日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが日本史ブギウギ 飛鳥・奈良・平安時代

壬申の乱前夜~天智天皇の崩御で大友皇子にのしかかる強大なプレッシャー

更新日:

 

日本史ブギウギを全部読む!】
(前回までのあらすじは……)乙巳の変を経て大化の改新へ邁進する天智天皇。
しかしその矢先、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に破れ、国防の必要性に追われて防人を設置したり、都を近江へ移したり。政治改革を進める一方で国外からの脅威に後手を踏まされる展開に見舞われる。
時同じくして盟友・中臣鎌足は、藤原姓を授けると共に死してしまい、大友皇子を自身の後釜に擁立するも、にわかに暗雲が立ち込めるのであった……。

第6話、スタート!!!


死を意識した天智天皇に対し、跡を継ぐ意欲を伏せて吉野へ降った大海人皇子。
一緒に付いていったのが妻の鸕野讃良皇女(うののさららのおうじょ・後の持統天皇)でした。
親と叔父に挟まれ、なんか複雑っす。

 


日本を大きく変えた天智天皇は672年に崩御されました。
後を託された大友皇子の不安感たるや……と思うのは、歴史を知っている者のオゴリですかね。
デキる叔父が、そうは言っても遠くはない地方で虎視眈々に構えているのかと考えると、そのプレッシャーたるや並大抵のことではなかったでしょう。
学校の授業ではアッサリ流されてしまう、この一連の出来事。大友皇子の立場からあらためて考えて見ますと、かなり怖いものがございます。

 


死してなお、大海人皇子を脅かす、天智天皇。
いや、まぁ、常識的jにありえないとしても、政治状況を考えると、とても単身では乗り込んでいけない場面でしょう。

 


大海人皇子、ついに挙兵を決意! 古代の内乱としてよく知られる【壬申の乱】へと発展して参ります。
続きは次回へ!

日本史ブギウギを全部読む!】

著者:アニィたかはし

スポンサーリンク

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

謎多き「壬申の乱」が起きた理由 なぜ大海人皇子は大友皇子を追い込んだのか

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-まんが日本史ブギウギ, 飛鳥・奈良・平安時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.