歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

東北の名作詞家土井晩翠が芸術家にしては順風満帆な件

更新日:

 

全ての人がそうというわけではないですけども、大器晩成型か早熟型か極端な人っていますよね。 能力だけでなく、家庭やプライベートで幸せだったかも含めればもっと意味が広くなりますし。

昭和二十七年(1952年)の10月19日に亡くなった、作詞家・翻訳家の土井晩翠も公私によって幸不幸が分かれていた人です。

滝廉太郎の「荒城の月」や各所の校歌を作詞したとして有名な人ですね。 作家を含めた芸術家には公私共に波乱万丈な一生を送った人が多いですが、この人の場合少なくとも「公」については順風満帆だったといっていいでしょう。

仙台城跡にある晩翠像(Wikipediaより)

生まれは裕福、東大進学、ご留学…

何でかというと、作詞や翻訳、ひっくるめて言えば文学に関してつまづいたことがないのです。 彼は明治四年(1871年)に裕福な質屋の家に生まれました。当初は「文学などいらん!」という祖父の考えで高等教育を受けられませんでしたが、許可が出るととんとん拍子に帝国大学(東大の前身)へ入学します。 英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ギリシア語・ラテン語という六ヶ国語を学ぶ一方で、在学中から既に詩の投稿を始めて少しずつ名を知られるようになっていました。 卒業後は郁文館中学で翻訳を手がけながら個人の詩集も出し、文人として順調に活動を続けていきます。歌詞を書くようになったのもこの頃で、「荒城の月」も東京音楽学校(東京芸術大学の前身)に依頼されて作詞したものでした。 明治三十三年(1900年)には仙台の母校・第二高等学校の教授として帰郷しますが、なぜか翌年には一度退職してヨーロッパへ遊学しに行っています。なんで郁文館を辞めてすぐに行かなかったんでしょうね? 身内の不幸などもないですし、一年の間にツテができたのか、はたまた別の理由があったのか……。 この遊学は四年間に及び、ロンドン大学(イギリス)・ソルボンヌ大学(フランス)・ライプツィヒ大学(ドイツ)の三つの大学でそれぞれ現地語の文学を学んでいたそうです。現代でも名作でありながら邦訳されていない本はたくさんありますし、明治時代となればさらに乏しかったでしょうから、ここは納得できますね。

スポンサーリンク

滝廉太郎と偶然の最初で最後の出会い

この間、偶然乗り合わせた船で「荒城の月」の作曲者・滝廉太郎と初めて会っています。前々から約束していたというわけではなく、同じく留学中だった滝が、病気のため帰国することになったときの船が、たまたま当時土井がいたロンドンに寄港したため、お見舞いに行ったのだとか。 特に何を話したということは伝わっていませんので、ごくごく普通のお見舞いだったのでしょうね。 残念なことに、滝は帰国後回復することなく亡くなったため、これが最初で最後の対面でした。

荒城の月の作曲家の滝廉太郎は23歳の若さで亡くなる(Wikipediaより)

帰国後は再び二高の教授となり、また作詞や翻訳を始めます。 二高には昭和九年(1934年)まで勤め、その後はやはり仙台で暮らしていました。

しかし、昭和に入り、妻と子ども全員に先立たれる…やっぱり芸術家の宿命?

……とまあ、ここまでは実に穏やかな人生だったのですが、昭和年間に入ってからの生涯は決して明るくはありませんでした。 話が前後しますけども、昭和七年(1932年)に長女が亡くなって以降、妻と子供全員に先立たれているからです。さすがに孫世代は例外でしたが、一番共に過ごした期間が長かったであろう近しい家族の死が大きな衝撃になったことは想像に難くありません。 戦中には仙台空襲で家も蔵書も失っていますし、それでいて自身は長らえるというのはどんな気分だったのでしょうね……。 終の棲家となった仙台の家は、現在”晩翠草堂”として公開されています。 そこに植えられたヒイラギモクセイという木は、空襲から奇跡的に蘇生したものなのだとか。毎年土井の命日である19日付近に咲くそうですので、今年も咲いているんでしょうか。 もともと10月に花期を迎える木らしいのですけども、何だか胸に詰まるものがありますね。

長月 七紀・記

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/土井晩翠




スポンサーリンク


http://ja.wikipedia.org/wiki/滝廉太郎




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.