日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 寺社・風習

伊勢神宮への参拝で日本人なら知っておきたい7つの秘密【2017年版】

更新日:

伊勢神宮は、正式には「神宮」と呼びます。
神宮は一つの社だけを意味するのではなく、二つの相並び立つ「内宮」(皇大神宮)と「外宮」(豊受大神宮)の2社を中心に、別宮、摂社、末社、所管社を含めた125社からなっています。八百万の神々が具現化したような聖地なわけです。

通常の参拝方法としては、まず食の神様豊受大御神(とようけおおみかみ)を祭る外宮から参拝し、次にバスなどにのって、天皇家の祖先神であり太陽神のアマテラス(天照大御神)がまつられる内宮を参拝します。
とはいえ、とくに年末年始に両社を移動するのは大変ですので、多くの方は内宮のみという選択のようです。そのため、内宮の参道であるおはらい町にあるおかげ横丁は日本有数の観光地となっています。
江戸時代以来の伊勢まいりの賑やかさと一転して静寂な境内を訪れることで、ふつうの神社以上にとても清々しい気分になれるのです。

 

【初詣の参拝可能時間2017年版】

2017年は酉年。内宮には神域に聖なるにわとり「御神鶏」が放たれています。この鶏にあえればさらに幸運になれそうですね。12月31日(16年)~4日までは24時間参拝できます。5日は午後10時まで、6~8日は午前5時~午後10時、9日以降は午前5時~午後6時です。
問い合わせは神宮司庁(0596・24・1111)へ。

おはらい町にある観光施設「おかげ横丁」

おかげ横丁の営業時間は午前9時半~午後5時です。ただ12月31日から1月1日午後7時半までは終日営業になります。問い合わせはおかげ横丁総合案内(0596・23・8838)。

【アクセス】

JRもありますが近鉄が名古屋方面から大阪方面からも便利です。自家用車もまわりに駐車場(有料)がありますが、年末年始や週末はとくに内宮への道は1車線に規制(1車線はバス専用)になり、渋滞の列にはまると戻ることもできなくなります。
そのため、比較的空いている外宮の周辺の有料駐車場に車を置いて、外宮と内宮はシャトルバス(有料)で移動することをオススメします。
外宮=近鉄伊勢市駅下車徒歩5分。
内宮=宇治山田駅か五十鈴川駅下車でバスで内宮前へ。

伊勢神宮では2013年10月2日、内宮で20年に一度の式年遷宮が行われました。この2日夜に行われたのは7年間にわたる式年遷宮の数々の儀式のクライマックス。ご神体(天照大神)が古い正殿から新しい正殿へと遷られる「遷御の儀」です。盛り上がった式年遷宮の流れを受けて2016年5月に、伊勢志摩サミットが開かれ、各国の首脳が伊勢神宮に参拝しました。

この日本人の誇りである伊勢神宮について、歴史作家の恵美嘉樹氏が歴史的・考古学的な見地から浮かび上がった7つの秘密をご紹介します。

伊勢神宮五十鈴川

 

スポンサーリンク

その1 アマテラスの父母が祀られていなかった

伊勢神宮の神様はアマテラス。彼女のお母さんは、日本神話で有名なイザナギとイザナミ(兄妹婚)です。

アマテラスが神宮の主神である以上、当然、有名な神様である父母だってまつられていて不思議じゃない。なのに、ずーっとご両親は無視されてきたのです。

そしてとうとうご両親キレました!
772年(宝亀3年)8月6日に、伊勢のイザナギ・イザナミ神(および弟の月読神)が祟ったのです。続日本紀によると、異常な風雨で樹木を根こそぎにされ家屋が倒壊したとあるので、おそらく伊勢湾台風級の台風被害だったのでしょう。
そこで、朝廷はあわてて、イザナギ・イザナミを官社(朝廷直轄の神社)としてお祭りすることになったのです。

伊勢神宮月読宮

なんで、そんなことが起きたのかというと、もともと伊勢神宮の神様は「アマテラス」と呼ばれていたかも定かでないけど、神様の中でも別格の神様でした。
その「別格神様」を、飛鳥時代の律令制(国際化)にあわせて天皇家の祖先ということにしたことでできたスキマだったと考えられます。

「もともとのイセの神様」(別格すぎてお父ちゃんやおかあちゃんはいない)+「天皇家で一番偉い神アマテラス」(天皇家の神々でも別格だけど、父ちゃん母ちゃんはいる)=「伊勢神宮のアマテラス」
と合体したときに、父ちゃん母ちゃんを忘れてしまっていたということですね、はい。

 

スポンサーリンク

その2 伊勢神宮にも付属の仏教寺院があった

神宮寺と聞くと「サクラ大戦」のヒロインや「リク」の悪者を思い出すのですが、それはともかく、明治時代以前は、有名な神社と仏教寺院はほとんど同居していました。神社の境内などにある神社付属寺院のことを「神宮寺」と呼びます。
それを神仏習合というのですが、でも神社オブ・ザ神社の伊勢神宮だけは、そんな「不謹慎な」ことはなかった、、、はず。

ところが、先の772年の記事にも「伊勢神宮寺を移転した」とあるように、奈良時代には、神宮寺を持っていたのです。

しかし、平安時代になって「あれ? ちょっとおかしくない」という矛盾に気付いてきて、820年にできた法規集「弘仁式」で、伊勢神宮も「ちゃんとしよう」ということでマニュアル(伊勢太神宮式)が作られます。あわせて、この頃、「仏」や「塔」など仏教に関する言葉は伊勢神宮においては禁忌(タブー)とする「神宮忌詞(いみことば)」ができ、仏教は排除されます。

神宮への勅使に任命された貴族は、選ばれたその日から仏教儀式をすることは禁止。僧侶や尼との接触も禁止されます。

「伊勢神宮はもっとも早く神仏習合が始まり、もっとも早くなくなった神社なのである。(略)現存する儀式帳には神仏習合をうかがわせる記述はまったくなく、むしろ神仏分離の成果報告として提出を義務づけられたのではない、と思わせるほどである」(105ページ、榎村寛之『古代の都と神々』吉川弘文館、2008年)

との、三重県立斎宮歴史博物館学芸課長(当時)の指摘もあります。

一度は、”廃仏毀釈”した伊勢神宮ですが、平安時代もおわりになると、日本社会として神道=仏教の一体化が進むために、仏教排斥は緩くなっていきます。

儀式としての廃仏は続行しますが、東大寺の復興に全国を飛び回った重源が東大寺再建祈願のために僧侶60人で参拝したのをはじめ偉いお坊さんたちもたくさん伊勢をお参りしています。(重源さんの場合は、さすがに60人の僧侶団体参拝はまずいと、外宮では深夜に、内宮では2、3人に分かれて参拝したそうです)

中世末期の絵図には、境内にお寺も見えます。(45頁、岡田ほか編『事典 神社の歴史と祭り』(吉川弘文館、2013)

仏教強し……。

 

その3 おさいせんを投げてはいけません

内宮への参道。中におさい銭入れはありません。遷宮以来、みんなが投げ入れるので脇に「箱」が置かれるようになりました

伊勢神宮を初めて訪れた人は、正殿への階段をのぼり、いざ!というときに肩すかしをくらうことが多いかもしれません。

正殿の前には、「おさい銭箱」がないのです。

伊勢神宮の最も重要な規定は「私幣禁断」。つまり、個人的な願いをかなえようと手を合わせてはいけません、ということ。
今年、式年遷宮する出雲大社が「恋愛の神」として女性に人気なのとは大違いです。

わりと有名な「禁止事項」ではありますが、具体的にはどのようになっているのでしょう。
平安時代にできたマニュアル「伊勢太神宮式」では、「天皇以外の者が奉幣すること」が禁止なのです。つまり、つまり、そもそも、われら民衆が参拝することすら本来はまかりならなかったのです!ひぇーーー!

幣というのは、神様への貢ぎ物(プレゼント)。恋愛関係にたとえれば、1億人のアイドルアマテラスではなく、天皇とオンリーワンの関係を結ぶ深窓の令嬢といったところでしょうか。

とは言っても、パトロンである朝廷の力が落ちていくと、(神様はともかく)そこに仕える神職らの生活を支えるために、ある意味で伊勢神宮で最も重要な規定は、形骸化されて、今にいたるのです。
ですので、せめて一番奥の正殿に手を合わせるときは、「世界平和」など個人的ではない願いを祈り、恋愛成就などの私的なお願いは、神楽殿やほかの摂社などで頼みましょう。
おさい銭箱がない、つまり、アマテラス様に直接プレゼントできる権利は、いまも一般には公開されていないのです。

内宮も外宮も白い敷布が敷いてあって、そこにはおさい銭がちらほら見られますが、あれは、だめと言っているのに、おさい銭を投げ込むやからがいて、お金が地面に接触して聖域が穢れてしまうのを防ぐための「防御装置」です。

これから参拝する人は、絶対にお金を投げてはいけません。(遷宮後にはあまりにもおさい銭を投げる人が多いので、向かって右側に仮設のおさい銭箱が設定されています、せめてそちらに入れましょう)

 

 その4 天皇が伊勢神宮を参拝したことはなかった

天武天皇(Wikipediaより)

意外かもしれませんが、実は江戸時代までの歴代の天皇で伊勢神宮を参った天皇はいませんでした。。。なんと、初めて参拝したのは明治天皇だったのです!

廃仏毀釈をはじめとする明治時代の「国家神道」というものが、いかに日本本来の歴史と伝統からかけ離れた「作られた伝統っぽい文化」だったことの証拠のひとつです。

伊勢神宮が、アマテラス大神をまつる国家第一の神社として存在したことが、歴史上間違いなく言える、ぶっちゃけ言うと、「日本NO1の伊勢神宮を創設した」のは、飛鳥時代末の天武天皇と考えられています。

日本書紀によれば、雄略大王の時代から王女が「伊勢大神」の祠に侍する慣行のあったことが知られるが、しかし、歴代の倭王ないし王族のなかで、「天照大神」を拝したのは大海人皇子=天武天皇が最初であった。 「伊勢大神」は「伊勢の神」であるのに対し、「天照大神」は「高天原の神」であった。

「天照大神」の出現は、「伊勢大神」からの移行ではなく、新しい神の創出である。「日神」と「天照る大神」との類似性はあるが、しかし「日神」の自然神としての正確は、捨象され、人格神としての装いをもった「天照大神」の出現であった

と、九州大名誉教授の田村圓澄さんは『伊勢神宮の成立』(115p、吉川弘文館、1996、2009年再刊)の中でずばり指摘しています。

天武の妻の持統天皇は、伊勢へ旅行(行幸)しているのですが、あえて伊勢大神をお参りしなかったと明記されているくらいです。神様の性格を政権の都合で「変更」してしまったのですから、そんなところにいって、「元の伊勢大神」が怒って、たたられたらたまらんと思った回避行動だったのかもしれません。

伊勢神宮皇大神宮

 

その5 伊勢神宮の地は、「ヤマト」の発展から取り残された地域だった

と、表題のように言い切るのはガクブルなのですが、「釣りタイトル」としてご勘弁を。なにをもって取り残されていたかというと、考古学的にみると、伊勢神宮のある南伊勢という地域が、ヤマト=古墳文化が広がるのが全国的にみても遅い、ということです。

古墳(前方後円墳など)というのは、3世紀中頃にヤマト(奈良県)で確立して、大仙古墳(仁徳陵)などができた絶頂の5世紀には、ほぼ日本列島中くまなく広がるのですが、伊勢南部については、「南勢地域の古墳文化が目立ち始めるのは更に遅れて六世紀以降のことである」(116ページ、榎村寛之『伊勢神宮と古代王権』筑摩書房、2012年)となります。

出雲大社のある出雲が、弥生時代からのちのヤマトや北九州に匹敵する高く広大な文化圏を広げていたのとは対照的な「歴史の空白ぶり」なのです。

だれが「文化の後進地区」だった南伊勢を、神道文化の頂点の地にしたのか?
古代史の最大のミステリーといえるかもしれません。伊勢神宮は大中臣氏がずーっとコントロールしています。中臣氏というのは、藤原氏の母体ですから、藤原不比等あたりかな~と安易に考えますが、「なんでも藤原謀略論」に与するのもなんなので、想像はここらへんにしておきます。

 

その6 アマテラスに仕える巫女「斎王」は永遠に処女なのか?

斎宮のあった三重県明和町では毎年、斎王さまを再現(明和町観光サイトより)

斎王というのは、「さいおう」と呼びまして、伊勢神宮につかえる皇女のことをいいます。
繁栄した都から、魚や赤福(まだないって)がおいしいといってもデスコもクラブもない伊勢へ、独身の身で行くのはつらいことだったでしょう。
漫画やドラマの題材にもなっている斎王ですが、その悲劇性が強調されるのは、神につかえる巫女なので、その間は結婚できない、という点です。

飛鳥時代に父の天武天皇から「お前、斎王なってこい」と命じられたのが、大伯皇女(おおくのひめみこ)です。斎王になったのは、14歳。そして12年後に帰京します。26歳というのは、現在ならピチピチもピチピチなギャルですが、当時は完全に婚期を逃しています。でも、まだセーフな年で帰京できた(した)のは、むしろ背景には悲劇があったのです。

大伯皇女は、天武死後に謀反の疑いで処刑される大津皇子のお姉さんです。
弟がこっそりと伊勢の姉に会いに来たことがありました。シスコンなんですね。たぶん、ヤマトタケルが斎王だった姉のヤマト姫(草薙の剣をもらった)にならって、天武後の後継者争いについて相談しにきたのでしょう。でも、姉はわたす剣もなく、泣く泣く帰らせるのです。で、その後、弟はアボーン。

この弟の謀反に連座という形で、皇女も斎王を解任され、都へ戻ります。その時に歌ったのが
<ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり超ゆらむ>(万葉集の巻2―106)
複数でも大変な伊勢―大和間の山道を、たったひとりで越えてきたのか、かわいい弟よ、うわーーーーーん(現代語超訳)

ともかく、斎王に選ばれると、青春時代の多くを男と恋愛なくすごすことになります。とはいっても、任期はだいたい数年から10年くらいというケースが多かったようです。そのため、斎王を務めたあとに結婚した人もたくさんいます。

聖武天皇の娘、井上内親王。斎王後に、のちの光仁天皇となる皇族と結婚。玉のこしハッピーエンドとなりそうですが、なぜか天皇となった夫をのろい殺そうとしたとして、「離縁」され、幽閉されて殺されています。のちに怨霊となっています。。。

桓武天皇の娘、朝原内親王。斎王は18歳で終了。平城天皇(桓武の息子、つまり兄妹婚)と結婚しています。でも、平城天皇は「おれの妹がこんな斎王なはずはない」と無視して、藤原薬子という「悪女」とよろしくやって、薬子の乱とか引き起こします。

斎王の女性は結構、波乱万丈ですねぇ。。。まるで波乱万丈の女神アマテラスの生き様を体現しているかのように。。。

 

その7 正殿の高床式は弥生文化なのか

瑞穂の国の人だもん。稲作が本格的に普及したのが弥生時代、その米を備蓄するために立てられたのが高床式倉庫。

伊勢神宮の正殿も高床式な「唯一神明造り」なので、たいてい「弥生時代に見られる特徴で、そうした弥生の古式の建築文化が残されている」という説明をされています。
こういうもっともらしい定型文はたいていあやしいところがあるんです。
現代は車社会である。車といえば、もとはアメリカのフォードが作った。つまり、現代の日本は、アメリカ文化である、的な。。。

技術というのは継続されるもので、文化とは別もの。
都出比呂志『古代国家はいつ成立したか』(岩波新書、2012)には、同じ高床式倉庫でも、弥生、古墳、奈良、平安と時代ごとに「大きさ」が異なっているという指摘をしています。たんに「貯める」という要素は同じでも、誰が貯めるかによって、それを必要とした社会の形=文化も違ってくるもの (都出さんは別に、伊勢神宮の正殿とを比較しているわけではありませんが)

伊勢神宮正殿(3間×2間、内宮)の面積は約61平米。これを都出さんがまとめた時代ごとの高床式倉庫の面積の表にあてはまると、見事に「奈良時代」の範疇にピンポイントでおさまるのです。(古い時代はもっと小さい)
これは、ことさら「弥生時代にさかのぼるふるーい伝統建築様式」と強調するのは、ちと誤解をまねくことになるといえます。
弥生時代には存在できないほどの大きさであり、律令国家の奈良時代と同じ面積ということは、神宮の正殿は、飛鳥時代や奈良時代の朝廷が最先端の建築技術を駆使してつくった「最新インテリジェントビル」だった可能性が高いのです。

伊勢神宮正殿前

記・恵美嘉樹(歴史・旅作家)

著書に『日本古代史紀行アキツシマの夢』(ウェッジ)、『日本の神様と神社』(講談社、キンドル版もあり)、『全国「一の宮」徹底ガイド』(PHP)など。
遷宮の伊勢神宮の神アマテラスは卑弥呼、皆既日食と関係あり?
◇戦国で途絶えた式年遷宮を復興したのは織田信長だった


恵美嘉樹の古代史を歩く旅する本。旅行・出張に必携

アマテラスをはじめとする日本の神さまを考古学、歴史の研究成果を踏まえて紹介した本です。電子版もあり

 

スポンサーリンク

今回の記事の参考文献





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-週刊武春, 寺社・風習
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.