歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ローマ その日、歴史が動いた

西ローマ帝国の初代バカ殿・ホノリウス! そりゃ80年で滅びるわい

更新日:

 

「世襲」というと悪いものと思われがちですが、実はメリットもあります。
先祖代々受け継いできたプライドや知識、技術によって、地位・権力・伝統などが保たれやすくなるからです。
わかりやすいところでいえば、秀吉でしょうか。秀吉には機転や才覚はあっても、武士や支配者としての理想像や伝統を教えてくれる人がいなかったために、自分の死後の態勢を磐石にすることが出来なかったと思われます。
それは古今東西、ままある例のようで……本日はそんなお話です。

476年9月4日は、西ローマ帝国が滅亡したといわれている日です。

厳密にいえば、当時は「西ローマ帝国」や「東ローマ帝国」という国はなく、「ローマ帝国の西半分」「同じく東半分」という扱いだったのですが、現代人にとってわかりやすいほうでいきますね。
ローマ帝国の話をするのも久々ですので、ざっくりとおさらいするところからいきましょう。

左の赤い地域が西ローマ帝国で紫エリアが東/Wikipediaより引用

【TOP画像】西ローマ帝国のホノリウスさん/Wikipediaより引用

 

「ローマは無事じゃぞ」……って、それはアンタのペットやろ!

最盛期には地中海沿岸地域を全て支配していたローマ帝国が東西に分かれたのは、ここからさかのぼること約80年前のこと。
ときの皇帝・テオドシウス1世が、息子二人に「領土を半分に分けて、それぞれ仲良く統治しなさい」と言いつけたコトから始まりました。
東半分を兄のアルカディウス、西半分を弟のホノリウスが譲り受けています。

つまり、たった80年=だいたい三世代くらいの間に西側は滅びてしまったということです。
その主な原因は、ホノリウス自身がアホ過ぎたからでした。

彼の能力のなさをうかがわせる逸話として、こんなものがあります。
ホノリウスは「ローマ」と名づけた鶏を飼っていました。この時点で趣味の悪さが露呈していますが、笑い話にならないのはこの後です。
ある日側近が「ローマが反乱軍によって奪われました!」と大急ぎで報告しに来ました。しかし、ホノリウスはポカーンとして慌てた素振りも見せません。
「慌てるな、まだ急ぐような時間じゃない」という意味だったら側近も頼もしく思ったでしょうけども、全く逆でした。
ホノリウスは「わたしのローマはここにいるのに、なぜ君はそんなに慌てているんだ?」と言うのです。その手元には鶏が……。
つまり、都市や国としての「ローマ」よりも、鶏のローマのほうが彼にとっては大きな存在だったからこそ、パッと聞いて事の重大さがわからなかったんですね。
この話がそっくりそのまま本当かどうかはわかりませんが、「あの皇帝ならこんなことをやりかねない」と思われていたからこそ語り継がれたのでしょう。

 

スポンサーリンク

讒言を受けて優秀な家臣を殺害というテンプレ

話が前後しますが、他にもホノリウスの暗愚ぶりを伝える逸話があります。
ホノリウスが西ローマ帝国の皇帝になって間もない頃、あまりのアレっぷりを見かねたスティリコという軍人が摂政になりました。
スティリコの能力は確かなものでしたが、彼は当時ローマ帝国の敵だったゲルマン民族の出身だったため、次第に他の側近からやっかみを買うようになっていきます。
そしてテンプレ通り、ホノリウスに「スティリコは本当はアナタを殺して、自分が皇帝になるつもりなんですよ」といったことを言った者がいました。ホノリウスはこれを信じてしまい、散々自分の代わりに仕事をしてくれたスティリコを殺してしまったのです。
何でこういうときってデキる人のほうに信用がないんですかね。

西ローマ帝国としてのスタートダッシュの時期にそんな状態だったので、その後もあっちこっちで反乱が起きたり、皇帝を騙る連中が現れたりして全く落ち着きませんでした。

なにせ、たった80年の間に13人も皇帝がいます。中には3ヶ月もたたずに暗殺されてしまった人すらいます。
これではもう、まとめようと思うほうが無謀というものですよね。

 

最後は年金もらって悠々自適な隠居暮らしでしたとさ……

西ローマ帝国最後の皇帝は「ロムルス・アウグストゥルス」という、これまた舌を噛みそうな名前なのですけれども、功績がない割にネタ満載な方でした。
そもそも名前からして、ローマを作ったといわれる伝説の兄弟の兄「ロムルス」と、ローマ帝国最初の皇帝である「アウスグトゥス」が繋がっています。
人様の名前を笑うものではありませんが、まるで未来を見越した盛大なブラックジョークですね。

「最後の支配者」というと大体の場合悲惨な末路が待っているものですが、彼の場合はそうではなかったというのがまたコメントに困るところです。
今でいう年金にあたるものをもらって、家族と共に悠々自適な暮らしをしていたとか。……ホントは帝位とかどうでもよかったんでしょうか。

さらに、隠居先で修道院を建設したことがあるそうなので、財産もそこそこ余裕があったのかもしれません。残念ながら、どの修道院なのかまでは調べ切れませんでしたすいません(´・ω・`)
もしかすると、既に破棄されてしまったのかもしれませんね。今だったら、「最後の皇帝が建てた修道院」という箔がつけられますけれど、当時は人がいなかったり、何かしらの理由があれば壊すのに躊躇しなかったでしょうし。

東ローマ帝国最後の皇帝が自らオスマン帝国軍に突っ込んでいったのと比べると、あまりにも差がありすぎるというかなんというか……。
その辺の話も以前取り上げたことがありますので、よろしければ併せてどうぞ→過去記事:コンスタンチノープル(イスタンブール)陥落で東ローマ帝国が滅亡【その日、歴史が動いた】
西ローマ帝国が滅びた後の権力者は、「ローマ皇帝」ではなく「イタリア王」を名乗り、また別の国ができていきます。

神話の中では兄よりも弟が最終的な勝ち組になることが多いですが、やはり現実はそうとは限りませんね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:西ローマ帝国/Wikipedia ロムルス・アウグストゥルス/Wikipedia

 

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-ローマ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.