日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 伊達家

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター? 毒殺を企てた鬼母イメージは終了です

更新日:

昨今、最上義光の評価が回復しております。

そうなると最上ファンとしては、義光がこよなく愛し頼りにした、彼の妹・義姫も評価を上げて欲しいと願ってやみません。
しかし彼女については
「妹は無理! だってあの人でしょ」
と即座に拒絶反応される方も少なくないでしょう。

なぜなら彼女は
「息子の伊達政宗を毒殺しようとしたじゃない!」
というワケで、真っ先にこのマイナスイメージが浮かびがちです。

が、ご安心ください。
現在では毒殺事件そのものが捏造とみなされており、義姫についても再評価が始まっております。
彼女は決してエゴを前面に出して無茶するのような人物ではなかったのです。

最上義光タテ

義姫の兄・最上義光像/photo by 長月七紀

【TOPイラスト】富永商太

 

毒殺事件でキャラが立ちすぎた義姫

そうはいっても、義姫といえば毒殺というイメージが定着しています。

大河ドラマ『独眼竜政宗』の名場面として母の毒の膳を口にした政宗をあげる人も多いです。義姫がゲームに出てくる時は険しい顔で毒を使うキャラにされたりしています(『戦国大戦』等)。さらに彼女の人格そのものが、毒殺事件から逆算したものとして扱われます。

よくある義姫像はこんなところでしょう。

  • 敵対した最上家から送り込まれた女スパイ的役割を果たしていた
    →最上家と伊達家は、必ずしも敵対していたわけでもありません。戦国大名夫人は実家と婚家を橋渡しする役目もありますが、それはむしろ当たり前のことであり、異常で卑劣なことだと考えるのは無理があります
  • 最上義光から夫を暗殺するよう密命を受けていた
    →荒唐無稽もほどがあります
  • 長男の政宗を溺愛するも、産んだ直後引き離され乳母に預けられ、自ら育てられないことを悔しがる。そのため次男は手元で育てた
    →当時の大名夫人は一部例外をのぞいて乳母が育てることは当然。現代人の感覚から逆算した人物像です
  • 醜くなった政宗を憎んだ
    →毒殺事件から逆算した以外、根拠不明
  • 政宗の冷酷なふるまいは母譲りの血
    →最上家の者が冷酷であるという根拠が薄弱(むしろ伊達家の方が、父子喧嘩ばかりしている濃い背キャラクターの当主が多いのですが)

どれもこれも、冷静に考えてみれば荒唐無稽で無茶苦茶な人物としか言いようがなく、思わずどうしてこうなったとツッコミたくなります。そもそもこんな悪女であれば、成敗されるか離縁されて実家に送り返され尼にでもさせられるのではないでしょうか。こういったフィクションで流布している人物像は、あくまでお話としていったん忘れて頂きたいと思います。

あのドラマのあの場面も、あの漫画のあの場面も、全部嘘なのかと愕然とする方もいるかと思います。

でも、嘘です。忘れてください。

毒殺事件は実のところ、当時の史料では記録がはっきりと残っていません。登場するのは『伊達治家記録』で、事件が起こったとされる時から一世紀近く経って編纂されているものです。仙台藩がいかに自分たちの先祖は立派であったか示すために記録したものですから、誇張をまじえた記述も見られます。信憑性については疑問符のつく記述もありますので、そのまま全て真に受けることはできません。

今回は政宗母ちゃんのお話です(イラスト・富永商太)

今回は政宗母ちゃんのお話です(イラスト・富永商太)

 

スポンサーリンク

義姫は有能なネゴシエイター

それでは史実での彼女はどんな行動をしたのでしょうか。

戦国時代の女性となるとどうしても史料が不足し、人となりはわかりにくいものです。義姫もまたそうですが、例外的に彼女の行動や考え方について、比較的詳細に残っている出来事があります。

その出来事とは、嫁ぎ先である伊達家と、実家である最上家が対立した天正16年(1588年)大崎合戦です。この合戦において、義姫が輿で乗り込み仲裁したというものです。大河ドラマ『独眼竜政宗』でも印象的な場面ですし、これまたゲームでカード化されてもいます(『のぶニャガの野望』義姫ニャン宝)。

「そうかぁ、実家と嫁ぎ先の争いを見たくない平和を愛する女性だったんだね!」

ちょっと待ったぁ! その理解も不十分です。

従来、義姫のこの行動は親族同士の争いを見たくないから強引に止める、女性ならではの挺身行為とされてきました。しかし、史料を丹念に見ていくとそれとはちがった「交渉人」としての顔が見えてきます。

 

スポンサーリンク

東北名物! 大げさでめんどくさい親戚同士のもめごと・大崎合戦

 義姫が交渉人として活躍した戦いといえば、まず大崎合戦があげられます。そもそも大崎合戦とは何か。まずWikipediaをみますと、

大崎合戦(おおさきがっせん)とは、天正16年(1588年)に起きた伊達政宗軍と大崎義隆・最上義光連合軍との戦い。

とあります。本記事のメインは義姫ですので、詳細は各自調べていただくとして、対立構造は以下の通りとなります。

伊達政宗:大崎家臣の氏家吉継を支持
最上義光:大崎義隆(義光の正室兄)を支持

この合戦がつかみにくいのは、両者ともに狙いがよくわらない点です。積極介入して大崎を支配下に置く野心的戦いというよりは、親戚のごたごたに引っ張り込まれたような感じと言いますか。両者とも、支持する相手から「揉めているので助けて!」と頼まれて腰を上げています。

このあたりが東北戦国史の厄介なところです。

他の地域と同じように考えていると混乱します。東北は他地域と比べて「ゆるい」のです。互いを不倶戴天の敵と見なし、滅ぼすまで戦うような殲滅戦は戦国時代においてすら、あまりありません。東北地方は寒冷であり、冬期間は軍事行動を休むこととなります。実質的に一年間のうち、戦うことができるのは半年程度です。根性で無理矢理雪中行軍をする例もありますが、あまりよい結果は得られません。

また東北大名は、ほぼ皆親戚同士という点も重要です。

これは子だくさんだった伊達稙宗(政宗の曾祖父)や晴宗(政宗の祖父)が、片っ端から娘を近隣大名に嫁がせたことが原因です。これに限らず伊達家は血縁者を他家に嫁がせる、養子として送りこむことで影響を与えてきており、軍事力だけではなくハプスブルク家のような血縁力で、東北において力を保ってきておりました。

こうした状況があるため、最後には「まあまあ親戚同士なんだから、滅ぼすようなことはやめてこのあたりでやめましょう」と手打ちすることになりがちです。

さらにこの合戦の時期にご注目を。

小田原の陣まであと二年です。天下の流れからは遠い東北の地とはいえ、アンテナをはりめぐらせている大名は、中央の情勢をキャッチしていました。そろそろ豊臣秀吉のもと、天下はさだまるかもしれないと読む者もいた、ということです。

と、前置きが長くなりましたが、ここでこの対立構造を再度見てみましょう。

伊達政宗:大崎家臣の氏家吉継を支持←奥羽第一の大名面子としては、なんとか話しまとめないとな〜……めんどくさいけど、まとめれば大崎家を支配下におけるかもしれないし

最上義光:大崎義隆(義光の正室兄)を支持←義兄の頼みは断れないよな〜めんどくさいな〜

と、伊達と最上は大崎合戦に対してめんどくさい気持ちがあった、特に最上義光はあまり積極的ではなかったのではないか、と思われるのです。

「親戚の頼みが断れないなら、別の親戚にやめるよう言われたらいいじゃない!」

と、義光が考えたかどうかは断言できませんが、こう考えてもおかしくはない状況でした。

そんな中、我が子政宗と兄・義光の苦境に立ち上がったのが、妹の義姫なのでした。

 

家族の危機にゴッドマザーが立ち上がる!

そんなややこしい状況下、義姫が立ち上がった状況が各種書状からわかります。前述の通り、ここでフィクションにあるような「輿にのって陣に居座る頑固な母、これには政宗も苦笑い」という印象は捨てて頂きたいと思います。

まず状況として、輿で車中泊して八十日間も屋外に居座れるとは思えません。寝泊まりが出来る小屋があり、侍女たちや護衛が随行した状況と見てよいでしょう。そうです。この交渉では何と義姫は八十日、三ヶ月近くも粘ったのです。

さらに義姫は政宗に無断で交渉したわけではありません。片倉小十郎景綱と書状のやりとりをしており、政宗の意向は景綱経由で義姫に伝わっていました。当時から伊達成実のように「義姫はどうせ最上の便宜を図っているのではないか」と思う者もいましたが、義姫は書状を読む限りでは伊達側の意向を最上側に承諾させるよう動いていたと思われます。

また、当時義姫の侍女の中には、景綱の姉にあたる喜多(少納言)がいました。喜多は政宗を饗応に招く等、信頼の厚い女性でした。この大崎合戦においても喜多は義姫に随行していたようで、片倉姉弟とともに義姫との間に深い関係があったのです。

ただし成実の考えが邪推であるとは言い切れない部分もあります。それというのも、最上義光の書状を見ると義姫が伊達側の書状を義光に見せていたという記述があるからです。これからも是非見せてくれたらありがたい、と義光は義姫に頼みこんでいます。

義姫はこのように、双方と情報のやりとりをし、またある程度彼女自身の裁量で交渉を行うこともできていたのです。それだけ信頼があつかったといえます。聡明で、粘り強く、交渉力に長け、自分の意志をはっきりと通し、周囲から信頼される、しっかりした女性像がそこにはあります。

天正十六年七月、義姫の奮闘の甲斐もあって、両者の和睦は成立しました。前述の通り、時は豊臣秀吉の天下統一へ向けて時を刻んでいます。最上義光は、書状では「妹がごねるから和睦してやった」と言い訳がましいのですが、本音は早めに切り上げることができて助かった、というところでしょう。政宗もまた、ややこしい問題の片が付き、宿敵である蘆名攻めに集中できたので、大いに助かったことでしょう。

 

大人になってからママからお小遣いなんて……政宗さんたら

このように我が子と兄を助けるしっかり者の義姫ですが、思わぬ悲劇に巻き込まれます。天正18年(1590)、次男の小次郎を失います。くどいようですが、この政宗の小田原参陣前夜に何かがあったことは確かですが、毒殺事件そのものは捏造とみなしてよいものです。

フィクションですと義姫はこの頃実家に出奔しますが、史実では伊達家の居城となった岩出山城に留まります。上洛した政宗は、しばしば母に書状と贈り物を届けました。朝鮮出兵時にこの母子がかわした書状のやりとりは有名です。母は我が子に和歌とおこづかいを送り、子は母に朝鮮で探し回った珍しい貴重な生地を送りました。さらに政宗は、手紙の中で築城の様子も報告しています。佐藤憲一『伊達政宗の手紙』に詳細が記載されておりますので、気になる方は是非お読みください。

この母への手紙を読むと、義姫と政宗の仲が悪かったなんてとんでもないということがわかるかと思います。毒殺事件があった直後に、こんな手紙のやりとりがあるだろうか、誰しも疑問に思うはずです。

現代におきかえてみてください。20代の青年が海外出張時に母からおこづかいを送金してもらい、「同僚の誰にも負けないプレゼンができたよ」と報告し、何軒もブランドショップを周り最高級の品を見つけ母親に贈っていたらどう思いますか。親思い、でとどまりますか。「ちょっと引くレベルのマザコン……」となっても仕方なくはありませんか。正直なところ筆者は、お土産探しのくだりで政宗ってどんだけ母親が好きなのだ、とちょっと引くというか驚くというか、複雑な気持ちになりました。

義姫と政宗のプレゼントと書状のやりとりは、このあとも続きます。それが途切れたのは文禄3年(1594)冬のことでした。理由ははっきりとはしませんが、政宗留守中の岩出山城において、義姫は伊達家臣との間で何らかのトラブルがあり、それに腹を立てて実家に戻ってしまったようです。

理由も状況もはっきりしませんが、気に入らなければ実家にさっと戻る義姫は、なかなか自己主張するタイプなのではないでしょうか。

 

最上家存亡の危機! そのとき、義姫が動いた

岩出山から産まれ育った山形に戻った義姫は、兄・義光の配慮によって悪戸、南館の館で静かに暮らすこととなりました。その間、息子の政宗と兄である義光は、京都で豊臣政権が衰退する中を生き抜いていました。この二人とも文禄4年(1595)の豊臣秀次切腹事件に連座し、義姫にとって姪にあたる駒姫は幼い命を散らしました。

それからさらに五年後の慶長5年(1600)秋、義姫はまたしても合戦に直面することとなります。今度は大崎合戦とは異なった意味で、最上と伊達を結びつける役目こととなったのです。

大崎合戦とはちがってこの北の関ヶ原こと長谷堂合戦は、かなり有名なのでくどくど説明することもないかと思いますが、単純化すると図式はこうです。

西軍:上杉景勝 VS 東軍:伊達政宗&最上義光

結果的に西軍の上杉勢が最上領に侵攻したのですが、当初は逆でした。上杉討伐ということで、徳川家康率いる東軍が会津の上杉を攻めるはずだったのです。義光は領土をめぐる遺恨もある上杉景勝を叩けるということで張り切っていたはずですが、石田三成の挙兵を受けて家康はUターンしてしまうわけです。

こうなると景勝はどうすべきか? 家康と戦うのならば、背後にいる伊達と最上をまず片付けねばならない。かくして最上領に攻め入るわけです。人生最大のチャンスが一転、最悪の危機に……。義光に選択の余地はほぼなく、結果的に上杉と戦うこととなるわけです。

一方、政宗はどうだったのでしょうか。

 

景綱「最上の援軍要請なんて断れば二つの国が取れます」

『伊達治家記録』には、政宗と片倉景綱の会話としてこのようなものが記録されています。

景綱「最上の援軍要請なんて断ればいいんです。上杉が最上を滅ぼしてから、我々が上杉を滅ぼせばよいのです。そうすれば一石二鳥、二つの国が取れます」

政宗「最上とは長年仲が悪いからってそんなわけにはいかないよ! ひとつは家康公のため、そしてもうひとつは母上のために、最上を見捨てるわけにはいかないじゃあないか!」

実に綺麗な政宗ですね。これも『伊達治家記録』ですので、政宗クリーンアップ作戦がなされたやりとりと見てよいかと思います。

片倉景綱は「最上を倒した上杉を伊達が倒せばよい」といとも簡単に言っておりますが、当時120万石を越える石高の上杉、ましてや最上までくだした相手に、伊達がそう簡単に勝てたとは思えません。むしろ伊達と最上が手を組めば上杉に何とか対抗できるけれども、単独で当たるのは無理というのが現実的な落としどころだったと思います。

気になるところはもうひとつあって、政宗が当時そこまで熱心かつ真面目に家康に味方する気があったか、疑問の残るところです。

そうしたことはさておき、ここでこの部分をもう一度読み返しましょう。

「母上のために、最上を見捨てるわけにはいかないじゃあないか!」

この言葉も、毒殺事件が事実だと信じていれば「あんな酷い目にあった政宗なのにえらい」と感動出来るのですが、今にして思うとそうでもないかもしれません。さらに政宗に関して厳しいことを言ってしまうと、人質にとられた父を射ち、家の安定のために弟を斬っているとも言われているわけで、そんな彼でも母だけは見捨てられなかったのか、とも言えるかもしれませんね。

しかし、今回の主役は政宗ではなく、あくまで義姫です。ここでは最上家未曾有のピンチにおいて、伊達の援軍を取り付けた彼女の手腕についてみてみましょう。

 

留守政景、兄嫁の手紙攻勢にあう

直江兼続率いる上杉勢に攻め入られた最上義光は、嫡男・義康を使者として派遣し、伊達家に援軍を要請します。義康は政宗にとってはいとこにあたり、面識もあったでしょう。当主の嫡男を使者に出すということは、最上側はかなり真剣に援軍を要請しています。

その結果、伊達家から派遣されたのは留守政景でした。政景は輝宗の弟にあたり、政宗にとっては叔父にあたり、義姫にとっては義弟にあたります。

しかしこの伊達からの援軍は、政宗から「あくまで慎重に様子をみて。深入りはしないように」と釘を刺されていたのです。そのため、政景の動きはどうにも鈍く、最上側を苛立たせるのでした。

そんな政景に、義姫から手紙攻勢が続くことになります。

「とにかく早く早く、急いで急いで、本当にすぐに来て欲しいのです」

「急いでください。義光は相手にも都合がある等と口では申しておりますが、本音はともかく一刻も早く来て欲しいと思っています。急いでください。今日の昼までには来て下さい。一刻も早く来てください。遅れるのはあなたのためにもならないと思いますよ」

こんな文面が、真夜中の四時だの、早朝六時だのに書いたと記載の上で届きます。さらには、

「あなたと私の仲ですから、義光の前だからって遠慮なんかしないでくださいね。義康はまだ若いから失礼があったらごめんなさいね。あなたのご家族はお元気ですか? 多利丸ちゃん(政景の子息か?)もきっと大きくなったでしょうね。様子を聞きたいものです」

と、どんどん距離感を縮めてきます。子供のことまで持ち出すとは、親戚のおばちゃんそのものになってきました。これは断りづらいです。

 

政宗や義光の顔を立てながら要求を通す柔軟さ

最上勢絶体絶命の危機は、徳川家康が関ヶ原で勝利したことによって、やっと脱せられます。このときの直江兼続の撤退戦は有名です。勝敗が結したあとも、最上軍には厳しい戦いが待っていました。

政景は役目を終え帰ろうとしますが、またも義姫から手紙が届きます。

「帰陣されるって本当ですか? 決着はついたからそれもそうだとは思いますけれども、まだ一戦ありそうなんですよ。ちゃんと見届けてからお帰りになってもよいではありませんか。義光も本音ではそう思っています。私にそう相談してきました。でも、あなたにとどまって欲しいというのはあくまで私に考えです。もう数日留まって、落ち着くまで戦った方が政宗の覚えもよいかと思いますよ」

このような義姫必死の懇願を受けた政景は、直江兼続撤退後も山形に留まりました。

かくして義姫の実家は最大の危機を逃れたのです。この戦いで最上家が踏みとどまれたのは長谷堂を守り抜いた志村光安らの活躍もあります。しかし、伊達からの援軍を急かし、とどめた義姫の功績もあると言えるのではないでしょうか。

そしてここで注目したいのが、義姫が義光、政景の顔を立てることに気を配っている様子です。早く援軍として来て欲しい、滞在して欲しいという願いを、あくまで「義光は本音ではそう思っているけれども、それを頼むのはあくまで私の意見」としています。義光の言いにくい本音を、「義姫の意向」という体裁で伝えているわけです。

また政景にも、「最上父子との間は私が取り持つ」と伝えています。「私の意見を聞いたら政宗や義光からの受けもよくなるなず」とメリットも示しています。

大崎合戦の時も今回もそうですが、義姫は相手の顔を立ててうまく立ち回ります。男同士ならプライドが邪魔をして角が立ちそうなところにさっと入り込み「まあまあ、ここは私の言うことも聞いて!」と、場をおさめているのです。こんなことができるのも、彼女が柔軟でかつ信頼を寄せられる人物であったからでしょう。

 

政宗はやはり母が大好きだった

義光の死後、最上家は幼主のもとで混乱に陥り、改易となります。政宗は年老いた母を引き取り、暖かい場所に屋敷をつくるとそこに住まわせたと言います。

現在でも仙台に残る保春院は、義姫の位牌を安置するための寺です。亡き母を供養する政宗の姿は実に愛情深く、印象的です。だからこそ『独眼竜政宗』のサブタイトルに「母恋い」と使用されたり、義姫出てきたりするのでしょうね。

が、しかし!

この「母への愛」は前述の通り「毒殺未遂があっても子は母を慕うもの」という屈折したものとしてフィクションでは解釈されます。

ここを改めましょう。

政宗にせよ、夫の輝宗にせよ、兄の義光にせよ。彼女を敬愛していたのは、彼女が魅力的だとか家族だからとか、そういう理由もあったにせよ、何よりデキる女で、かつ献身的にテキパキとやるべきことをしっかりこなす人物であったからだ、と。

今こそ『伊達治家記録』以来の鬼母像は捨て、素顔の彼女を見て、そして評価しましょう。彼女の名誉回復につながるだけではなく、その活躍ぶりは戦国時代の女性のあり方、活躍ぶり、家同士をつなぐ役割を示す好例となります。男たちが血を流す一方で、女たちも汗を流し、様々な交渉に挑んでいたのです。

有能な戦国の女性像としての義姫を、是非世間にも広く知っていただければと思います。

記:最上義光プロジェクト
(@mogapro http://samidare.jp/mogapro/

【関連記事】
最上義光「名将の証明」 波乱過ぎる69年の生涯は伊達~豊臣~徳川の間で揺れ続けた
東北の関ヶ原・慶長出羽合戦とは? 直江兼続率いる上杉家VS最上家に伊達政宗も参戦!
最上家の名将・鮭延秀綱! 勇猛、実直、清貧ながら御家騒動を長引かせて改易
戦国一悲運の美女・駒姫 顔すら見たことない夫・豊臣秀次の連座で処刑される
名君・最上義光の血を濃く(?)引く山野辺義忠とは? お家騒動に巻き込まれながら水戸で復帰
「水馬鹿」と呼ばれた北楯利長~庄内平野に「北楯大堰」を築いた65歳の最上家家臣
悪屋方こと大宝寺義氏の最期! デキる男・鮭延秀綱を巻き込みながら東北の徒花となる

スポンサーリンク

主要参考文献:





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-週刊武春, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.