日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

週刊武春 欧州

虐殺されたシンデレラ『ドラガの野望』 史実はやっぱり現実であり、憧れ抱く時代じゃない

投稿日:

ハッピーエンドはほぼ不可能?

貧しい家の娘でありながら、王子と恋に落ち、妃に迎えられるシンデレラ。
女性の永遠の憧れと言われたのも今は昔、ディズニーですら王子を待ち続けるプリンセス路線を変更する始末です。

「そもそも美人じゃないとムリじゃん!」
「靴で探すとか、キモッ! 王子って小足フェチ?」
女性目線からだとそんなツッコミもありましょう。

しかし歴史サイトとしては、
「シンデレラはむしろ、ミッションクリア後に待ち受ける困難がハードモードすぎる」
と指摘したいところです。

要は、ハッピーエンドを迎えることはデキない。
なぜなら、そこには8つもの厳しい条件が待ち構えているからです。

1. 王子の身辺はクリーンである。間違っても他に婚約者がいてはならない
2. 舅姑はじめ一族が結婚を認めること
3. 婚姻に不満を漏らす他国や諸侯がいないこと
4. 国民がこの結婚に満足すること。そのためには品行方正で、常に身を慎まねばならない
5. 世継ぎを早急に確保すること。できれば複数
6. 王の寵愛が色褪せないよう目を光らせる。もしそうなってしまったら、自らの息がかかった従順な愛人を用意する
7. されど王の寵愛は適度に保ち、国政を放棄させないようにもせねばならない
8. できれば王の寵愛が衰えぬうちに、自分が先に死ぬこと!

更には、死後、彼女の死を嘆いた王が美しい肖像画でもどどーんと飾り、その前で王と我が子が涙にくれていたら完璧でしょう。

それではこの条件をクリアできなかったら?
残念ながらバッドエンドが待ち受けており、それこそ史実ですと枚挙に暇がありません。

ディアーヌ・ポワティエは王の生前こそ絶大な権力を誇りましたが、庇護を失うと王妃カトリーヌ・メディシスに復讐されました
デュ・バリー夫人は惜しいところでしたが、判断ミスでギロチン送り
ローラ・モンテスは国民に嫌われ、国から追い出されました

この三人はシンデレラと違って王の寵愛を受けた「愛人」ではありますが、仮に正式な王妃ともなれば、さらに悲惨な運命を辿った人もいます。

本稿ではエリザベス・ウッドヴィルとドラガ・ルンエヴィツァ、この2名のリアルシンデレラストーリーを見て参りましょう。

 

スポンサーリンク

プライドが高すぎて愛人にはなれないの

エリザベス・ウッドヴィルは15世紀前半、イングランドに誕生しました。
彼女は苦労人のシングルマザーから王妃にまでのぼりつめた、中世のリアルシンデレラと呼べる女性です。

もともとヘンリー六世の宮廷で、王妃の女官をしていたエリザベスは、結婚し二人の子供をもうけておりました。
しかし時は薔薇戦争の最中のイングランド。
夫はあえなく戦死してしまいます。

夫はランカスター朝に仕えておりましたが、ヨーク朝のエドワード四世が即位すると、敵だと見なされた息子たちは相続権を失ってしまいます。
財産もなく、手元には幼い息子たち。
エリザベスに残されたのは、美男美女と名高い父母から受け継がれた美貌だけでした。

エリザベスが母のもとで失意の暮らしを送っているとき、エドワード四世が近くに滞在していることを知りました。
エリザベスは思い切って、直訴に及びます。

エドワード四世は精力的な若き王でした。
逞しい体躯、赤みがかったブロンド、そしてイケメン。
多数の愛人と逢瀬を重ね、人々は王が近くに来ると、妻や娘を家の中に隠すとまで言われたほどです。

エリザベス・ウッドヴィル/wikipediaより引用

「陛下、哀れな女の頼みです、どうかお聞き入れください」
そんなプレイボーイの王の前に、絶世の美女が現れたのです。

「確かに窮状はわかった。領地を与えれば、何でも奉仕してくれるのか?」
「私にできることならば、何でもいたします」
「余を愛してくれ」
「愛します、愛します! 敬意をこめて忠誠を誓います」
「いや、そういう愛でなくて」
「どういう愛ですか?」
「つまりさ、えーっと。余とベッドを共にしない?」
「はぁ!? 絶対に嫌です。私は王妃になるには身分が低すぎるけど、愛人になるにはプライドが高すぎるの!」

こうしたやりとりを後世のシェイクスピアはじめ、様々な人が想像したのですが、当初のエリザベスが求愛を頑としてはねのけたは確かです。

光源氏は、自分をつっぱねた人妻の空蝉に対して「俺を断るなんてやりがいあるじゃん!」とメロメロになったものですが、プレイボーイというのは洋の東西を問わずそんなものなのでしょうか。
エドワード四世はかえって燃えました。
多くの愛人をさしおき、1464年、ついに子持ちの元人妻を王妃にしたのです。

しかし、これに有力貴族のウォリック伯リチャード・ネヴィルが激怒します。
「舐めとんのか、こっちがひそかにフランス王女との縁談をすすめていたのに、舐めとんのか!」

時は薔薇戦争の最中です。
ウォリック伯の支持を失い、エドワード四世は乱戦の最中に巻き込まれてゆきます。

彼は国内の内戦に完全な勝利をおさめないまま、1483年に病で崩御してしまうのでした。

 

スポンサーリンク

ロンドン塔に幽閉された二人の王子は不可解な死

エリザベスは、エドワードとリチャードという二人の王子を授かっていました。
兄である王子がエドワード五世として即位するはずだったところに、横やりが入ります。

「エリザベス・ウッドヴィルの前にエドワード四世は別の女性と結婚していた。つまりは重婚であり、婚姻は無効。王子たちは庶子であり、王位継承件はない」

二人の王子はロンドン塔に幽閉され、不可解な死を遂げます。
「ロンドン塔の王子たち」は悲劇であり、未解決のミステリーであり、絵画の題材になりました。

ロンドン塔の王子たち/wikipediaより引用

エドワード四世の後、弟のリチャード三世が王位を継承するものの、彼は1485年に戦場で敗死。ヨーク朝は滅びます。

美貌を見初められ、王妃にまでのぼりつめたエリザベス。
彼女はまさにシンデレラです。

しかしその代償はあまりに高く付きました。

ちなみにエドワード四世とエリザベスの結婚は、薔薇戦争をモデルにしたドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にも影響を与えています。
作中、政略結婚ではなく恋愛結婚を選んだ北の王ロブ・スタークとその王妃タリサは、史実よりも悲劇的な結末を迎えることになります。

ただし……。

我が子二人が非業の死を遂げたとはいえ、エリザベス・ウッドヴィル自身は穏やかな老後を過ごしました。

成人した王女たちのうち、長女はチューダー朝の開祖・ヘンリー七世に嫁ぎました。
悲劇的な人生とはいえ、我が子は王妃、孫は王位についたのですから、そう考えればまだましかもしれません。
少なくとも、惨殺という最悪のルートは逃れました。

歴史上には最悪のバッドエンド、クーデターによる惨殺エンドを迎えたシンデレラもいます。

 

美しきドラガの野望

1864年、ドラガ・ルンエヴィツァは、欧州セルビアの平民家庭に生まれました。
やがてドラガは、白い肌、つややかな黒髪、情熱的な瞳を持つ、妖艶な美女に成長します。
20才で最初の夫であるスヴェトザール・マシンと結婚しました。

しかし、結婚生活は僅か数年で終わります。
夫は泥酔し、地下室の階段から転げ落ちて亡くなったのです。

ここで意気消沈していたら、シンデレラにはなれません。
ドラガは王妃ナタリア付きの女官として就職。聡明な彼女は、たちまち王妃の信頼を得ることに成功します。

1889年、退位した父にかわり、アレクサンダル一世が即位しました。
幼い王は王太后ナタリアを摂政としました。
アレクサンダルは無気力で、政治的な熱意と野心に欠けた少年王であると周囲は考えていました。

しかし成長に従い、彼は側近を罷免し、憲法を廃止する等、強権的な政治を行います。
さらに彼は母ナタリアの勧める結婚相手を全て断り、驚くべき決断をしたのです。

「余は美しきドラガを妃とする」

ドラガは王太后の女官として忠実に振る舞いながら、その陰で美貌と才知をもって若き王を籠絡していたのです。
国王とはいえ12才年下のアレクサンダルは、その誘惑に打ち克つことはできません。

王太后は激怒しました。
彼女にすれば飼い犬に手を噛まれたようなものです。
しかし時既に遅く、1900年、二人は結婚したのでした。

 

武装した一団が国王たちの宮殿に迫ってくる

このロイヤルウエディングを祝福する者はいませんでした。

「結婚歴のある女を王妃にするとは! しかも12才年上だなんて!!」

教会も、内閣も、国王の両親も、皆あきれて反対しました。
しかし肝心のアレクサンダルもドラガも耳を貸しません。

ドラガは敵意を一身に浴び、ため息をつきました。
「平民から王妃になったのよ。なぜ、ロマンチックだと褒め称えないのかしら? 他の国ではシンデレラストーリーって言われるのに、この国の人は頭が固くて野蛮なのよね」

その野蛮さが彼女の身にそう遠くない将来降りかかることは、このとき予測すらできなかったことでしょう。
もしもドラガが世継ぎに恵まれたならば、国民の怒りもおさまったかもしれません。

しかし妊娠の兆候かと思われたものは、想像妊娠でした。

「あの嘘つき女め!」
国民はますます激怒します。

そして、結婚から三年後。1903年6月10日、深夜。
武装した一団が、国王夫妻の眠る宮殿に迫りつつありました。
一団の中にはアレクサンダル・マシンという名の軍人もいました。

「俺の兄貴は、あのアバズレに殺されたんだ」

彼の兄はドラガの前夫でした。
ドラガが事故にみせかけて、兄を階段から落として殺したのだと、彼は信じていたのです。

武装集団は宮殿に乗り込むと、阻止しようとした首相を殺害。
電気系統を破壊し、国王夫妻の寝室を目指します。

ただならぬ物音に目を覚ましたアレクサンダルは、ドラガにこう言います。

「相手だって話せばわかるはずだ。侵入してきたら話してみよう」
「駄目よ! そんなのは絶対に無理。それより小部屋に隠れましょう」

ドラガは夫よりも現実的でした。
寝室には隠し扉があり、その奥は小部屋になっています。

「今はまだ暗いわ。ここにいれば気づかれないはず」

夫妻はちぐはぐな格好をして、小部屋に入り込むと息を潜めました。
やがて武装集団は寝室に侵入し、破壊の限りを尽くす音が聞こえてきました。
しかしあきらめたのか、彼らは罵りの言葉だけを残し去ってゆきました。

「なんとかなったな……」
胸をなで下ろす夫妻。やがて足音が近づいて来ます。

「誰かが助けに来たのよ! よかったわ」
夫婦はそう喜びましたが、それが間違いのもとでした。

足音は、小部屋のありかを使用人から聞いた侵入者たちのものだったのです。

 

「二十世紀のヨーロッパでこんな野蛮なことが起こるとは」

小部屋から出た国王夫妻の前に、十人ほどの武装した男がたちふさがりました。
相手は銃をちらつかせながら、国王を脅迫します。

「このろくでもねえ国王め。退位する決心はついたか?」
「余は臆病者ではない! 貴様らの卑劣な脅しになぞ屈するものか」

対話はここまでです。
侵入者は射撃でもって国王の勇気に答えました。

次は王妃の番です。
彼女に恨みを抱く義弟が暴徒の中にいるのですから、助かるはずはありません。
ドラガの美しい肉体はたちまち銃弾によって、ズタズタに引き裂かれました。

「このアバズレめが!」
殺しただけで怒りがおさまらない暴徒たちは、ドラガの遺体を裸にし、滅多刺しにし、腹を割いて窓から投げ捨てました。
アレクサンダルの遺体もすぐに同じ扱いを受けました。

6月11日、早朝。
小雨が降る中、国王夫妻の遺骸は、バラの茂みの中で横たわっていました。
国民たちはその周りで、暴君とその王妃が去ったことに対して喜びの声をあげるのでした。
二人の結婚式の日よりも、彼らは喜んでいたことでしょう。

国王と王妃の惨殺事件は、世間に衝撃をもたらしました。

「まさか二十世紀のヨーロッパで、こんな野蛮なことが起こるとは……」

彼らはまだ二十世紀が、他の世紀よりもはるかに野蛮で残忍な時代になるとは知らなかったのです。

ドラガの死から11年後。
セルビア人青年が、オーストリアの次期皇帝夫妻を暗殺します。
このとき殺された妃ゾフィーは、ドラガと同じく低い身分から妃になった「シンデレラ」でした。

このシンデレラの死は、第一次世界大戦のきっかけとなります。

 

シンデレラはベリーハードモードの無理ゲーです

「政略結婚なんてひどいわ。好きでもない人と結婚するなんて!」

出来の良くない歴史ドラマですと、登場人物の中にはこんな台詞を口にする人物が出てくることがあります。
しかし、政略結婚よりも恋愛結婚を選んだ代償が極めて高くつくことを忘れてはなりません。

ディズニーすらシンデレラ路線を否定する現在の風潮を、
「夢がない時代になったもんだ」
そう嘆く方もいるでしょう。

しかし、そもそもシンデレラストーリーは夢よりも、悪夢に近い道なのです。
そんなベリーハードモードの無理ゲーを「女の子の永遠の夢!」と偽るよりも、修正パッチをあてて軌道修正した方が親切だとは思いませんか。

ハロウィンで『アナと雪の女王』コスプレを楽しむ少女たちが大人になった時、彼女たちはシンデレラストーリーを鼻で嗤うかもしれません。
それはきっと、よいことなのです。

文:小檜山青

スポンサーリンク

【参考文献】





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-週刊武春, 欧州

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.