いでは到底解決できません。

泰衡は反対を押し切って義経を【衣川の戦い】で自害させ、

衣川の戦い
義経の最期は【衣川の戦い】奥州藤原氏に見限られ 自害に追い込まれ

続きを見る

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

その足で「もう義経はいないし、お前の居場所もねーから!」と忠衡まで討ち取ってしまうのでした。

頼朝に対する言い訳とか、過剰なまでにおもねった態度とも言えますね。

あるいは家中の統制かもしれませんが、いずれにせよ滅茶苦茶……。

しかもその結末は、泰衡の思惑とはまるで違う方向へ進んでいきます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,