歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

エドアルド・キヨッソーネが描いた明治天皇/wikipediaより引用

日本史オモシロ参考書 明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

明治天皇のエピソードと功績をスッキリ解説! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

更新日:

2018年は「明治」への改元からちょうど150年にあたります。
また、受験や現代日本社会においても、明治時代は大きな転換点であり、重要な時代です。

というわけで、明治時代のアレコレを特集して参ります。

まずはこの時代の中心人物である、明治天皇の生涯とともに、ざっくり振り返るところから始めましょう。
お誕生日も新暦では1852年11月3日(旧暦・嘉永五年9月22日)ですね。

 

激動の幕末期に満14歳で即位することに

幼少期の明治天皇はどちらかというとか弱い少年でした。
キヨッソーネの肖像画で見る少し険しい表情や、体格の良さそうな写真などとは印象が違いますかね。

禁門の変(元治元年/1864年)で御所が銃撃に巻き込まれたり、よくわからん人が入り込んだりしたときは失神したといいます。
お姫様にはよくある話ですが、男性でこの手の話は割と珍しいかもしれません。

といっても、時代はいつまでもそれを許しません。
慶応二年(1866年)の末に父・孝明天皇が急死したため、年明け1867年には数え16歳で即位することになります。
満年齢では14歳、現代では中学生にあたる少年が、激動の幕末における新政府の中心に据えられたわけです。
常人であればプレッシャーで胃に穴が開きそうですね。

明治天皇も御内儀(天皇のプライベート空間)で誰かに愚痴をこぼしたことくらいはあるかもしれませんが、表向きそういう記録は残っておりません。
立場と政務になれる暇もなく、時代はどんどん進んでいくのでした。

即位の翌年には、江戸幕府十五代将軍・徳川慶喜から「権力を朝廷にお返しします」という表明が行われました。
受験でも大河ドラマなどの創作でもお馴染みの【大政奉還】です。

これは翌日に認められ、いよいよ明治天皇と朝廷が数百年ぶりに政治を執り行うことになります。

明治天皇や西郷隆盛の肖像画を描いたキヨッソーネ 立つ鳥跡を濁さないイタリア人の功績

 

スポンサーリンク

大政奉還】と【王政復古の大号令】の違いって?

なにせ数百年ぶりのことですから、いざ大政奉還となっても「ハイ明日から仕事ね! 武家の皆さんはすぐ隠居してね^^」というわけにはいきません。

新政府の制度が整うまでの間は、旧幕府の面々が実務を執り行うことになっていました。
移行期間というやつです。

そして大政奉還の翌年、
「そろそろ私達が政治をやってもいいだろう。徳川家は速やかに政権の座を明け渡すように」と、
明治天皇から【王政復古の大号令】が出されたのです。

こうなると出て来る問題がコレです。
「大政奉還と、王政復古の大号令の違いがよくわからん!」

この辺から用語が増えていくのでこんがらがる方が多いのですが、違いだけまとめるとこんな感じですかね。

(先)徳川慶喜から朝廷へ出された→大政奉還
(後)朝廷から公家と世間へ出された→王政復古の大号令

そもそも「幕府」とは、天皇の代わりに政治を行う機関なので、権力を返す相手は天皇になるんですね。
ここがわかっていれば、ごっちゃになることは少ないでしょう……といいたいところですが、これに限らずめんどくさい用語が目白押しなのが幕末~明治であり、明治天皇の生涯に起きていた出来事なんですよね……。

いわんや、実務に取り組んでいた人たちの苦労をや。
この時代のお偉いさんに生まれなくてよかったものです。

束帯姿の明治天皇/wikipediaより引用

 

当初の徳川慶喜は幕府の影響力を残そうと考えていた

用語が増えると頭がこんがらがって「もうヤダ!」と思ってしまう方が多そうです。
が、上記のように「これは、誰が誰に対して行ったものなのか」をハッキリ認識するところから始めるとよさそうです。

そこがわかれば、後は"5W1H"となるのですが、明治時代の始まりがややこしくなる理由の一つに「この時点では、形式上まだ江戸幕府が残っていた」ということがあります。

政治的権力を朝廷に返したことにより、徳川家や多くの武家が咎められるいわれはなくなった……はずでした。
そもそも慶喜が権力を返したのは「幕府という組織のトップではなくなるが、徳川家は臣下筆頭として生き残っていこう。まずは武家中心の議会を作るところからだ」と考えていたという説が有力です。

つまり「幕府」という看板(組織)がなくなるだけで、実質的には何も変わらないカタチを目指したことになります。

しかし、それは倒幕派の面々から見てもわかっていました。
慶喜を政権から追い出さなければ、元の木阿弥ということです。

そのため、倒幕派は慶喜に対する締め上げを開始。
具体的には、官職を辞して領地を朝廷に返すことを要求したのです。

そこまでされると思っていなかった慶喜は、これを拒否して大坂城に移り、様子を見ることにします。
多くの大名もまた、様子見のために慶喜の命令に従わず、地元にとどまっていました。
即座に上洛したのは、佐幕派だったほんの数藩のみ。

徳川慶喜/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

戊辰戦争が終わらないうちに次々出される新政策

ここからがきな臭くなってくるポイントなのですが……。
この状況で慶喜の命令を聞くからには、当然みんな幕府に対する忠誠心が非常に高いわけです。
そんな中で慶喜が政治的に危うい状況にある……ということに対し、黙っていられるはずがないですよね。

慶喜はなんとかなだめようとしましたが、そのうち諸藩の兵が暴発し、戊辰戦争が始まってしまいました。
これは明治天皇としても不本意だったでしょうね。

しかし、倒幕派からすれば「計画通り」もいいところ。
装備や戦略では幕府軍が有利な点もあったのですが、次第に新政府軍のほうが有利になっていきます。

そしてこの戦が終わらないうちから、明治天皇と新政府は新しい時代のためにアレコレと新政策を始めました。

箇条書きするだけでもこんなにあります。

・五箇条の御誓文
・五榜の掲示
・「明治」に改元、一世一元の制
・東京奠都(の準備)

戊辰戦争が終わると、さらにどんどん増えるのが実にイヤなところですね。
それぞれの詳しい内容については、後日あらためて見てみたいと思います。

 

明治維新とは西洋化なども含めた制度改革

これら一連の制度改正や、西洋化などをまとめて「明治維新」といいます。
当時や近い時代には「御一新」ともいわれていました。

何よりも強くアピールされたのは
「これからは天皇が政治を行う」
「日本は天皇が中心になって強くなるんだ」
ということです。

それに伴って、明治天皇や宮中も大きく変化しました。特に、武術については専門の師匠がついています。

江戸時代には「武術に興味を持って稽古をしていた」というだけで、幕府から咎められた後光明天皇という方もいたのですから、この一点だけでもかなりの変化です。
まあ、後光明天皇は黙って幕府の言うことを聞くような人ではなかったんですけども。詳しくは関連記事をご覧ください。

武家を相手に一歩も引かずの後光明天皇 江戸時代の剛毅なエピソードにホレボレ

武術の稽古は、明治天皇の体力づくりにも繋がりました。
20歳頃の写真と、それ以降の肖像画などを見比べると、だいぶ体格が変わったことがわかります。
目元は変わっていないので、同一人物らしさも残っていますが。

1890年に撮影された明治天皇/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

外国要人との会談が重要な仕事だった

戊辰戦争が終わってからの明治天皇には、さらに新しい仕事が増えていきます。
中でも大きかったのは、外国からの要人と会談を行うことでした。

特に、明治十二年(1879年)に来日した前アメリカ大統領ユリシーズ・グラントからは、国際的に認められるための助言を多々受けた、といわれています。
グラントは南北戦争の英雄でもありますので、生まれ育ちはともかく、明治天皇とは似通った経緯を経てきています。その辺に共感できたのでしょうか。

意外かもしれませんが、明治天皇は当初、武術や学問についての関心はあっても、政務にはあまり熱心ではなかったそうです。
そのため、ヨーロッパ歴訪で西洋の君主を見てきた伊藤博文とは、衝突することも多かったとか。
伊藤はこれに対し、明治十九年(1886年)に「機務六箇条」を制定し、この中で「これこれの場合には天皇自身が政務に参加すること」などを明文化しました。

そのうち明治天皇自身にも、政務への責任や関心が強まり、内閣への臨御も増えていきます。
特に、大日本帝国憲法や皇室典範などの審議の際は、ほとんど全ての会議に参加していたとか。会議後に伊藤らを呼んで、説明を求めることも珍しくなくなりました。

神事については「伝統を守り続けること」は重視していましたが、自らが行うかどうかはあまりこだわっていなかったようです。
特に後半生では、ほとんど代参で済ませた行事もあります。

これはただ単にサボりたかったわけではなく、神事のためのお清めが体の負担になったことなどから、不手際を防ぐ目的だったようです。

 

大日本帝国憲法により立場が明文化される

明治二十二年には、大日本帝国憲法が発布されたことにより、天皇の立場が明文化されました。

これもまた詳細は別途取り上げますが、簡単にいうと「天皇の立場は神聖不可侵である代わりに、多くの権力と義務を負う」ことが記されています。
かなり乱暴にいえば、議会が明治天皇に「あなたのお立場と命は保証しますので、これから仕事をバリバリこなしてもらいますよ^^」と宣言したようなものです。

一方、明治天皇は、憲法制定までが自身の政治的な仕事だと考えていたフシがあります。
明治二十年代後半からは、あまり内閣に臨席しなくなっているからです。ときには人事などに難色を示すこともありましたが、明治天皇が内閣や近臣の意見をねじ曲げるようなことは、ほぼありませんでした。
この姿勢は、大正天皇や昭和天皇も引き継いでいます。

数少ない例外は、日清戦争のときでした。

明治天皇はこのとき、伊勢神宮や孝明天皇陵への勅使派遣を拒否し、宮中三殿での奉告祭にも出席しなかったといわれています。
これは全て、明治天皇にとって「祖先への報告」を意味することです。

つまり、明治天皇は「この戦争は不本意なものだから、堂々とご先祖様に報告する気になれない」と思っていたことになります。
勅使派遣は後に行っていますが、対外戦争に対する明治天皇の考えが伝わってきますね。

それでも仕事は仕事と割り切ったのか、兵や国民への示しをつけるためか、広島に大本営が設置されたときはしばらく滞在し、政務・軍務を行いました。

 

スポンサーリンク

どこの国とも仲良くたいのになぜ争いが起きるのか

日露戦争開戦前にも「四方の海 みなはらからと 思う世に など波風の たちさわぐらん」という歌を詠んでいます。
昭和天皇が第二次世界大戦時に口ずさんだことでも有名ですね。

歌の意味としては「四方の海はきょうだいのようなものなのに、なぜ波や風が騒ぐのだろう」というものです。
状況と合わせて考えれば「どこの国とも仲良くしたいと思っているのに、なぜ争いが起こるのだろうか」くらいでしょうか。

皮肉にも、日露戦争での勝利により、日本は欧米列強に国力を証明することになりました。
また、ロシアの圧力を受けていた諸国からも「有色人種の希望の象徴」というイメージを持たれていきます。
欧米圏からの評価はまちまちですが、"Meiji the Great"や"Mutsuhito the Great"という呼称があるくらいですから、敵愾心だけということはないのでしょうね。

明治天皇が政務や神事よりも熱心に行ったのは、国民の模範となることだったかもしれません。

肉食や洋装・断髪など、生活における洋風化が急速に進んだのは、「お上」である明治天皇の生活に庶民が倣っていったことが非常に大きく関係しています。
こうしたものの普及について語るとき、まず真っ先に明治天皇の名前が出てきますからね。

この時代に西洋化が進んだことが、良かったのか悪かったのか……この後から今日までの歴史を見ていくと、どちらとも言いきれないところがあります。
「和魂洋才」「和洋折衷」といった言葉もありますし、日本の良さや一線を保ちつつ、未来へ向かっていくことができればいいのですが。

大政奉還から戊辰戦争が終わるまでのドタバタが超わかる! 幕末のクライマックスとは?

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】国史大辞典「明治天皇」等 明治天皇/wikipedia 明治天皇紀/wikipedia

 



-日本史オモシロ参考書, 明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.