日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 剣豪・武術・忍者

サムライマナー講座!「剣」「刀」「太刀」の違いを知って五月病撃退!

更新日:

 

仕官したばかりの5月病のサムライのみなさん!当講座を受講すればもう大丈夫!?

「剣術・剣道」、「大小二刀」、「太刀さばき」・・・これらの言葉にあてはまる刃物は全ていわゆる「日本刀」のことですが、それぞれ「剣」「刀」「太刀」という呼び名が同じものを指していることがわかりますね。

日本では一般的なことですが、厳密にはこれらは実はすべて違うものなのです。そこで今回はその違いをおさらいして、仕官(就活)でも差を付けましょう!

 

まず「剣」と「刀」の違いは?

これらの漢字は国字ではなく、中国から入ってきたもの。したがって中国では厳密にその違いが知られています。

「剣」とは両刃で真っ直ぐの形状をしたもの、「刀」とは片刃で反りのあるもの、とのことでとってもわかりやすい!これらを扱うための武術も「剣」が刺突に適しているのに対して「刀」は斬撃がメインとなっているようです。
ですので見た目で言えば片刃で反りのある日本のものは「刀」に分類されると言えますね。ただし、「剣」は鋼を硬くするために「焼き入れ」を施すのに対し、「刀」は柔軟性を保持するために焼き入れをしないのが一般的とされており、その点で焼き入れを行い、突きにも斬りにも対応している日本刀は「剣」と「刀」の特性を兼ね備えているともいえるでしょう。

 

スポンサーリンク

次に「太刀」と「刀」の違いは?

これはどちらも日本刀を指していることはイメージできるものの、意外とその違いが知られていないのではないでしょうか。「太刀」とは日本刀の古い形式のもので、刃を下向きにして腰から吊るして装備するのが特徴です。馬上から斬りおろすことを想定しているともいわれ、反りが強く深いこともポイントです。対して「刀」といえば時代劇でサムライが持っている刃を上に向けて腰に差すタイプの「打刀(うちがたな)」のことを指す場合が多いようです。居合のように片手で抜きながら打ちおろす(斬りおろす)ことができるため、「打刀」と呼ばれるようになったという説があります。
太刀に比べると一般に反りが浅いのが特徴ですが、個体差によってはどちらか分からないものもたくさんあります。外装が「太刀拵え」や「打刀拵え」などはっきりしていればよいのですが、博物館や美術館などで刀身だけ展示されている場合は迷ってしまいますね。
そこでワンポイントアドバイス!刀は「装備する向きと同じように飾る」のが原則とされているため、刃が下向きに展示されていれば「太刀」、上向きならば「刀」と考えてまず間違いありません。彼女と刀剣博物館でデートする時には、パッと見て「ほう、太刀か・・・」などとつぶやいてみましょう。きっとあなたを見る目が変わりますよ!ホラね。

スポンサーリンク

例外もあり!「半太刀」に注意!

じつは「太刀」と「刀」の中間に位置するもう一つの形式があるのをご存知ですか?
それが「半太刀(はんだち)」。ハーフ太刀あるいはハイブリッド太刀です(謎)。
これは太刀から打刀への過渡期に製作された形式であるとされ、打刀のように腰に差しますが太刀のように刃は下向き、という面白いものです。
外装による判別の簡単な方法は、下げ緒を通すための「栗形(くりがた)」という突起が打刀では刃を上向きに差して左側、半太刀は刃を下向きに差して左側に位置しています。
やはり刀剣博物館に上司と行った場合に「ほう、半太刀ですか・・・」などとコメントすれば「ムムッ、やるな!」となるわけですね。

これらの違いをよく理解することはサムライとしての教養を深め、武士の魂である刀剣への愛着をより一層深めることになるでしょう!

スポンサーリンク

帯刀コロク・記

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-週刊武春, 剣豪・武術・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.