日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 中国 災害・事故

死者83万人と目される華県地震の恐怖 お隣・中国に見る地震災害の歴史

投稿日:

 

一般的にデカイ事件ほど、歴史では大きく取り扱われるもの。
しかし、世の中には「なんでこれがあまり知られてないんだろう」と不思議になるような出来事もままあります。身近なモノの歴史なんかがその典型例ですが、本日はお隣の国で起きていた、とある災害に少し着目してみましょう。

1556年(日本では戦国時代・弘治二年)1月23日は、中国で華県地震という大規模な地震が起きた日です。

 

洞穴住居が被害を拡大させたとか

同地震では、現在の陜西省(西安がある省)を中心として、実に83万人もの死者が出たといわれています。
当時この地域には窰洞(ヤオトン)という崖に横穴を開けた住居が多く用いられており、そのために被害が大きくなったのだとか……。
しかも、地震が起きた時間帯が真夜中だったそうです。災害史の中でも最悪の組み合わせといえるでしょう。

また、この時期は中国史としてみると「北虜南倭」という困難に見舞われた時期でもあり、明王朝にとってはかなり痛い災害だった……はずなのですが、不思議なほど話題になりません。世界史の観点からも、一・二を争う規模の地震といわれているくらいなのですけれども、当時の皇帝である嘉靖帝がどのように調査や復興をしたのか、ということすら表に出てこないのです。
いっそ薄気味悪いほどですが、現代ですらあまり研究されていないっぽいのは、よほどの理由があるんですかね。詳しい事情をご存じの方がいらしたらぜひご教示ください。

 

スポンサーリンク

最古の記録は実に紀元前17世紀のことだった

さて、日本も災害の多い国ですが、実は中国も負けず劣らず(?)多くの災害に見舞われています。
頻度がどうこうというより、歴史が長い分、そういった記録も多くなると言ったほうが正しいでしょうかね。
その中でも、地震は最古の王朝・殷(商・紀元前17C頃~)の時代から記録されています。

もちろん、歴代の王朝のお偉いさんも何とか地震対策をするべく、いろいろ考えていました。
後漢(三国時代のちょっと前・紀元25年~)の頃には、地震の発生方向を測るための「地動儀」という機器が作られていました。
都である洛陽から1000km離れた隴西の地震に反応したらしいのですが、いったいこの時代にどういう仕組みを作ったら、そんなことができたんでしょうね。ぜひ詳しい資料を残しておいてもらいたかったものです。

一般的に、地震は火山やプレート運動、断層と関連付けられます。その中でも、太平洋をぐるっと囲む「環太平洋造山帯」と呼ばれる地域と、ヨーロッパの西に始まって二つの大山脈とインドシナ半島をまたぐ「アルプス・ヒマラヤ造山帯」は、地理の授業でも出てきますね。
日本は前者に属します。後者に属する国のうち、よく地震のニュースが聞こえてくるのはトルコやイタリアでしょうか。

中国はこの二つには属していませんが、いくつかプレートの境目や断層があるため、その付近で地震が頻発しています。
中でも四川省の「龍門山断層」付近を震源とする地震が非常に多く、震度も大きくなる傾向があります。ここはアルプス・ヒマラヤ造山帯との境界線であり、高山が多いことも理由の一つです。2008年と2013年の四川大地震も、龍門山断層によるものと考えられています。

 

スポンサーリンク

20世紀に入ってから巨大地震が9回も!?

また、特に20世紀に入ってからは地震が頻発しており、100年の間にマグニチュード8クラス・死者数万~20万人クラスが9回も起きました。
その中で唯一被害が少なかったのは、1975年の海城地震です。このときは発生前に動物の異常行動などが多く見られたため、当局が避難を呼びかけたおかげで被害が少なかったのだそうです。
それでも1000人以上が亡くなっていますが……元々人口が多い分、単純に考えることはできませんね。

しかし、その翌年(1976年)の唐山地震では華県地震と同等の被害が出たともいわれています。この年には周恩来が亡くなっており、毛沢東の体調が悪化していたため、外国の支援を断ったことが人的被害を広げた原因とみられています。
唐山地震のときには海城地震ほどの前兆がみられなかっただけかもしれませんが、その後中国政府が有事の度にどんな対応をしているか……ということを考えると……ね……。

現在進行形でいろいろある間柄ですが、有事の際は真心をもって助けあいたいものです。
政府同士やお偉いさん単位ではいろいろあるでしょうけれども、その場で苦しんでいる人にとってはそんなの関係ないですからね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:華県地震/wikipedia 唐山地震/wikipedia 海城地震/wikipedia 宏観異常現象/wikipedia exciteニュース

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 中国, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.