阿野全成

阿野全成/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

史実の阿野全成は激しい権力闘争に巻き込まれ 鎌倉殿の13人新納慎也

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
阿野全成
をクリックお願いします。

 

それは、同じように呪術を使う文覚との違いからご理解いただけるでしょう。

平気で嘘をつき、人間的に破綻している文覚と異なり、全成は、あくまで生真面目。

真摯に占い等に取り組んでいました。

阿野全成
なぜ阿野全成の占いは頼朝に重宝されるのか?鎌倉殿の13人新納慎也

続きを見る

文覚
文覚は殺人事件疑惑のある破戒僧だった~鎌倉殿の13人市川猿之助

続きを見る

 


北条氏の姻戚となり実朝派に

実衣との結婚も、劇中では微笑ましい展開でした。

史実だけ見れば、源氏との関係強化を計る北条氏の野心と解釈できますが、ドラマでは淡い恋が実ったように描かれていた。

なぜ、そうした表現だったのか?

『鎌倉殿の13人』が、1979年の大河ドラマ『草燃える』からの脱却を目指していたからだと思われます。

『草燃える』での阿野全成と阿波局夫妻は、野心的な陰謀家でした。

史実では、二人の結婚後、全成より、むしろ実衣(阿波局)の方が目立つようになります。

建久3年(1192年)に阿波局は、頼朝と政子の二男・千幡(後の源実朝)の乳母となりました。

阿波局
史実の阿波局(義時の妹・実衣)は野心家?鎌倉殿の13人宮澤エマ

続きを見る

源実朝
史実の源実朝は将軍としてどんな実績があった?鎌倉殿の13人柿澤勇人

続きを見る

時流次第では、源氏の跡取りとなるかもしれない貴重な男児。

乳母に選ばれることは名誉であり、その影響か、以降、全成の記述は「阿波局の夫」という立場で言及されるものが多くなっていきます。

しかしそのことが彼の死因にも繋がってしまうのですが……。

そもそも頼朝の在命中、彼の弟たちは、全成以外の全員が命を落としていました。

性格があまりに放埒で、政治的才覚に疎く、奥州合戦で追い詰められた義経。

身の処し方を知っていたにも関わらず、不運な展開から死を賜った源範頼

こうした兄弟と比べると、全成は武功こそないものの、逆に失態もなく、かつ北条氏という後ろ盾もあって安泰でした。

しかし、その構図にヒビが入ります。

頼朝の死です。

 


景時が頼家に讒言!?

正治元年(1199年)正月――頼朝が急死しました。

二代目の鎌倉殿として、将軍職を継いだのが源頼家。これにより外戚同士の激しい対立が生じます。

初代・頼朝の外戚である北条氏は、頼朝の二男・千幡(後の源実朝)を庇護していました。

これに対し、二代・頼家の外戚となる比企氏。

外戚両家の争いに阿野全成も巻き込まれてゆくのです。

段階を追って見て参りましょう。

鎌倉幕府では、トラブルを未然に解消するため、ドラマのタイトルにもなった【十三人の合議制】が敷かれました。頼朝が死ぬと御家人たちの不祥事が増え、その対応に追われたからです。

この十三人のメンバーには梶原景時もいます。

梶原景時
史実の梶原景時はいかにして滅ぼされたか?鎌倉殿の13人中村獅童

続きを見る

彼は頼家の乳母夫(めのとお)とされ、後見人でもある。つまり頼家の重要な側近として、睨みを利かせる立場にありました。

しかし、この景時を滅亡に追いやる陰謀が起こります。

あるとき、頼朝時代を懐かしむ結城朝光が、こんなことを口にしました。

「忠臣は二君に仕えずという。私も頼朝様が亡くなったからには、出家しようと思ったのだが、ご遺言によりそうもできなかった。今となっては残念でならん」

そんな朝光に対し、阿波局がこう進言します。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-

×