日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 豊臣家 毛利家 合戦

鳥取城の渇え殺し……豊臣秀吉と黒田官兵衛の恐るべき合戦術とその攻防

更新日:

身も蓋もない言い方ですが、歴史にグロはつき物です。
文化史とか美術史であれば話は別ですが、そもそも王様なんて殺し合いで決まるようなものですしね。
となると当然、それまでの覇権を巡る諸々の戦いでもやはりそういうことになるわけです。
とはいえ「このときにここまでする必要あるか?」とハテナをつけたくなってしまう件があるのもまた事実だったりして……。

天正九年(1581年)10月25日、羽柴秀吉が攻め込んでいた鳥取城が城主・吉川経家の切腹と引き換えに開城しました(鳥取城の渇え殺し)。

以前、話題になった”かつ江さん”の城ですね。

作者さんは「鳥取城の悲劇を後世に伝えるため」としてああいうデザインにしたという素晴らしい志をお持ちでしたが、残念ながらR15的な理由で不採用になってしまいました。個人的にはとても良いと思ったんですけどねえ。

といってもこの手の秀吉の苛烈な行為についてはなぜか伏せられる傾向がありますので、一体かつ江さんがなぜあのデザインになったのかを詳しく見ていきましょう。

 

信長の命で秀吉が実施した毛利攻め

鳥取城攻めは、もちろん信長の命で秀吉が行ったものです。織田家の中で中国地方担当は彼でしたからね。

備中(現・岡山県)あたりまではほぼほぼ順調だったのですが、さすがに西国の雄・毛利家となれば話は別。毛利領に入ったあたりから、秀吉は大規模かつ奇抜な攻め方をし始めました。
それが”三木の干し殺し”や”高松城の水攻め”、そして”鳥取城の飢え殺し”です。

この三つ、大まかに言えばどれも兵糧攻めということになるのですが、秀吉vs毛利家の場合、双方の根性がハンパなかったために大惨劇に陥りました。
秀吉がかけたものはお金・物資と時間、労働力。
毛利家が払ったものは城兵及び逃げ込んだ領民、さらに城主たちの命でした。

 

スポンサーリンク

鳥取城の城主は「代打ち」吉川経家

吉川経家像(Wikipediaより)

当時の鳥取城の主は、吉川経家(つねいえ)。
名前通り吉川家の一員ですが、お父さんの代に吉川家へ養子に入っているので、直接血が続いているわけではありません。元々は石見(現・島根県)にいて、尼子家との戦いで活躍したことがあり、信頼されていました。

元の鳥取城主・山名豊国が「秀吉さんに勝てなさそうだから降伏します!」(超訳)と言い出したため家臣に追い出され、その後を任せられそうな人物として抜擢されたのです。

経家は鳥取城へ入ると、まず領民の保護兼人員補充のため、付近の農民を城へ入れました。常であれば兵と家臣たちを合わせて2000人程度の城に、倍の4000人がいたといわれています。

 

スポンサーリンク

秀吉側に事前に買い占められた兵糧

いつもより人数が多いのですから、当然食料も倍必要です。そこで付近の農家商家へ米を買いに行かせましたが、時既に遅し。

はじめから兵糧攻めする気満々だった秀吉そして黒田官兵衛によって、既に近隣の米は買い占められた後でした。これが同年6月頃のことです。

これを知った経家は陸海両方から兵糧を入れるための手立てを講じますが、ネズミ一匹通さないほどの包囲網を敷かれてしまったため、全て失敗。

元々1か月分しかなかった食料はあっという間に尽き、やむを得ず家畜や雑草まで食べましたが、9月に入ると餓死者が続出し始めました。

ここからはもう地獄絵図としか言いようのない有様。
いつもだったらその手の描写は省くのですが、かつ江さんが何を訴えたかったのかをご理解いただくため、今回はあえて詳細を書かせていただきます。
正直グロ以外の何物でもないので、苦手な方は飛ばしてくださいね。

 

【鳥取城の惨状まとめ】

・戦力及び労働力として重要な馬や牛を食べつくし、さらに犬猫ネズミまで食べた
当時の日本に肉食の習慣がほぼなかったことを考えると、この時点で既に相当のものです。
かつ江さんはかえるを持っていましたが、いればもちろん食べていたでしょうね。

・2ヶ月めには先に死んだ者をたべるようになり、そのうちまだ息のある人間も……
江戸時代の四大飢饉のように極限状態ではままあることですが、鳥取城の場合そんな状況が人為的に作り出されたということがもう、何とも言えません。
このとき一番うまいとされたのは<NOみそ>だったそうです。

・その上で、秀吉は厭戦気分を高めるため城外で歌舞音曲をやらせた
戦略だとはいえ、これを最低以外の何と言えばいいのでしょう。

・開城後、秀吉軍は生存者に食事を与えたが、消化機能がマヒしたところにいきなり大量にかきこむ者が続出。かえって死者を増やしてしまった
これ、鳥取城の前の三木城でも同じことをやっています。つまり、わかっててやった可能性も……。
これだけ詳細な記録が残っているからには、おそらく秀吉軍から城内の様子がはっきり見えていたのでしょう。本人達にはそんなことしてる余裕なんてなかったはずですからね。戦国時代とはいえ、むごいにも程があります。

もし「人道に対する罪」が当時にもあったとしたら、間違いなく秀吉は真っ先に裁判にかけられたでしょう。

秀吉に好意的な方の間では「秀吉は人命を大切にしていたので、味方の損耗を避けるため、あえて時間と金をかけて兵糧攻めをした」ということになっていますが、本当に人命を優先するのであれば、むしろ短期決戦で済むような策を講じたほうが被害は少なかったんじゃないかと思ってしまいます。

これは現代から見ているからこその視点ですし、敵=人外扱いが当たり前な時代のことではありますけれど、他にここまでの例がないだけに余計そう感じます。

 

名城主すぎて切腹した吉川経家の涙をそそる遺書

そして10月に入り、これ以上は無理と判断した経家は、自らの切腹と引き換えに城兵と農民の助命を申し入れました。

経家は非常に責任感の強い人物だったらしく、秀吉から「経家さんは(使えそうだから)責任取らなくてもいいよ。代わりに何人か別の人に切腹してもらうから^^」(超訳)と言われたのを振り切り、結局その”別の人”たちと一緒に自害しています。

石見から鳥取へ来る際に自ら首桶(取った御首を入れる桶。まんま)を用意していたとも言われているので、負けると決まったら即座に死ぬつもりでいたのでしょう。
「そこまでするならとっとと降伏しろよ」と思った方もいらっしゃるでしょうが、責任感が強いだけにさっさと城を明け渡すこともできず、経家は義務と人道の間で板ばさみになっていたものと思われます。
経家が父・経安(つねやす)や吉川広家(吉川元春の息子)、家臣たち、子供達へそれぞれ違った遺書を書いていまして、この内容が彼の心境を詳しく伝えてくれています。

大人たちへは候文(そうろうぶん。語尾に「候」をつけて書く文体)で書いているのですが、広家へは詳しい報告つき、家臣へは「俺たちが責任を取るから、皆は生き残れ」(超訳)という簡潔なものでした。

父親には子供達の事をくれぐれもよろしくと頼んでいます。余談ですが、経安は関が原の直後(慶長五年=1600年11月)まで長生きしていたので、晩年の秀吉の錯乱振りを見ていろいろ思うところがあったでしょうね。

子供へ宛てたものが一番特徴的で、ほぼひらがなで書かれています。
上記のような極限状態で「子供達が自分でが読めるように」とかな書きにする心遣い、それでいて脱字があるなど、経家自身も相当な混乱の中で書き記したことが生々しく伝わる遺書です。
内容を現代語訳すると「お父さん達は鳥取城で長いこと頑張ったけど、兵糧が尽きたからもうダメだ。これからみんなを助けるためにお父さんは切腹する。吉川家の名は上がるから、大きくなったらその幸せな話を詳しく聞いてね」という感じになります。

責任感の強さ、家名への誇り、子供たちへの愛情、どれをとっても武士として立派な人物であったことがうかがえますね。

 

真っ白できれいな歴史なんてない!「かつ江」復活を望む

こうして経家と家臣たちが切腹して鳥取城は開城。秀吉はまた一歩駒を進めました。
そもそも”飢え殺し”という字面だけでも穏やかではありませんが、これを画像で再現しようとするととんでもないことになりますので、ゴールデンタイムである大河ですっ飛ばされてしまったのはある意味致し方ないといえなくもありませんね。

でも、やっぱりかつ江さんは必要じゃないかなと思います。鳥取県では郷土の歴史として詳しく習うそうですが、全国的に見るとほぼ知られていませんし。どこかで復活できればいいのですが。

長月七紀・記

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/吉川経家

鳥取城のルポはこちら「渇え殺し」と「すなば珈琲」 鳥取城へワンダーキャッスル ◆一人ぼっちのお城野郎!

スポンサーリンク

黒田官兵衛視点での鳥取城攻めの記事はこちら「【軍師・黒田官兵衛百物語33話】鳥取城攻めで見せたホントは怖い官兵衛の策略」

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-その日、歴史が動いた, 豊臣家, 毛利家, 合戦
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.