歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 作家

ねぇムーミン 君の正体は何なんだい? 今年は作者トーベ・ヤンソン生誕101周年

更新日:

 

「綺麗なバラには棘がある」というのはよく知られている言い回しですが、それと同じくらい「可愛いものには裏がある」のも事実ではないでしょうか。
某社の仕事を選ばないことで有名な猫のキャラクターが猫を飼っていたり、世界一有名なウサギさんのお父さんがパイにされていたり……これ以上例を挙げるとマズイ予感がするのでやめておきましょう。
本日は彼ら同様、よく知られているあのキャラクターにまつわるお話です。

2001年(平成13年)6月27日は、「ムーミン」シリーズの生みの親であるトーベ・ヤンソンが亡くなった日です。

どうでもいい話ですが、当コーナーでは一番最近の話題ですかね。
べ、別にネタに困ってるわけじゃないんだから! 勘違いしないでよね!(意味のないツンデレ)

著者のトーベ・ヤンソン/Wikipediaより引用

 

15歳で雑誌のイラストレーターデビュー!

彼女は、彫刻家の父と画家の母の間に生まれました。いわば芸術のハイブリッドといった血を引いたからか、15歳のときには「ガルム」という雑誌の挿し絵を描き始めてたそうです。しかもこの雑誌、ただの週刊誌や月刊誌ではなく、政治についての風刺を主体とする雑誌でした。

15歳の少女が描くにしては大分ブラックな世界のような気がしますが、ムーミンはこの雑誌の挿絵のすみっこに描かれていたのが始まりなんだそうです。
ああいう丸っこい外見なので、ほのぼのとした印象が強いですけれども、スナフキンなどの言動をよくよく見てみると哲学的な面が強いのは、トーベのこうした経歴からでしょうね。

トーベはその後も挿絵の仕事をしながら、北欧やフランスの芸術系の大学や専門学校で学んでいきました。
しかし、ムーミンのマンガが連載され始めたのは、彼女が40歳のときのこと。しかもフィンランドではなく、イギリスの雑誌が最初でした。ムーミンって生まれてから何十年も主役にはなっていなかった上に、違う国でデビューしていたんですね。
しかも、彼女が描いたのは5年間だけで、その後は弟のラルスが描いていたそうです。また、当初トーベがスウェーデン語で描いていたのを、英語に訳したのもラルスなのだとか。

 

スポンサーリンク

なぜスウェーデン語にこだわったのか

「なんでフィンランド人なのにスウェーデン語?」
そんな風に不思議になってしまいますが、ここにちょっと歴史が絡んできます。

フィンランドはスウェーデンの属国だった時代がありまして、「宗主国」の言葉を使えるというのはいわゆるエリートの証でした。
しかし、同時にスウェーデン語を理解できるフィンランド人はごくわずかなため、マイノリティとして肩身が狭いと感じている人もたくさんいたのです。おそらく現在もそうかと思われます。
そんな人たちのためにも、トーベはスウェーデン語で描くことにこだわったのではないでしょうか。

フィンランドの歴史については、以前の記事(過去記事:NOKIAの国・フィンランドってどんなとこ? 欧州列強の狭間で揺れ動いた歴史 【その日、歴史が動いた】)でも取り上げたことがありますので、詳しくはそちらをご覧いただければと思います。

 

そもそもムーミンって何なんですかね?

トーベ・ヤンソンは日本でムーミン以外の著作をほとんど知られていません。
実は他の小説やフレスコ画でも高い評価を得ています。

昨年(2014年)はヤンソンの生誕100周年ということで、日本でもヤンソンの記念展が始まっていたので、以前よりは知られてきましたかね。
2015年7月5日までは北九州市立美術館分館、7月25日からは大阪あべのハルカスでやっているそうですので、お近くの方は見に行ってみてはいかがでしょうか。
ムーミンはもちろん「ガルム」時代の風刺画や油絵なども展示されているそうですよ。

朝日新聞社生誕100周年トーベ・ヤンソン展

昨年の100周年から今年にかけて実施されているトーベ・ヤンソン展!/朝日新聞社HPより引用

 

しかし、ムーミンっていったい何なのか、よくわからないですよね。
なんとなく触ったらふにふにしてそうな感じがしますが、「ZENRAでおk」なのかと思ったら、パパはシルクハットにステッキという紳士的な出で立ちだったりしますし。
また、人によっては「妖精でしょ?」「違うよ、トロールっていうおばけだよ」なんて風に話が食い違ったりしますよね。

実はこれ、どれも間違っていないのです。
というのも、作者のトーベ自身、ムーミンのことを「バーレルセル」=「存在していることはわかるが、どういった存在なのかわからないもの」という表現にしていたのです。
日本人の感覚で言えば、「妖怪なのか幽霊なのか神様なのかわからない」といった感じですかね。
その割にムーミンって冬眠する話もあるらしいですが、その辺は動物っぽいですよね。だからこそ「バーレルセル」なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

北欧の妖精「トロール」がモデルとの話も

元ネタといわれている「トロール」は、北欧の妖精の一つ(?)です。
トロールも姿がはっきり決まっておらず、巨人だったり小人だったりといろいろな話があります。
顔は人間に近く、醜い老人のような感じらしいですが、トーベはムーミンをかなりデフォルメしたことによって、親近感を出したのかもしれませんね。
元のトロールの話では「三びきのやぎのがらがらどん」という絵本が有名ですかね。こっちはノルウェーの話らしいですが、少なくともワタクシが子供のころからありますし。

トロールってこんな感じだそうで……/Wikipediaより引用

 

ちなみに、こっちのトロールがムーミンシリーズの中で人間の代わりに登場している話もあるそうで……もしかして、人間は醜いものという皮肉だったりするんですかね。
彼女の経歴的に、かなりきつい風刺がこもっていてもおかしくはありません。

設定がはっきりしていないのは、「存在がどうこう」といった抽象的な話だけではなく、ムーミンの身長など具体的なことも含まれています。

当初は「電話帳くらい」だったそうです。

が、コミック版では「人間と同じくらい」になっているとか。これも「人間にとって不可解なもの」という暗示ですかね。「フィンランドの男性の平均身長と同じくらい」とすると、ムーミンは178cmくらいになってしまうんですが……なにそれこわい。

そのサイズでZENRAにシルクハット&ステッキのムーミンパパとか想像したくないですね。ああ、SAN値が!SAN値が!

長月 七紀・記
【TOP画像】

 




スポンサーリンク


【参考】トーベ・ヤンソン/Wikipedia ムーミン/Wikipedia ムーミンの登場人物/Wikipedia トーベ・ヤンソン展/朝日新聞

 

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた, 作家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.