日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ローマ その日、歴史が動いた

カルタゴの名将ハンニバルVSローマ 第二次ポエニ戦争を終わらせたザマの戦いの激アツ展開

更新日:

一進一退という言葉ほど、用途によって印象の変わる表現はないかもしれません。
もし自分がそういう状態になったとしたらストレスがマッハですけれども、これが歴史上の話ならワクワクしますよね。
本日は紀元前のそんな話をいたしましょう。

紀元前202年10月19日は、ザマの戦いにより第二次ポエニ戦争が終結した日です。
さっそく何が何やらわかりませんが、まずは舞台がどこなのかという話から始めましょう。
この戦争は、共和制ローマとカルタゴという国の戦いでした。
カルタゴはフェニキア人という民族の国で、現在地中海のアフリカ沿岸部の都市の名でもあります。当時はシチリア島などを巡って、ローマと度々戦争をしていました。
もう一方の共和制ローマとは、帝政=帝国になる前のローマを中心とした国です。ついでにいうと、ローマは王制→共和制→帝政という変遷の仕方をしていました。もちろんそれぞれの間は数百年あるのですが、ローマ人の試行錯誤というかチャレンジ精神すげえ。

 

ポエニとはラテン語でフェニキア人のことです

そしてこの二つの国は、やがて大きな戦争をすることになりました。それがポエニ戦争です。
この戦争は約100年の間、三回に分かれて行われました。
「ローマとカルタゴの戦で何で”ポエニ”戦争なんだよ」という気もしますが、ポエニ=ラテン語でフェニキア人のことなので大丈夫だ、問題ない。
第一次ポエニ戦争は、主にシチリアを巡って行われました。カルタゴがシチリアに攻め込んだことに始まり、ローマとシチリアは同盟を結んでいたため、カルタゴvsローマという構図になったのです。
戦闘そのものではローマが勝っていたのに、和平を提案されたのを無視したらこっぴどくやられ、しかも帰りの海難事故で6万人もの犠牲者を出すという散々な目に遭っています。笑えない三段オチですね。

こんな終わり方でローマもカルタゴも納得できるわけはありません。とはいえ、双方に多大な犠牲が出たため、すぐに再戦とはいきませんでした。
そして、第一次から20年ほど経って、第二次ポエニ戦争が始まります。

ハンニバル(Wikipediaより)

スポンサーリンク

あつすぎる!ハンニバルの大迂回奇襲作戦の発動!

第二次ポエニ戦争要図(Wikipediaより)

このときはカルタゴのハンニバルという将軍によって、非常にドラマチックな展開になりました。彼の名を冠した映画があるので、ご存知の方も多いでしょうか。
ハンニバルは今でもチュニジアの英雄として慕われている戦術家です。ものすごく乱暴に言うと「頭の回転マジパネエ」というタイプの人でした。
何せ、第二次ポエニ戦争を始めたときの戦略がダイナミックすぎます。上記の通り、それまでローマとカルタゴはシチリアや地中海沿岸で戦っていたのですが、ハンニバルは全く違う攻め方をしました。

ハンニバルは何と、地中海を延々西へ進み、ジブラルタル海峡~イベリア半島~アルプス山脈という壮大な遠回りをして、イタリア半島へ攻め込んだのです。
ものすごく些細な話ですが、このとき37頭の象を戦に使ったらしいのですけども、行軍速度はどんな感じだったんですかね。交通機関=生き物の時代ですから、さほどデメリットではなかったのかもしれませんが。

ハンニバルのアルプス越え。ゾウさんおつかれさまです(Wikipediaより)

しかし、ローマもまだまだ負けてはいません。
イタリア半島の他の都市は陥落したところもありましたが、ローマそのものは持久戦に持ち込み、すぐにはハンニバルの侵攻を許しませんでした。

ここで大きなポイントになったのは、カルタゴのお偉いさんとハンニバルの間に連携が取れていなかったことです。
時間が経つに従って、ハンニバルは少しずつ補給などで困るようになり、その間にローマは体勢を立て直して、ハンニバル軍をイベリア半島まで押し返しました。
文字で書くとものすごく簡単そうに見えますけども、象を使うような軍隊相手によく形勢逆転できたものですよね。アルプスを超える時点で3頭しか生き残っていなかったそうなので、火なり弓なりで集中攻撃すれば何とかなったんでしょうか。
同時に、ローマ軍は直接カルタゴの領土を叩き、そちらで勝利を収めます。ありていに言えば、ハンニバル軍が異国の地で孤立したも同然の状態になってしまったのです。
しかし、カルタゴのお偉いさんは諦めずに「とりあえずこっち戻ってきて」(※イメージです)とハンニバルを呼び戻しました。その間、ローマに和平交渉をして時間を稼いでいます。

が、ローマのほうもさんざんな目に遭っていますから、和平を持ちかけられたからと言ってすぐに「はいそうですか」とはいきませんでした。そりゃそうだ。
ハンニバルがカルタゴ方面へ戻ってきてから再度交渉が行われたものの、これも和平実現には至らず、最後の戦いが始まります。それが「ザマの戦い」です。カルタゴの名将VSローマの名将・スキピオの対決です。

スポンサーリンク

ザマの戦いの激あつ展開に括目せよ!

ハンニバルは兵と象を補充してローマ軍に相対しましたが、ローマ軍へ「象は基本的に直進しかできない」「方向転換するのに時間がかかる」という弱点がバレていたため、そこを狙われて戦象部隊が壊滅してしまいました。
それでも騎兵同士の戦いは互角で、熾烈な戦闘が続きます。しかし、ここでもう一つ、両軍のとある「違い」が命運を分けます。

それは、カルタゴ軍の歩兵は傭兵であり、ローマ軍の歩兵は今でいう公務員のような扱いだったということです。つまり、「国を守る」「国のために戦う」という意識は、ローマ軍のほうが上でした。
このため、歩兵同士の戦闘でローマ軍の優位が明らかになると、少しずつカルタゴ軍は不利に追い込まれていきます。それでもハンニバルは、待機させていた経験値の高い部隊などを使って中央突破をはかるなど善戦しました。
こういう一進一退の展開って胸アツですよね。

しかし、ローマ軍の騎兵が回復するほうが先でした。
彼らはカルタゴ軍の背後をつき、前線の部隊と連携してカルタゴ軍を完全に包囲しました。
これをやられた側から見てみると、まさに「どうあがいても絶望」状態。理解してしまった者からパニックを起こし、カルタゴ軍は壊滅してしまったのです。

正面主力は拮抗していたが両翼に展開された騎兵の戦いでは、ローマ側が有利となり、カルタゴ軍を囲い込むように(Wikipediaより)

中央突破をはかるカルタゴ軍だがローマの騎兵にまわりこまれて万事休す(Wikipediaより)

ハンニバルは何とか脱出し、その後もカルタゴのお偉いさんになりました。
ザマの戦いでの敗北によって、カルタゴは実質的にはローマの傘下に入ることになります。
しかし、カルタゴ本土のダメージは少なかったため、賠償金の支払いがスムーズに終わるほどの豊かさを保っていました。後世のいろいろな国が、敗戦国から根こそぎ持って行っているのと比べると意外ですね。
そのため、とあるローマのお偉いさんは常日頃から「カルタゴは滅ぼされるべきだ」と主張していたとか。

スポンサーリンク

しばらくの間はハンニバルの力やカルタゴの潜在能力を恐れてか、ローマから侵攻することはありませんでしたが、約50年後、両国は再び争うことになります。
そして第三次ポエニ戦争が始まるわけですが、その辺の話はまたいずれ。
長月 七紀・記
参考:ザマの戦いwikipedia
第二次ポエニ戦争(wikipedia)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-ローマ, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.