日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 飛鳥・奈良・平安時代

「トンボ=アキツシマ=日本列島」トンボの歴史を知れば日本史がすべて分かる!

更新日:

 

虫、好きですか?

現代人の生活から虫の姿が消えて久しいですが、かつて日本は「虫の国」と言っても過言でないほどの昆虫王国でした。

春は蝶、夏は蝉、秋はトンボ、夜は蛍やコオロギと、四季の移り変わりと共に姿を見せる虫やその音色は、かつての日本人にとって新しい季節の到来を知らせる近しい友であり、彼らの姿や鳴声は季節ごとの大きな楽しみの一つでもありました。

そんな訳で、今回は歴史上の虫にまつわるエピソードをご紹介……と思ったのですが、一口に虫と言ってもその情報量たるや膨大なもので、とても一記事にまとめられるものではありませんでした。

なんせ、現代では昆虫と節足動物を指して使われる事がほとんどの「虫」ですが、この文字の本来の意味は現代で言うところの「蛇」、「蟲」に至っては、かつてはこれ一文字でこの世に生息する生物全てを指す時代もあったのです。

例えば「羽蟲」、これは鳥の事です。「毛蟲」、これは獣、「鱗蟲」これは魚や爬虫類だそうです。そう言えば、現代でも蛇を「長虫」と言ったりしますよね。

では「裸蟲」、これはどんな生き物でしょう?

答えは「人間」。
裸の蟲=人間、なるほど。現代人が自らを指して万物の霊長などと呼んでいる事が恥ずかしくなる程のさっぱりした命名法です。

そんな訳で、「虫」全てを対象とした記事はとても書けそうにない事が判明しましたので、今回は昆虫王国日本の代表的な虫、「秋津虫」をご紹介したいと思います。

秋の空を飛ぶアキツシマ

え?秋津虫って何だって?アレですよ、アレ、トンボです。

古くは奈良時代、もしかしたらもっと前から、トンボは「秋津」「あきつ」「あきづ」と呼ばれ、秋の虫として代表的な昆虫でした。

「あきつ」の「つ」は、今で言う格助詞の「の」に当たり、「秋津」とはつまり「秋の」、「秋津虫」とは「秋の虫」を意味するのだそうです。

この「津」の用法は、高天原から降臨した神々を「天津神=天の神」、対して日本土着の神々を「国津神=国(土地)の神」と呼ぶ例や、「まつげ=目津毛=目の毛」といった現代の日本語に残っています。つまり「秋津虫=秋の虫」で、トンボは秋の虫。なるほど。

 

スポンサーリンク

はかない命のトンボ、いえいえ意外と長命なのです

しかし、虫好きの方はご存じかも知れませんが、トンボの寿命は数ヶ月と長い上に、羽化の時期も春~秋と様々です。

そればかりか、中には成虫の姿で冬を越す強者もいて、実は「トンボ=秋の虫」ではないのです。ではなぜ、古代の人々はトンボを秋の虫と呼んだのでしょうか?

それは、かつて日本人の生活に馴染み深かったアキアカネ(赤とんぼ)やノシメトンボ(羽の先が茶褐色の中型のトンボ)が、産卵のため水田などの水辺を訪れるのがちょうど秋だからなのです。

日本人にとって、秋の収穫の時期に現れ、稲の害虫を補食しながら空を飛び回るトンボは、豊穣の季節の虫として象徴的な生き物でした。

同時に、トンボは亡くなった人の魂やその生まれ変わり、神や仏の遣いであるとも信じられ、現代でも「トンボを捕ると目が潰れる」「お盆が来ない」など、トンボを大切な生き物として言い伝える地域が数多くあります。

秋、稲が重く頭を垂れる季節、どこまでも続く黄金色の波の上、夕暮れの空にトンボが乱舞する光景は、農家の方でなくとも一度はどこかで見た、もしくは心の中で思い描いた事があるシーンかと思います。

このような情景がどこか切なく、懐かしいように思われるのは、それが稲作が伝わった頃、3000年もの昔からこの島で幾度となく繰り返されてきた光景だからなのかも知れませんね。

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)

 

スポンサーリンク

グーグルアースのない時代の天皇「トンボの交尾の形と日本の形って似てない?」

このように、豊穣の秋はかつての日本人にとって最も大切な季節でした。
「古事記」「日本書紀」では、それぞれ本州を「大倭豊秋津島」「大日本豊秋津洲」(どちらも読みは「おおやまととよあきつしま」)と表し、トンボを秋津=秋の虫と呼んだように、この島を「豊秋津島=豊かな秋の島」と呼んでいます。有名なイザナギ、イザナミの二柱の神が本州=大倭豊秋津島を生んだとする国生み神話ですね。

同様に「日本書紀」では、初代の天皇とされる神武天皇が高地から領土を眺めた際、「あきつの臀占(となめ)の如し(トンボがつがってる形にそっくりだ)」と言ったため、当時の大和朝廷の支配地→後の日本を秋津と呼ぶことになった、ともあります。臀占とは今で言う交接、動物でいう所の交尾ですね。イトトンボなどがつがうとハート形になりますが、あれです。

この場合の「秋津」はトンボの意味であり、「秋津島」は「トンボ島」、と言うかトンボの交接の形をした島、という意味になります。

「あれ?秋津島って生まれた時から秋津島なんじゃ…」とか、「トンボ島の由来が男子小学生の夏休みの日記みたいなんですけど…」などというツッコミは無しの方向でお願いします。日本神話や古事記、日本書紀におけるこのような記述に一々ツッコミを入れていたらキリがありません。

そういった疑念が心に浮かんできた際は、江戸時代の国学者本居宣長先生の「深く疑うべきにあらず(黙って聞いてろ)」を発動して凌いで下さい。「このセリフ、本居さんが必死で自分に言い聞かせているようにしか聞こえない」と言った感想もまたスルーの方向でお願いします。

平安京の厨2「トンボよりカゲロウのほうが儚くてヤングでナウい」

さて、奈良時代以前はこのような形で実におおらかかつ素朴にトンボを愛した日本人ですが、平安期以降は「なんか物思いに耽ってたり悩んでる俺カッコイイ」ブームが到来したため、「豊穣」や「神武天皇の臀占発言」と言った、豊かで夫婦和合的なイメージのあるトンボは、当時の上流階級の人々の間ではあまり流行らなかったようです。

代わりにじわりと人気が出たのが蜻蛉。あ、トンボじゃなくてカゲロウです。

 

「カゲロウデイズ」で中学英単語が面白いほど覚えられる本

(昔から厨2はカゲロウが好きだったのか…)

「蜻蛉」は、「薄い羽のある虫」と言う意味の大陸から伝わった言葉で、読んで字のごとく、カゲロウとトンボを「蜻蛉」で一括りにしています。

ちなみに、「蜻蛉」が中国語から来た言葉であるのに対して、「とんぼ」は日本語の「飛ぶ棒」「飛ぶ穂」etc.から来た言葉であると言われています。うん、見たまんまの素直なネーミング。日本人らしいです。

捕ったことのある方はご存じかと思いますが、トンボより遙かに柔らかい体に曖昧な体色を持つカゲロウは、夜、体の割に大きな羽を精一杯にはためかせ、微かな明かりを求めてゆらゆらと飛び回ります。

中には成虫になったその日に死んでしまう種類もあり、その儚さ、頼りなさが平安期の上流階級の人々の心をガッチリとつかんだようです。

男も女も儚げで頼りない事が美しい、元気で溌剌とした人→悩みがない→脳筋→カッコよくない!とされたこの時代、カゲロウはそのフラフラとした姿で時代の寵児となったのです。

清少納言の「枕草子」、「ものづくしの段」にもカゲロウは「をひ虫」の名で記され

虫は鈴虫。ひぐらし。蝶。松虫。きりぎりす。はたおり。われから。をひ虫。蛍。

と、雅で儚げな、つまりこの時代を風靡した「あはれ」な虫達の仲間入りを果たしています。

なるほど、言われてみればカゲロウって風情があって美しい虫ですよね…と言いたい所ですが、虫好きから言わせれば、おま、アリジゴク(カゲロウの幼虫)見た事ある?とツッコミたくなります。
「元気で獰猛、ぷよぷよしたお腹の感触がたまらないアリジゴクも相当可愛いんだけど、どう?」もし平安貴族と会話できたら言ってみたいセリフです。

アリジゴク観察事典 (自然の観察事典)

はかなさよりも強さ!戦国時代に人気復活したトンボ

さて、そんな訳で素朴で明るいイメージが災いして平安期にはあまり人気のなかったトンボですが、これが戦国時代に入り再び大ブレイク。
その飛翔力や機動力、前進→補食→前進→補食といった姿が「勝ち虫」「勝軍虫」「不退転」の象徴として人気を博します。

元々は「古事記」の雄略天皇の逸話「腕を噛んだアブをトンボが捕ってくれた!この国をトンボ島と呼ぼう!」が元ネタになっている「勝ち虫トンボ」の伝承ですが、雄略天皇と言ったらその二つ名「大悪天皇」の名の通り、二人の兄と仁徳天皇の孫、従兄弟の二人を次々と殺害、在位中は人を処刑することが多かったという、すごい殺戮、粛正歴を持った方です。

今でも「倭の武王」として有名な方ではありますが、下克上上等の戦国期になってこのダークな雄略天皇のエピソードからトンボ人気が急上昇してしまう辺り、「強い事が一番大事!」「強い=カッコいい!」の戦国期の気風を象徴する出来事のように思えます。

ちなみに、雄略天皇の逸話における「あれ、秋津島って生まれた時から…」のツッコミもまた、江戸時代の本居さんの「深く疑う(略)」のオチで対処して下さい。

戦国期においては、例えば直江兼続が「愛」の他にもトンボの前立てがついた兜を所有していたと言われておりますし、NHK大河「風林火山」においては武田信玄の家臣である板垣信方が、「利家とまつ」では前田利家が、それぞれトンボをデザインした前立てなどを身に付けていましたね。

また、中国地方の雄、毛利元就は、戦の折、やはり当時「勝ち草」と呼ばれていた沢潟(オモダカ)にトンボが留まったのを見て「勝ち草に勝ち虫が留まっている!今度の戦、貰った!」と勝利を確信して戦に臨んだところ、その勢いで本当に勝ってしまったという言い伝えがありますし、トンボそのものが家紋になっている家もあります。

本多忠勝「トンボ斬りのワシのヤリもよろしく」(絵・富永商太)

本多忠勝「トンボ斬りのワシのヤリもよろしく」(絵・富永商太)

そして江戸期、天下を統一したのは質実剛健を旨とする徳川家でした。武家によって統治された世の中で、トンボもまた縁起の良い虫としての地位を保ち続けます。

戦国期から始まった勝ち虫トンボの伝承にあやかって、トンボの文様は剣道の防具や竹刀袋の柄として現在に至るまで使用されていますし、五月人形の兜の前立てなどにはトンボが使われているカッコイイものもありますね。

明治維新後、日本が天皇を中心とした立憲君主国となると、トンボはこれまでの秋津にまつわる逸話から、国の名を冠しためでたい虫として大切にされます。

富国強兵を押し進め、列強に対抗する力を付けねばならないとされたこの時代、トンボは「秋津虫=秋の虫」というよりは「秋津の虫=日本の虫!」として人気を博しました。

前述のように「津」が「の」の意味なので、厳密には「秋津の虫」は「秋のの虫」という訳になろうかと思われますが、そこは本居さんでやり過ごして下さい。

トンボの鉛筆も日本史からうまれた

大正2年に創業した「小川春之助商店」は、自社で製造していた鉛筆の内、一番人気の高かったトンボマークの鉛筆から、後に社名を「トンボ鉛筆」と変更しています。これが現在、世界的に有名な文具メーカー「TOMBOW」です。

トンボ鉛筆 鉛筆8900 B 六角軸 1ダース 8900-B

トンボが国の雅名である「秋津」を冠した虫であることや、戦国期の勝ち虫、トンボの伝承が、社名を「トンボ」とするに当たって重要な決め手となったとの事。日本人にとって、トンボはやはり特別な虫だったようですね。

ところが西洋では悪魔の虫扱い

ちなみに、このような日本の伝承や逸話とは対照的に、西洋ではトンボは英語の「dragonfly」の名に代表されるように、悪魔の虫、地獄からの遣いとして忌み嫌われる生き物だったようです。

「トンボは尾に針がある」
「子供が嘘をつくと針で唇を縫ってしまう」
「耳を縫いつけられる」
「剃刀のような羽で切り裂かれる」

等々、西洋のトンボにまつわる伝承は、日本人的には「それトンボ違う」と主張したくなるような怖い話で満ちています。
なんでそこまで、と思わずにはいられませんが、彼らからすると、二足歩行で笠を被り、腰にどぶろくを下げたタヌキも「それタヌキ違う」そうなので、おあいこなのだと言うことです。

さて現代、とうとう「秋津島」は地球を飛び出し、火星と木星の間に広がる小惑星帯の中の小さな星の名前にもなりました。

漫画「幻獣の國物語」やライトノベル「ニーナとうさぎと魔法の戦車」など、サブカルチャーの世界においてもよく使われるようになった「秋津」は、日本の古く美しい呼び名として、再び世間に周知されるようになっています。

トンボの群れが秋の夕暮れを埋め尽くさなくなったニッポン それでいいのか

秋津虫=トンボは、これからも日本を象徴する虫として愛されていくでしょう……と終わらせたい所ですが、さて、ここで今回の主題である本物のトンボに話を戻したいと思います。

トンボ、最近見かけましたか?

今から二、三十年程昔、田舎の秋の夕暮れ時には、決まって空を埋め尽くす程のトンボの飛翔が見られたものでした。

これを「黄昏飛翔」と言って、トンボが日暮れ時に群で飛び回ることを指すそうなのですが、彼らのこのような姿を見ることができなくなったのは、一体いつの頃からだったのでしょうか。

もちろん、今でもトンボの群れを見ることができる地域はあります。しかし、全国的にその地域は少なくなってきており、生息地とされている場所でも、「黄昏飛翔」とはとても呼べないレベルの小さな群れが細々と生き残っているに過ぎなかったりと、トンボの生息域は年を追うごとに狭まってきているのが現状のようです。

トンボを専門に研究している方のお話だと、トンボの中には1000分の1にまでその個体数を減らした種類もあるそうです。その主な原因は温暖化や水辺の減少など。暑さに弱く、夏の間は高地や涼しい森の中などで過ごす個体の多い日本のトンボにとって、近年の地球温暖化は本当に洒落にならない出来事のようです。

さて、トンボが減ると、我々人間にはどんな影響があるでしょう。
西洋の伝承と違い、実際のトンボは人を刺したりしませんし、だからと言って特に有益な事をしてくれる訳でもないような気がします。トンボが減っても筆者が悲しくなるだけで、特に人間には関係がなさそうに思われるのですが…さて。

ここでヒント。トンボは30分の間に自分の体重と同じ重さの餌を補食する事ができます。

スズメバチ、デング熱対策の切り札?

かつて、秋の頃には毎日のように黄昏飛翔を繰り返していたトンボの群れは、ほんの一、二時間の飛翔の間でも、膨大な量の蚊や虻、蛾、小さな羽虫などを飛行しては捕食し、多くの虫達の捕食者として君臨していました。

その強さは比類なく、筆者はこの夏、オニヤンマがアシナガバチを補食しているのを見付けて「オニヤンマ>アシナガバチ!」と一人フィーバーしていましたが、実は彼らの本当の強さはこんなものではなく、あの世界最大最強の蜂、オオスズメバチとも毎年のように食った食われたの戦いを繰り広げているそうです。

さて、昆虫界だけに限らず、捕食者が減ると当然起こる現象があります。そう、食べられる者、被食者の増加です。

被食者が増加するとどうなるか。被食者のさらに下位にいる生物が食べられて激減します。日本各地で農作物に対する甚大な被害を出しているシカ、サル、イノシシなどの害が有名ですね。

しかし、これは哺乳類における捕食-被食関係です。この生態系のバランスの崩壊が昆虫の世界にも起こっているとすれば、一体どんな問題が起こっているのでしょうか。

なんだか嫌な予感がしますが思い出してみましょう。トンボのごはんって、なんでしたっけ……そう、確か「蚊や虻、蛾、小さな羽虫、アシナガバチや時にはオオスズメバチ」です。

これが増える。

ぎゃあああああ。

日本中、特に水辺が少なく、涼しい木陰や草原に乏しい都会は、暑さが苦手な個体が多く、繁殖に広いフィールドを必要とするトンボにとってはまさに鬼門。代わって街中で勢力を伸ばしてきているのが蚊や蠅といった小さな虫達です。

トンボにとっては種の存続に関わるレベルの地球温暖化も、彼らにとっては生息域を広げる絶好のチャンス。空き缶やバイクのシートなどに溜まった雨水などでも簡単に孵化し、短期間で成虫になる事ができます。

このようにトンボと蚊の生息域が大幅にずれたことによって、ボウフラにはヤゴが、蚊にはトンボが補食者となってバランスを保っていた昆虫界の生態系が崩れ、トンボが激減→蚊が大繁殖した結果、昨今の「庭や公園にいるとすかさず蚊に食われる」現象に通じているようです。言われてみると、最近はちょっとした植え込みなんかにも蚊がいますよね。

この夏は、ヒトスジシマカなどが媒介するデング熱の感染報道や、神経系に作用する強い毒を持つセアカゴケグモ、日本国内で死亡者が急増しているSFTSウィルスを媒介するマダニなど、世間は人間にとってあまり有り難くない虫のニュースで賑わいました。

しかし、もし日本の各地で今でも普通にトンボの黄昏飛翔が見られるような環境があったならば、これらの人間にとっては危険な、しかしとても小さな生き物が、これほどまでに人々の耳目を騒がせる事はなかったかも知れません。

トンボは秋津虫、日本を象徴する虫だと述べましたが、彼らがこの島において果たしてきた役割は、単に日本の象徴的な虫であるという以上に重要なものでした。

彼らが自由に飛び回り、つがいを見つけて産卵できる場所が増える事、それが激減したトンボを現代に呼び戻す方法であるとされています。

日本の雅名、古く美しい「秋津」の名を冠したトンボがもう一度日本の空に戻ってくること、豊かな秋の島の秋の空に、日本の原風景、彼らの黄昏飛翔が再び復活することを願ってやみません。

鈴木晶・記

スポンサーリンク

当サイトの執筆陣の一人、恵美嘉樹さんの最新作は「アキツシマの夢」。日本史とトンボがつながる深い意味があるんですね。





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.