武者震之助の歴史映画

ナチスに処刑されたドイツ人女学生の毅然『白バラの祈り ゾフィー・ショル』

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
白バラの祈り
をクリックお願いします。

 

この場面は「ナチスドイツの政策そのものはよかった」という、現代でも使われる詭弁への反論です。

ナチスは確かに、第一次世界大戦の敗北によって、貧しくなったドイツを復興させて豊かにするという大義を掲げていました。
額面通りにそれを受け取れば、それは素晴らしいものです。

しかし、それは大抵の政権について言えることです。
邪魔者を大量に殺すことや、言論弾圧、そんな公約を堂々と掲げる権力者なんてそもそもいないのです。

ムーアはその偽りの理想を掲げ、ゾフィーはそれに反論したのです。

そしてここがドキリとさせられるのですが、ゾフィーに徹底して反論するムーアも、実は、腹の底からナチスをよいとは思っていないであろうことが、それとなく視聴者にも伝わってくるのです。

 

信じたいことしか信じないという罪

ゾフィーら白バラメンバーは、人民法廷に立たされます。
法廷とは名ばかりで、ゾフィーたちは判事のローラント・フライスラーに罵倒の限りを尽くされます。

「我が国のおかげで学べる大学生の分際で、反逆するとはお前たちは寄生虫だ!」

そう罵倒される三人。
しかし、寄生虫と罵られているゾフィーの兄ハンスらは、戦線で祖国のために戦ったこともあるのです。

ハンスが、ドイツ兵が女子供を殺すことを前線で見た、耐えがたかった、と告発すると、年老いた裁判官は口を極めて罵ります。
「嘘をつけ!」

この構図のおかしさとグロテスクさ。
実際に戦場に立った兵士の証言を、戦場に立つことはないフライスラーが嘘つき呼ばわりし、寄生虫と罵っているのです。

事実や真実なんて関係ない。信じたいことしか信じない。
そして信じたくない真実を突きつけられた時、相手こそ嘘つきだと罵倒する。

これは70年前のドイツ人民法廷だけではなく、現代も世界中で溢れている光景。
ある意味、人の真理かもしれません。

 

ゾフィーは告発する

裁きとも言えぬ場を経て、ゾフィーたちは処刑へと向かいます。
かっちりと制服を着こなし、ほぼ無表情である看守すら、彼女らに同情や敬意のようなものを垣間見せます。

両親と最後の抱擁をすませ、涙ぐむゾフィーを見送るムーアの表情は複雑です。

娘のような年頃の女性が死にゆくことへの哀惜か。
それともゾフィーに告発されて己の偽りと罪を悟ったのか。

ゾフィーのまっすぐなまなざしは、見る者を告発してきます。

「あなたは本当に知らないのか? それとも知らないふりをしているのか? 目を見開いて真実を見ようとしているのか?」
ゾフィーは法廷でこう言いました。

「いつかあなたがここに立つわ」
彼女の言葉は、法廷の面々にだけ投げかけられたものでしょうか。

彼女の人生そのものが、良心に背く者につきつけられた告発のように思えるのです。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

ヒトラーに歯向かい処刑されたドイツの若者【白バラ抵抗運動】の壮絶覚悟

続きを見る

著:武者震之助

 

【参考】
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』(→amazon

 



-武者震之助の歴史映画

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.