日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ローマ その日、歴史が動いた

暴君ネロは家庭内でもサイテーだった……結婚した日に妻を処刑し、その日に自殺の輪廻

更新日:

 

昨日は心温まる伊達政宗父子の触れ合い(ただし死人は出てる)をご紹介しましたが、本日は真逆の大変血生臭い夫婦のお話です。

53年の6月9日は、ローマ帝国きっての暴君・ネロとその最初の妻であるオクタウィアが結婚した日。

そして9年後の同じ日にはオクタウィアが処刑された日。

さらにその6年後は、ネロが自ら命を絶った日なのです。

当コーナーでも何回か「年違いの同日に起きた出来事」をまとめて取り扱ってきましたが、多分三つ重なるのは初めてですね。

 200px-Nero_pushkin

53年 ローマ皇帝ネロがオクタウィアと結婚
62年 オクタウィア処刑
68年 ネロ自殺

 

暴君になるべくしてなったネロ

ネロといえば「暴君」「アホ過ぎて言葉にできない」「SATSUJIN狂」などなど全く良い評価がない稀有な人物ですが、その人格が形成されるまでには同情の余地があります。
母親アグリッピナの過剰な期待・その他諸々の影響があるといわれているからです。あんまり詳しく書くとまたR18な話題にいってしまうので、ご興味のある向きは各自ググる先生にお訪ねください。
アグリッピナも若い頃に自分の母親が流罪・処刑にされたりして、決して幸福な生い立ちではないんですけどね。

なにがまずかったのかというと、アグリッピナがいつまでもネロを子ども扱いし続けたことです。
彼女はネロの前の皇帝・クラウディウスの奥さんだったのですが、その頃から政治や軍事に口を出していました。
一応役には立っていたようですが、この地位をネロの代になっても保とうとしてかえって息子の反感を買い、処刑されてしまったのです。

母を謀殺したあとのネロ。どんなポーズやねん(Wikipediaより)

 

スポンサーリンク

トメ(姑)の干渉が強すぎて 妻処刑

母親との関係がこんなんですから、当然女性との付き合いにはナーバスになります。
しかもオクタウィアはクラウディウスの娘でした(アグリッピナの前の奥さんの子供)要するに母親が息子を使って自分の権力を保つために、ネロへ押し付けた結婚だったのです。
さらにオクタウィアはなかなか子供ができない体質だったらしく、これもまたネロの不満をあおりました。

オクタウィアさんの彫像(Wikipediaより)

こんな悪条件が重なっては、当然夫婦仲が円満に行くはずもありません。
ついに我慢ならなくなったネロは、「お前は浮気をしているけしからん女だ!」とオクタウィアに言いがかりをつけ、彼女を幽閉の後処刑してしまいました。
この処刑の方法がエグいどころじゃない残酷さで、とてもここでは書けないほどです。ネロに残酷なイメージがつきまとうのは、処刑した人物の多さだけでなくそのやり方が異常としか写らないからなのでしょうね。
妻を処刑したネロは、その年の内にポッパエアという女性と再婚します。
この女性もまた野心家でしたが、娘を産んだことで比較的夫婦仲は良好でした。あくまでオクタウィアと比べれば、ですが。
というのもポッパエアの死については記録がバラバラすぎて、ホントに愛してたのかどうかが全くわからないからです。DVのせいで死んだ説あり、毒殺説あり、はたまたネロが葬儀で号泣した=殺していない説あり、と全く一貫性がありません。
古代史ってこういうところがもどかしいですよね。

とはいえネロはもともと頭の悪い人ではありません。即位して5年ほどは名君といわれていましたし、上記のような残虐な仕打ちの合間にも善政に類することをしています。

しかし家庭教師・側近だった哲学者セネカの殺害や、ローマで起きた大火災の犯人としてキリスト教徒を迫害したことで少しずつ不満が肥大化してしまいます。

 

スポンサーリンク

最後は自殺に追いやられる

そしてあるとき、ちょっとしたきっかけで市民と元老院(今でいう内閣みたいなもの)の反感を爆発させてしまったため、クーデターを起こされて自決に至りました。
この時代、皇帝は市民と元老院の信任があってこその地位だったので、信頼を失ってしまったら玉座に座り続けることはできなかったのです。

こうしてネロの治世は彼の命と共に終わりましたが、その墓には多くの花や供え物が手向けられたといわれています。
また、あまり良くない死に方をした割には後の皇帝にきちんと葬儀をしてもらったり、神格化されたりと扱いは悪くありません。
当時の人々は単なる暴君というより、「たまに暴走するけど良い皇帝」と見ていたんでしょうかね。
母親一人に罪を着せるのもどうかとは思いますが、もしアグリッピナが孟子の母親と同じくらい謙虚な女性だったとしたら、ネロは稀代の名君として称えられていたのかもしれません。
親が口を出しすぎるとかえって子供に悪影響を及ぼすという好例……ですかね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

画像元・参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/ネロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/クラウディア・オクタウィア

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-ローマ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.