麒麟がくる特集 織田家 その日、歴史が動いた

信長の遺体が消えたのは清玉上人が埋葬したから?本能寺もう一つのナゾ

投稿日:

天正十年(1582年)6月2日は、皆さんご存知、本能寺の変があった日です。

京都の本能寺に滞在していた信長が、家臣の光秀に謀反を起こされ命を落とす――という突然のクーデター。

なぜ光秀がそんな真似をしたのか?
という動機は今なお日本史最大のナゾとされておりますが、それとほぼ同じく不思議なのは【遺体の行方】です。

光秀が三日天下で終わったのは、遺体を入手できなかったのが影響したという見方もあります。
いったい誰が隠し、あるいは埋葬したのか?

そこで浮上してくるのが清玉上人という名前です。

史料的価値は疑問視されているのですが阿弥陀寺の『信長公阿弥陀寺由緒之記録』に、この清玉上人が遺灰を持ち帰り、供養したと伝わっているのです。

本稿では、その状況を辿ってみましょう。

 

信長に庇護されていた京都・阿弥陀寺の清玉上人

長島一向一揆や石山本願寺と激しい戦いを繰り広げたせいか。

織田信長は寺社仏閣に高圧的な人物と思われがちですが、実際は、むやみやたらに敵対していたわけではなく、真面目な聖職者には庇護を与えておりました。

阿弥陀寺の清玉上人も、そんな一人でした。

この寺は、光秀とゆかりの深い近江坂本に創建されたお寺で、その後、信長に帰依され、京都に移転していました。
ときの天皇である正親町天皇も帰依しており、阿弥陀寺を勅願所と認めたり、清玉上人には東大寺の勧進職を任せたりしていました。

織田家からも、寄付なり何なりかの庇護を受けていたことでしょう。

阿弥陀寺は当時、本能寺から4kmほど北西の位置にありました。
現代では、京都御所を挟んではす向かいといった位置関係です。

高層建築が少なかった当時、本能寺で事が起きた早朝には、さぞかし阿弥陀寺へも喧騒や炎の明るさが届いたことでしょう。

阿弥陀寺(京都)

信長はたびたび本能寺を在京時の宿所にしていました。

それだけに清玉上人が「もしや信長様に何かあったのでは?」と連想したであろうことは想像に難くありません。

前日6月1日には、公家や僧侶を40名ほど集めて茶会も催していますから、清玉上人も呼ばれていたかもしれませんね。

 

「遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」

もともと寺の朝は早いもの。
2日未明に起きた事件の当日、清玉上人は本能寺へ駆けつけたと伝わります。

しかし、時既に遅し、でした。

本能寺は既に燃えており、おそらく常日頃から蓄えられていた火薬にも引火して爆破、無残な状況です。

信長の足取りを探るべく、清玉上人も周辺を歩いて回ったとされます。
なんとか残った柱や焼け落ちた木材には、まだ火種が赤く煌々としていたことでしょう。

そして本能寺の近くの藪を通りかかったとき、火を焚いている武士数名に出会います。

話を聞いてみると、
「信長の遺命で、遺骸が敵の手に渡らぬよう火葬をしている」
とのこと。

これを聞いた清玉上人は「では、葬儀と墓所は私どもで承ります」と請け合い、火葬が終わった後の骨を阿弥陀寺へ持ち帰りました。

火葬を行っていた武士たちは、その後、信長の後を追ったとか。
明智軍へ挑んでいったとか。
話は枝分かれしています。

清玉上人は信長だけでなく、織田家全体に大きな恩を感じていたようで、本能寺の変で亡くなった他の武士たちも弔ったといわれています。

その中には、森蘭丸(成利)ら森家の三兄弟と、信長の跡取りである織田信忠も含まれていました。

信忠は二条御所を明智軍に取り囲まれ、自刃していたのでした。

ゆえに清玉上人が信長の遺骨を阿弥陀寺に運んでから、もう一度二条御所へ行ったのか、別の僧侶か武士に頼んで運んできてもらったのか……その辺は不明です。

この説で行くと「明智光秀が信長の遺体を探しても見つからなかったのは、清玉上人たちが素早く火葬を行ったから」ということになりますね。

 

大徳寺での葬儀となった秀吉は阿弥陀寺を処分した?

結局、信長の遺体を見つけることができなかった光秀。
中国大返しで思いのほか早く畿内へやってきた豊臣秀吉に追われ、山崎の戦いで惨敗を喫します。

程なくして、噂を聞きつけた秀吉が阿弥陀寺へやってきました。

明智光秀を討ち取った武功に加え、自分が喪主となって信長の葬儀を大々的に執り行わなければ、名実ともに信長の後継者としてアピールできる可能性が出てきます。

しかし、清玉上人はこれに真っ向から立ち向かいました。

「私共のほうでご葬儀は執り行いました。秀吉殿が改めてご葬儀をなさるには及びません」

秀吉は法要料などを献じて取り込もうとしましたが、清玉上人はこれも辞退するのです。
さすがは信長や正親町天皇が帰依した僧侶ですね。

秀吉は激怒しながら諦め、大徳寺で葬儀を執り行いました。

そして天下人になった後は、阿弥陀寺の所領を減らしたともいいます。
これが本当だったら小者すぎるやろ。

実際その後の阿弥陀寺は、決してラクとはいえない状況になりました。

江戸時代になってから、森家の末弟である森忠政が津山藩に封じられた後、毎年6月2日に法要を営んでいたようですので、多少は持ち直したと思われます。

信長のためというよりは、忠政の兄たちのためだったかもしれませんが。
忠政の義理の孫の代に百年忌も行っていますから、それなりに長く付き合っていた様子です。

 

大正時代の宮内庁は阿弥陀寺を信長の正式な廟所と認定

しかし、二度火災に遭って信長の遺品類がほとんど焼けてしまい、森家もその後改易されたため、阿弥陀寺はまたしても困窮してしまいます。

大正時代に宮内庁の調査で
【阿弥陀寺の信長公墓所は正式な廟所である】
と認められて現在に至っているので、江戸中期~明治時代の間もどこかから庇護を受けていたとは考えられます。

清玉上人が信長を弔ったことに始まるこの一連の話、皆さんはどう思われます?

一番の疑問はこれでしょう。

明智軍に取り囲まれた中で信長の遺体を外へ持ち出し、焼くことなどできるのか――。
敵の手に渡らぬよう、信長の家臣が手伝ったとされていますが、大軍に囲まれた状況でそんな余裕などないように思えます。

もちろん混乱の最中ですから、何があっても不思議ではありません。

この記録も本能寺の変の直後に記され、秀吉など近い時代の人々の認識などから、それなりに信憑性があるとの評価もあるようです。
その一方で、原書は一度焼失して書き直されて、史料的価値は薄いとの見立てもあります。

うーーーーーん、歯切れ悪くてすみません。

光秀の動機と併せて、信長の遺体論争は、今後いつまでも我々を悶々とさせてくれそうです。

『史籍集覧 信長公阿弥陀寺由緒之記録』/国立国会図書館蔵

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『史籍集覧 信長公阿弥陀寺由緒之記録』
京都観光NAVI
本能寺の変/wikipedia
阿弥陀寺_(京都市上京区)/wikipedia

 



-麒麟がくる特集, 織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.