日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

現代も続く杖術(都剣道HP)

スポンサーリンク

名脇役 剣豪・武術・忍者

宮本武蔵を破った唯一の伝説的武人が選んだ武器はなんと杖(つえ)?

更新日:

 

“最強の剣士”はだれか―?そんな問いを発する時、必ずあがる武芸者がいます。

その名は「宮本武蔵」。生涯無敗を誇ったという伝説の剣豪です。

が、とある伝承ではただ一人、武蔵を破った男が存在したというのです!

彼の名は「夢想権之助(むそうごんのすけ)」。現代にまで伝わる「神道夢想流杖術(しんどうむそうりゅうじょうじゅつ)」の開祖でもあります。

宮本武蔵

権之助は当初、神道流剣術の遣い手として武蔵に挑むも敗北。その後筑前(福岡県)宝満山に参籠し、「丸木をもって水月を知れ」という神託を受けてついに「杖術(じょうじゅつ)」に開眼、武蔵を破ったとも引き分けに持ち込んだともいわれています。

この耳慣れない「杖術(じょうじゅつ)」という武術はいったいどういうものなのでしょうか。

同流儀でいう「杖(じょう)」とは、長さ四尺二寸一分(約128cm)、直径八分(約2.4cm)の樫の木の丸棒のことであり、これを用いた棒術の一種が「杖術」であるといえます。

そう、夢想権之助は剣から杖に持ち替えたことで武蔵に対抗する力を手に入れたという伝説が語り継がれているのです。

この杖術、剣術を中心とした日本武術の中で唯一「剣を破る」といわれる優れた武術であり、一本の棒を操る際には剣・槍・薙刀などのあらゆる武器術の動きを取り入れた千変万化の技法群を有しています。そして対剣術戦用に特化して攻防の動作が組まれているため、刀の峯を滑らせるように打ち込んだり、切りつけてくる敵の拳を狙うなど剣術の弱点を徹底的に攻める工夫がなされています。

なおかつ、この技は相手を殺傷することなく捕縛・制圧することを至上としており、まさに日本武道が到達した境地をあらわしているともいわれています。

このようなすぐれた技法から、現在では警察機動隊等の逮捕術に導入されており、全日本剣道連盟傘下の現代武道、「杖道(じょうどう)」としても多くの修行者を抱えるなど、武蔵の時代から脈々と受け継がれてきています。

現代も続く杖術(都剣道HP)

現代も続く杖術(都剣道連盟HPより)

帯刀コロク・記

参考 東京都剣道連盟HP

 

【帯刀コロクの記事】

切れすぎだろ!古今東西トンデモ名刀 伝説ベスト5!【画像あり】

さーて東京五輪でも目指しますか 幕末にアマ(庶民)からプロ(武士)への栄光の架け橋は「剣術」

一本ずつ毛を抜く血まみれの苦行 なぜ武士はチョンマゲ・月代スタイルだったのか?

真田幸村が隠遁したと聞いたので、 どんな山深いのかと行ってみたら”大都会”だったでござる

スポンサーリンク

古代の日本にこんなにいた「ヤマト以外」の人たち

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-名脇役, 剣豪・武術・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.