日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

アメリカの代表的マフィア「アル・カポネ」とは? 神をも恐れぬ大ボスに訪れた虚しきラスト

更新日:

古今東西、悪人は数あれど、やっぱり親近感は湧きづらいですよね。簡単になびかれても、それはそれで困りものですけれども。
しかし、あまり有名ではないエピソードや、その人柄の細かいところを探してみると、意外に良いところが見つかって、身近に感じてしまうことはままあります。有名どころだと、織田信長などはまさにその典型でしょう。
本日は外国における、そんな感じ……かもしれない人のお話です。

1931年(昭和六年)10月24日は、シカゴのギャングのボスであるアル・カポネがクック郡刑務所に入所した日です。

ギャングというと神をも恐れぬ大悪人という印象がありますが、アル・カポネの場合は時折人間らしい一面を覗かせることもありました。
いったいどのような一生を送ったのか、みていきましょう。

アル・カポネ/wikipediaより引用

アル・カポネ/wikipediaより引用

 

NYブルックリン地区で9人兄弟の4番目として生まれた

アル・カポネは、1899年にニューヨーク・ブルックリン区で九人兄弟の四番目に生まれました。
フルネームは「アルフォンス・ガブリエル・カポネ」といいます。ガブリエルといえば受胎告知で有名な天使でもあり、何となくギャングとは結びつかない感じがしますね。
父親がガブリエーレという名前だったので、そこから来ているのでしょうけれども。まあ、「悪魔は天使のふりをしてやってくる」といいますしゲフンゲフン。

血筋としてはご存知のとおり(?)イタリア系で、父は理髪師、母は裁縫の仕事をしていた、ごくフツーの一般家庭でした。
当初は学校の成績も良かったらしいのですが、あるとき担任の先生(女性)と殴り合いの大ゲンカを繰り広げ、それ以降学校に行かなくなったといいます。どんだけー。
その先生も、まさか自分が殴り合った生徒が将来ギャングのボスになるとは思わなかったでしょうね。

その後、アル・カポネは“オシャレをして街に繰り出す”という不良少年のテンプレに走りつつ、ビリヤードや銃の扱いを覚えていきました。ただし、酒は飲まなかったそうです。
同時にまっとうな場所でも働いており、少しでもお金を稼いだら母親に渡すような家族思いの面もありました。真面目なのか不真面目なのかよくわかりませんね。

そういう生活を続けているうちにアル・カポネはイタリアンマフィアと知り合いになり、その中の一人に気に入られて下働きを始めます。
そして20歳前後でシカゴに行き、売春宿の客引きや裏社会のやり取りを覚えたとか。

 

スポンサーリンク

命を狙われることもあり、慈善事業に勤しむこともあり

シカゴに行ってからは、元々ボスに気に入られていたこともあり、一年も経たないうちに賭博場兼売春宿の支配人として認められ、年に2万5000ドルもの金を稼ぐようになったといいます。

アル・カポネはこの頃までに結婚して妻子もいたため、シカゴに家を買って呼び寄せました。母・兄弟も同時に呼んでいるので、再び10人前後の賑やかな暮らしになったことでしょう。

幼少の頃のアル・カポネと母/wikipediaより引用

幼少の頃のアル・カポネと母/wikipediaより引用

しかし、裏社会で目立つ存在になったということは、それだけ命の危険も増すということ。
他のギャングを暗殺した頃から、アル・カポネは「自分もいつか暗殺される」と思うようになり、自宅以外では一人になることがないよう、常にボディーガードをつけるようになりました。
実際、26歳のときアル・カポネの暗殺が試みられておりまして、たまたま不在だったため難を逃れたことがあります。
この手の事件で疑心暗鬼が極まると、そのうち身内の粛清を始めるのが常ですが、アル・カポネの場合はそこまでいかなかったようです。

暗殺未遂と同じ年にアル・カポネを見込んだボスが引退、若くしてギャングを引っ張っていく存在になりました。
ときは悪名高き禁酒法時代。アル・カポネは酒の密売で多額の利益を上げ、その金で官憲を買収し、実質的にはシカゴの市長同然の存在になっていきます。
カタギの人々を味方につけるため、貧しい人向けに無料で炊き出しを行うなど、慈善事業もしていました。ただし、その食材は地元の食料品関係の店からぶんどったものだったとか。やはりギャングはギャングですね。

殺人事件への関与を疑われて逃亡した先の街では、主にイタリア系住民にかくまわれたこともあり、自分の金で貧しい家庭を援助したり、子供の遊び相手をしたこともあります。
かくまってくれた礼なのか、裏で脅迫していたのかは定かではありませんが、少なくともプラスマイナスゼロという考えは持っていたようです。

 

スポンサーリンク

脱税の裁判では陪審員を買収するも、直前に……

また、のし上がる過程において、自分と対立する者は容赦なく抹殺していました。
1929年の「聖バレンタインデーの虐殺」という事件がいい例です。

疑いを防ぐため、この事件当時アル・カポネはマイアミにいましたが、やはり取り調べの対象にはなりました。さらに、わざと拳銃の不法所持で逮捕されています。微罪で逮捕されることにで、より大きな事件の責任を逃れようとしたわけです。さすが。
それで10ヶ月程度刑務所に入りましたが、刑務所でもお偉いさんを買収していたため、VIP待遇だったそうです。刑罰って……。
ただし、この事件がきっかけで市民からの人気もダダ下がりになり、警察も「アイツ、いつかとっちめてやる」(※イメージです)と本腰を入れるようになっています。そりゃあな。

時が流れ、国の方針で脱税と禁酒法違反に対する取り締まりが厳しくなると、アル・カポネも裁判にかけられました。
主な罪状は脱税だったので、アル・カポネの差し金で殺されたり、不利益を被った人からすると物足りなかったでしょうが……。
この時もアル・カポネは陪審員を買収して逃れようとしましたが、事前にバレて陪審員を入れ替えられてしまい、失敗に終わります。

最終的に、アル・カポネには十一年の懲役と罰金8万ドルが課せられ、1931年のこの日にクック郡刑務所へ入りました。
クック郡刑務所でも所長や職員を買収して、服役中とは思えない生活をしており、ギャングへの指示もしていたそうです。

しかし、再審請求が却下されてしまうと、一気に転落の道へ。
他の囚人から罵られることも珍しくなくなったといいます。ただ、その一方でシャバにいた頃アルの世話になった者は味方してくれたといいますから、裏の世界でもやはり人望が大切ということなんですかね。

別の刑務所に移された後はさらに真面目に服役しており、その分ナメられもしました。
週末にはバンジョーを演奏して、他の囚人と楽しいひと時を過ごすこともあったといいますから、囚人同士でもそれなりの付き合いはあったのでしょう。

刑務所の中で梅毒からの認知症

風向きが決定的に変わったのは1936年になってから。この年、囚人たちがストライキを起こした際、アル・カポネが参加しなかったため「お前の妻と子供を殺してやる」などと脅迫されることになりました。
本人はこの頃から梅毒を発症して心身ともに弱っていたらしく、毛布を頭からかぶって泣いていたといいます。かつてのボスの面影はほとんどなくなっていました。

その後もストに参加しなかったことや恐喝を断ったことにかこつけて、刑務所内で刺されたことさえあります。現在でもアメリカの刑務所はいろいろとアレな話を聞きますが、当時はもっと物騒な場所だったんでしょうね。

そうこうしている間に梅毒が進行して認知症に近い状態となり、別の施設に移されたものの、とき既に遅し。この頃とあるFBI捜査官がアルに面会しておりますが、「現実と妄想の区別がつかない状態」に見えたそうです。

刑期が明けた後はボルチモアの病院で治療を受け、その後家族とともにフロリダに移り住みましたが、やはり効果ははかばかしくありませんでした。
そして1947年の1月に、脳卒中とそれに伴う肺炎で亡くなっています。

前述の通り、アル・カポネは刑務所にいた頃からほぼ別人になっておりました。
が、死の翌日には新聞に「悪夢の終わり」と書かれたとか。
アル・カポネを描いた映画などでも、刑務所に入る前のイメージをさらに誇張したものが多いですよね。

一度ついたイメージはそう簡単に変わらないということ、ギャングのボスであっても人間には変わりないということでしょうか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:アル・カポネ/wikipedia 聖バレンタインデーの虐殺/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.