日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

恐怖、真夏にエアコン全停止! アメリカ大停電の歴史に見るインフラの考え方

更新日:

 

毎日暑さや湿度で嫌になってしまいますねえ。
文明の利器で何とか酷暑を乗り切れておりますが、もしこれがいきなり使えなくなってしまったら……なんて、考えただけでゾッとします。背筋が冷やっとしても、体感温度までは下がりませんけどね。

しかし、海の向こうのはるか彼方では、まさにこの真夏にそんな事態になったことがありました。
2003年(平成15年)8月14日、北アメリカで起きた記録的な大停電です。

近年の話ですのでご記憶の方もいらっしゃるかと思うのですが、ではなぜ取り上げたのかというと、これが初めではなく、ついでに言えば隣国カナダまで巻き込まれているからです。インフラどうなってんねん。
まあとりあえず、時系列順に行きましょうか。

2003年北アメリカ大停電における、停電地域。もしかしたら日本全域と同じぐらい……?/wikipediaより引用

 

最初のニューヨーク大停電は1965年

最初のニューヨーク大停電は1965年のことです。しかも11月という「よーし寒波頑張っちゃうぞー」みたいな時期の話でした。
しかもこの年は寒くなるのがやや早く、カナダもアメリカ北部も真冬と言っていい寒さになっていました。というか、だからこそ皆が暖房をガンガン使い、大量に電気を使っていたのです。

さらに運の悪いことに、発電所の機械に不具合があり、プラスマイナスマイナスみたいな状況になった結果、ものの見事に12時間にも及ぶ停電になってしまったのでした。人数にして2500万人ほどが影響を受けたといわれています。

が、この停電に関しては「UFOを見た! きっとアレのせいだ!」という人が現れたり、翌年の出生率が異様に高かったりと、たくましいにも程がある逸話もあるのですが……。

 

スポンサーリンク

続けて1977年には3700人以上が暴れてタイーホ

1977年の7月半ばにも同様に、ニューヨーク周辺で大停電が起きています。
夜に起きたためか混乱も大きく、火事も発生したとか。落雷により停電が長期化したということなので、火災も同じ原因だったのかもしれませんね。

このときも空港が封鎖されたり、略奪や放火が起きたり、「私たちは神様に見捨てられたんだ!」と発狂する人が出現。3700人以上が逮捕されたというんですから、まったくもってパニくりすぎかと。てか、日本が災害やトラブルへの耐性が強すぎるんすかねー。

ともかく1965年の事故からわずか12年で同様な大停電が起きているのですから、いい加減、対応方法を考えておきなさいよ、と苦言の一つでも呈してやりたくなりますが、不幸なことにそれから26年後にも同じような大停電が起きてしまいました。

2003年、このときは実に29時間以上の大停電となってます。
技術は向上しているはずなのに段々被害が長期化していくのか、ほんと不思議(哲学)。

死者が出たか出ていないかは説が分かれますが、真夏のこの時期に日本で同様の停電が起きたら……と考えると、笑うに笑えません。

交通機関が麻痺して、道路が歩道化してしまっていた/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

電力の自由化で、日本のインフラも少し心配になってきた、かも

2006年の(やっぱり)8月14日、日本でも首都圏で大規模な停電が起きていますが、このときは4時間半ほどで回復しております。

東日本大震災で大幅に揺らいだ電力事情ながら、他国と比べるとやっぱり日本最強だね!
と、対岸の火事ならぬ対岸の停電を、実は笑えなかったりします。

というのも2003年のニューヨーク大停電の理由は、電力の自由化→電力会社の合併によるシステムトラブル・メンテナンスの不備ともいわれているからです。

電力自由化については、震災後の日本でも一気に加速化しておりますよね。確かにこれは電気料金が安くなる(かもしれない)という多大なる恩恵を享受することができます。しかし、その代わりに、トラブル発生の危険性が上昇するおそれもあるのです。

そもそもインフラに対するセキュリティ意識のレベルが格段に上なので、日本がアメリカのような大停電になることはなさそうですが……。

最近は何でもかんでも世界基準にするのが良いという風潮ですけれども、こういう点に関してはむしろ世界が日本に追いつくべきのような気がしますね。

何にせよ、どの業界の方も手抜きダメ絶対安全第一でお願いしますということで。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:2003年北アメリカ大停電/wikipedia New York City blackout of 1977/wikipedia 1965年北アメリカ大停電/wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.