葬儀も墓も地味が一番!乱世の奸雄・曹操の墓はリアルに質素だった

建安25年(220年)1月。

中原を駆け巡った一代の英雄・曹操は、ついに最期の時を迎えんとしておりました。

「非常の人、超世の傑」と評された彼は、思えば戦いに明け暮れた半生。

粉骨砕身して天下を統一という志を果たせず逝くことは、心残り以外の何ものでもありません。

天下はまだ乱れているのだから、葬儀はしきたり通りにはできない。

埋葬が終わったら服喪をやめろ。

軍団を統率している担当者は部署を離れるなよ。

官吏はそれぞれ仕事をしろ。

遺体を包むのは平服でよい。

金銀財宝を墓の中にはおさめるな。

2月、実に彼らしい合理的な遺言を残し、曹操の墓となる「高陵」に葬られたのでした――。

 

時代が進み、曹操の悪評が増すにつれ……

日本にも知られる稀代の人物だけに、その墓はさぞかし後世の人々によって手厚く加護されていたのだろう。

そう思いきや、曹操の墓・高陵は、南北朝時代(5-6世紀)になると、うっそうとした樹木に覆われ、見る人々に栄枯盛衰の虚しさを感じさせるものと化していたそうです。

更に時代が降るにつれ、三国志作品で悪役とされるようになった曹操。

その噂を楽しむようになった人々は、次第にこんなことまで囁くようになります。

「曹操は自分の墓に入れた財宝を盗掘されたくないかなら、72基ものダミーを作ったんだって!」

これは北宋の政治家・王安石の漢詩『疑冢』に既に見られる記述です。王安石自身が考えたのか、そういう噂を耳にして書いたのかはわかりませんが。

さらに伝説には尾ひれがつきます。

「曹操の墓を見つけて盗掘に入った命知らずがいたらしいが、その男は恐ろしい罠にかかって死んでしまったらしいぞ」

「曹操ほど悪知恵のはたらく男なら、千年経とうと作動する罠ぐらい、そりゃあ仕掛けるだろうよ」

人々の想像の中で、デストラップダンジョンと化した曹操の墓。

質素に埋葬すべし――という遺言まで残していたのに、どうしてこうなった!

かくして彼の墓は長いこと謎につつまれ、発見されることはありませんでした。

実態不明のまま、「なんだかよくわからないがヤバイらしいぞ、だってあの曹操だし」と思われ続けていたのです。

そして2008年。

曹操の死からおよそ1800年を目前にして、その墓がついに発見されたのです。

 

盗掘から墓を守れ! 発掘調査開始

中国河南省安陽市安陽県安豊郷西高穴村。2008年、この小さな村で発掘調査が行われていました。

誰のものかはわからない。

されど何やら重要な人物らしい。

発掘者たちは一定の感触は得ていたそうです。

一応、曹操の墓の位置は、21世紀初頭には「なんとなくこの辺」というのがわかっておりました。

魯潜という人物の墓誌に「この墓は曹操の墓の側にある」と記されていたからです。

しかしそう簡単に発掘はできません。

中国の文物保護法では保存が第一。

これは、VIP級帝王の墓は発掘過程で破損するとまずいから「むやみに掘り返すなよ」ということであります。

そうこうしているうちに、2007年末、西高穴村に盗掘者が出没している、という情報が入ります。

夜な夜な響く爆発音は、おそらく彼らの仕業だったのでしょう。

状況が一変するのは2008年秋のこと。

取締に動いた警察が盗掘者から状態の良い画像石を押収し、学者の鑑定に回すと驚くことが判明します。

典型的な「後漢末様式」の遺物でした。

誰の墓かはわからない。

しかし、このまま盗掘を続けられたら重大な損失となってしまう。

そこで同年末、この遺跡は「西高穴」と名付けられ、ついに本格的な調査が始まったのです。

 

石碑に刻まれた「魏武王常所用挌虎大戟」

「西高穴」は1号墓、2号墓とに別れておりました。

ボーリング調査を行い、慎重に墓室へと入ったのは「潘偉斌」氏率いる調査隊。

2号墓には既に盗掘用の坑が空いており、墓室内には盗掘者が掘り返した土が堆積しておりました。

これを取り除くだけで一苦労の調査隊は、更に発掘を進め、やがて男性の頭蓋骨を発見します。

鑑定の結果、骨は60歳前後の男性のもの。残念なことに棺から取り出されていて土に埋められており、圧迫により割れている始末です。

さらに調査は続きます。

鉄の甲冑や陶器の破片、鉄器が出土。そして、とある石碑にぶつかりました。

調査隊のメンバーたちが心臓をバクバクさせながら刻印を読んでみれば……。

「魏武王常所用挌虎大戟」

魏の武王……の戟(げき・槍のような当時の武器)……つまりは……。

なんてことだ!

これは曹操だ!

ついにあの曹操の墓を発見したぞ!!

世紀の大発見を前にして調査隊は興奮し、飛び上がって喜んだのでした。しかし……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-

×