日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

東京駅(Wikimediacommonより)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

東京駅はいつ開業されたかご存知ですか? 空襲に耐えた大正ロマンなあの建物

更新日:

 

身近なものほど、いつからあったのか?いつからそうだったのか?って知らないことが多いですよね。

トーチャンカーチャンの馴れ初めとか……え、別に知りたくない?そりゃ失礼しました。
まあ冗談はさておき、首都圏の人にとっては欠かせないあの建物にもいろいろヒミツが隠されています。

大正三年(1914年)の12月20日、東京駅が開業しました。
しかし、これが日本の鉄道営業と一致しないのは皆さんご存知の通り。
日本最初の鉄道は新橋駅~横浜駅(現在の汐留駅~桜木町駅)です。

東京駅(Wikimediacommonより)

現在の東京駅(Wikimediaより)

ではなぜ東京駅が後から出来て、しかもターミナル駅になったのでしょうか。
理由は大きく分けて三つあります。
一つは、繁華街である銀座からの距離。
現在の東京駅と新橋駅で考えても、後者のほうが銀座に近いですよね。
貨物を運ぶには繁華街に近いほうが良いということで、元々大名屋敷が多かった東京駅付近は後回しになりました。

二つめは、ちょっと情けない話ですが……単純に費用が足りなかったのです。
鉄道を引こうという話が明治時代に出たとき、そのルートを中山道にするか東海道にするか決まっていませんでした。
上記の新橋~横浜間は「とりあえずやってみよう」という実験ルートだったのです。
その後、当時の技術では中山道に線路を引くことは難しいということがわかったため、東海道を辿って線路を作ることになりました。
が、明治維新や西南戦争などのドンパチ……もといあれこれで大散財していた明治政府には、国営でやりきるだけのお金が残っていなかったのです。
結局民間会社が新橋~東京間の線路を延伸させ、現在のような鉄道網が敷かれました。

最後は国防上の理由です。
上記の資金不足を知った外国の資本家が数名、「お金出しましょうか?そうしたら皇居の前まで線路を引けますよ」と話をもちかけてきたのですが、明治政府はこれを断ります。
鉄道があれば、物資や人の行き来が楽になりますよね。
しかし、それを外国の手を借りて作るということは、わざわざ侵略の道筋を作らせるにも等しいことだったからです。
しかも皇居前の大名屋敷があった区域には、当時陸軍の施設や官庁、監獄(!)がありました。
もしそこへ外国の軍がやってきたら、政府には成す術がありません。
実は既にインドでイギリスがその手法を使っており、それを知っていた大隈重信らが「国内で何とかしますのでお気遣いなく」とさりげなく拒絶したのでした。
大隈△。

話は逸れますが、皇居の目の前に監獄があったって考えてみるとすごいですね。
天皇のご威光でマジメに服役するだろうとか思われてたんでしょうか。

その後陸軍施設や監獄などは移転し、空いた場所を区画整理して東京駅やオフィスビルが立ち並ぶようになります。
数年後の関東大震災では多くが消失しましたが、東京駅だけは鉄骨レンガ造りだったことと、駅員達の懸命な消火もあって全焼を免れ、多くの人の避難場所として使われたそうです。
駅前の交番は、家族や知り合いを探すビラを貼る場所としても役立ちました。

空襲を受けた1945年の東京駅(Wikimediaより)

空襲を受けた1945年の東京駅(Wikimediaより

太平洋戦争時の空襲でも屋根は焼けてしまいましたが全焼はせず、列車の発着が出来る程度には残ったそうです。
このとき明治宮殿(明治時代に江戸城跡へ建てられた皇居)は全焼しているので、東京駅がいかに頑丈に出来ていたかがうかがえます。
優雅な外見とは裏腹に、実は男前な駅なんですね。

スポンサーリンク

長月 七紀・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.