日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

子供じみたドタバタで切腹・改易まで悪化した「越後騒動」 最後は徳川綱吉も絡んでもうメチャクチャ!

更新日:

人の心中を察するのは困難なものです。
しかし、他人の考えを理解するのが難しいコトと、そこに自分の先入観を持ち込むのはまた別の話。おそらく、嫉妬や憎悪など負の感情が膨らむのは、自身の先入観が肥大してしまうというのも一因でしょう。
本日はそんな感じの理由で話がこじれたのではないか……と思われる、江戸時代の大騒動です。

延宝七年(1679年)10月19日は、越後騒動に対する最初の決裁が行われた日です。

江戸時代で「越後」というと黄金色のおまんじゅうが連想され……え? 古い? そりゃ失礼。

 

元を辿れば結城秀康~徳川家康にたどり着く家格

事件は四代将軍・家綱の時代に起きました。
舞台は現在の新潟県上越市付近に城のあった高田藩(高田城)で、ときの藩主は越前松平家の松平光長。両親が結城秀康の息子・松平忠直と徳川秀忠の娘・勝子のため、どちらの血筋をたどっても家康に行き着きます。
つまり当時としてはこの上ない高貴な家柄ということになるのですが、どうしてお家騒動になってしまったのでしょうか。

そこには、越前松平家の立ち位置や光長自身の性格、国元の家老たちの対立などによる、悪い方向の連鎖がありました。
時を遡って、忠直の時代から話をはじめましょう。

忠直は「乱心」のため正室・勝子との関係が悪化し、その後側室との間に二男一女をもうけました。
光長は藩主を継いだ後、初めて国元へ行くときにこの異母きょうだいを引き取り、弟たちには俸禄を与え、妹は家老・小栗美作(みまさか)の息子に嫁がせます。それぞれの暮らしがたつようにしてあげたわけです。

しかし、これが越後騒動の火種の一つになってしまいます。
小栗美作はデキた家老で、荻田隼人ら他の家老や重臣とともに、藩主不在中の高田藩をしっかり切り盛りしていました。むしろ、彼らがデキ過ぎる故に、光長が藩政を顧みなかったといってもいいかもしれません。
美作は新田や鉱山の開発、殖産興業の奨励により、表高(計算上)26万石を実質40万石にまで押し上げているくらいですから。まぁ、敏腕すぎるで。
ただ、藩士の収入源を地方(じがた)知行制から蔵米制に変えてしまったために、恨まれもしています。

 

スポンサーリンク

蔵米制では不公平さが是正される一方で収入が減る者も……

地方知行制とは、家臣に土地を与えて、そこで得た米などをそのまま収入にしていいという制度のことです。幕府が各藩に自治権を与えるのと同じ感じですね。
一方、これに対する蔵米制は、一度藩主のところに米を集め、その後給料として藩士に支給する制度です。こちらは現代の会社における売上と給料の感じに近いでしょうか。

蔵米制では藩士や家臣間の不公平さは是正されやすくなりますが、一方で収入が減る者もたくさんいました。
このため、美作と小栗家全体に恨みが向くことになるのです。

そんな最中、寛文五年(1665年)に高田で大地震が発生、小栗美作をはじめとした多くの重臣たちも犠牲になってしまいます。
当然それぞれの家で世代交代が起きるわけです。

通称が同じなので紛らわしいですが、小栗家を継いだのもまた美作という人でした。以下の話は美作(息子)のこととしてお読み下さい。

上記の通り、この美作は藩主光長の異母妹を妻にしています。
つまり、高田藩家臣の中では藩主や将軍家に最も近いというわけです。イヤな予感がしますね。
美作(息子)も父に似て政治感覚に優れた人で、この緊急事態に対し、幕府から五万両を借りて藩の再建にあたりました。
二代続けて、自他共に認められる筆頭家老となったわけです。乱立するフラグ。

 

スポンサーリンク

次の藩主は誰だ!? 美作は野心なく推挙したであろう

萩田家を継いだ主馬(しゅめ)にとって、この一連の流れは非常に面白くない事態でした。彼は次席家老なんですが、上を見るとキリがないんですよね。

そんな感じで、高田藩の中がきなくさくない状態で数年が経ち、今度は光長の嫡男が亡くなるという事件が起きます。
既に光長は60代になっていて、これから世継ぎをもうけるのは難しい状態。そのため、藩主の血縁者たちが集められ、新しい嫡子を決める会議が開かれます。
この時点での候補は以下の4名です。

・光長の異母弟……………………永見長良
・もう一人の異母弟の息子……万徳丸
・光長の異母妹の次男…………大六
・尾張藩主徳川光友の息子……松平義行

義行だけちょっと血筋が遠いですが、徳川一門で藩主を継げる年齢、かつ次男以下ということで候補に入ったものでしょうか。

話し合いの結果、年齢のことと考え合わせて、15歳の万徳丸が世継ぎに決まります。
大六は小栗美作と光長の異母妹の息子だったのですが、美作は男系や年齢のことを考慮して万徳丸を熱心に推したそうです。
つまり、美作に野心なく、純粋に御家のことを考えていたと思われます。

 

自ら「お為方」を名乗り美作らを「逆意方」と罵る

しかし、かねてから美作が気に入らない主馬は、「待て、これは孔明の罠だ」(※イメージです)と判断しました。
他にも似たような考えの人はいたらしく、「美作は密かに自分の息子・大六を藩主にするべく、暗躍している」という噂が立ってしまいます。

そしてそれを防ぐために、何故か50代の長良を後押しする一派が形成されました。いや、そこは万徳丸を推すところでしょ?(´・ω・`)
しかもこの一派、「自分たちこそが本当に御家のことを考えている!!」として、自ら「お為方」と名乗りました。

そして美作らを「逆意方」と罵ります。
美作は仕事はデキる男でしたが、私生活では華美な衣装を好むなど極端な面があったため、それに反感を覚える人が少なくなかったから……ということのようです。
父も蔵米制への切り替えで恨みを買っていましたので、その分もまとめてぶつけられたということでしょうか。

現代だったら「厨二乙」「レッテル貼り」で済む話ですけれども、ここから本格的に事がこじれはじめます。
お為方はなんと890人もの大所帯となり、その数に物を言わせて、「美作を隠居させてください!!」と光長に迫ったのです。
光長はこれを抑えきれず、美作に隠居を命じました。美作としては青天の霹靂だったでしょうが、大人しく命令に従って大六に家督を譲ります。

 

散財して幕府から疑惑の目を向けられぬようにしたのでは?

しかし、これがまたお為方には気に入りません。
「大六に家督を譲ったのは、藩主になれなくても藩政を牛耳るためだ! おのれ美作!!」と考えられ、隠居になった美作をさらに罰してほしい、と光長に迫ったのです。

言う通りにしたのにさらに要求を重ねる、という時点でもうメチャクチャですね。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはこのことです。
しかもその元が「日頃ハデな服装をしているから」「豪華な屋敷を作ったから」「陰謀を企てているに決まっているから」というイチャモンなのだからどうしようもありません。

美作個人に対する資料が少ないので、彼の真意については想像するしかないのですけれども、少々私見を挟ませていただきます。

越前松平家は、藩祖・秀康の時代から難しい立ち位置にありました。加えて、ときは何かあればすぐ「改易!!」の家綱時代。武士のモットーは節倹とはいえ、あまりにお金を貯め込むと「謀反の支度」と捉えられかねません。
美作はわざと散財して、幕府の疑いの目を逃れようとしたのではないでしょうか。
時代的にも場所的にも近いところに、鼻毛をわざと伸ばして暗君を装った前田利常という先達もいますし。ただ、まぁ、美作としては主君に「鼻毛を伸ばせ」とは言えないですよね。

また、この手のことを他の重臣と相談すると、噂が流れ流れてやがて「高田藩の重臣たちは、夜な夜な集まって藩祖以来の恨みを晴らす算段をしている」などと言われ、幕府に疑われることにもなりかねません。
だからこそ、美作は「個人的に」散財をしたとは考えられないでしょうか。領内で金を使う分には、経済のためにもいいことです。

まあ、同じ散財なら学問所なり貧民救済なり、もうちょっと慈善的なことに使っていれば、こんな疑いは受けなかったでしょうけれども。
美作はそこまで気が回らなかったか、ただ単純にハデな生活をしたかったかのどちらかですかね。

 

綱吉が将軍になって異例の再審が行われた結果

閑話休題。
元々藩政については任せきりだった光長は、「もうワシじゃ始末すんの無理」と考え、ときの大老・酒井忠清に裁定を頼みます。
忠清はお為方・逆意方の両方に「まあまあ、御家のためを思うなら内輪で揉めなさんな」(超訳)と言いつけたのですが、争いは収まりませんでした。
仕方がないので、騒ぎを起こし始めた側であるお為方の主だったメンバーを他家への預かり処分とし、一旦事を落ち着けます。

が、この翌年に家綱が亡くなり、徳川綱吉が将軍になると、異例の再審が行われることになりました。
逆意方も、預かり処分になっていたお為方も江戸へ来るよう命じられ、改めて対決が行われます。相変わらずお為方は美作へのイチャモンをつけ続けましたが、美作は冷静に反論しました。
一ヶ月経ってもその状態で埒が明かないので、江戸城で綱吉直々に裁定を下すことに。

その結果は、武家の原則である「喧嘩両成敗」を最重視したものでした。
逆意方の美作と大六は切腹、お為方の主馬らは八丈島へ流罪、さらに光長は家内の監督不行き届きで改易・松山藩お預かりという、厳しい処分が決まったのです。

 

忠清を嫌った綱吉の復讐なのか

この処分は、忠清に対する綱吉の復讐だという説もあります。
忠清がかつて、綱吉がいるにもかかわらず、家綱の後継者として「皇室から宮将軍を迎えよう」と言い出したことがあったため……だそうで。
宮将軍擁立説は否定する動きもあるのですが、それでなくても綱吉は忠清の権勢がよほど気に入らなかったようで、綱吉時代に書かれた忠清の記録は、かなり悪意がこもっています。

ちなみに、忠清自身は綱吉の親裁の前に亡くなっています。57歳でしたので、ちょっと早めではありますが、不自然ではありません。
が、綱吉が「自害ではないか」と疑い、いろいろと調べさせた……という話もあったりして。「いろいろ」の中身はグロい&創作の可能性があるので、ここでは触れません。詳しく知りたい方はググる先生へどうぞ。

綱吉が喧嘩両成敗を重視するのもわかりますが、忠清が「先に手を出したほうが悪い」とするのもまた筋の通った話です。
もしも美作に全く悪気がなく、綱吉・忠清の確執に巻き込まれただけだったとしたら、気の毒どころではありませんね。
もちろん、お為方が主張していたように、美作が御家乗っ取りを企んでいた可能性もあるわけですが。

例によって「歴史にIFは厳禁」を破るとすると、越後騒動で美作が生き残るためには、真面目に仕事をした上で「お為方の動きを封じる」「綱吉と忠清の確執を改善する」という超ハードモードをクリアしなくてはなりません。しかも時間が経つごとに状況が悪化していきます。

もしもお家騒動をテーマにしたゲームがあったら、最高難度になるでしょうね。ちょっとやってみ……たくないです。

長月 七紀・記
【関連記事】
◆不憫すぎる天下人の息子・結城秀康 ブサメンだから父の徳川家康に嫌われたってマジ?
◆引越し大名・松平直矩(なおのり) 父・直基の代から7回もの転封で財政ボロボロなれど……

スポンサーリンク

参考:越後騒動/wikipedia 今日は何の日?徒然日記

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.