島津貴久/Wikipediaより引用

島津家 その日、歴史が動いた

九州最強四兄弟の父・島津貴久がなぜ「中興の祖」と呼ばれたか?

投稿日:

元亀二年(1571年)6月23日、九州を代表する戦国大名・島津貴久が亡くなりました。

お察しのとおり薩摩藩の島津家です。
初代・島津忠久から始まって15代当主となる貴久は「中興の祖」とも呼ばれており、島津家ファンの方々には馴染み深い名前ですね。

島津といえば戦国時代では
・島津義久
島津義弘
島津歳久
・島津家久
の四兄弟が有名ですが、彼らの父親が貴久。
今回はこのトーチャンの若かりし頃から見ていきましょう。

 

分家の当主・忠良の長男として生まれた

貴久は、島津家分家の当主だった島津忠良ただよしの長男として生まれました。

このころの島津家は、親戚・分家の自立や、宗家当主の早逝が相次ぎ、その上、宗家14代当主・島津勝久は若年……という絵に描いたようなピンチな場面。
並の武家ならそのまま滅亡一直線という危うさでした。

が、ここで勝久はその後の島津家の運命を決める重大な決断をします。
忠良に相談し、貴久を養子として迎え入れるのです。

翌年、勝久は家督を譲り、貴久は島津家の本拠だった清水城に入り、13歳で正式に島津宗家の家督を継承しました。

勝久は、忠良の本領・伊作いざくに隠居。
忠良自身は33歳で剃髪して「愚谷軒日新斎」と名乗り、息子の後見に専念します。

「本家がダメだから分家から人を選ぶ」というのはよくある話ですが、島津家ってこういうときの人選が的確なのがまたスゴイですよね。
幕末に篤姫が将軍に輿入れしたときもそうですし。

しかし、これでトントン拍子とはいきませんでした。

 

いったんは宗家を追い出され復活まで13年

もうひとつの島津分家である薩州家当主・島津実久。
この実久と愉快な仲間たちが貴久体制に不満を持ち、勝久&貴久を追い出すと実久が島津家当主となったのです。

最近の研究によると、勝久も一枚噛んでたみたいですね。

自分で養子にしたくせに何がしたいんだ……とツッコミたいところですが、実は貴久との養子縁組は家老たちが推し進めた面が大きく、勝久は「ワシだってまだまだやれるし」と不満を抱いていたんだそうです。
なにがなんだかなぁ。

しかし、ここで再び大ドンデン。
父の忠良が薩摩南部の武士たちを傘下に収め、合流して盛り返すというアツい展開が起こります。

最終的には実久も勝久も島津宗家から逃げ出し、ようやく忠良・貴久親子が名実ともに中心となりました。

この時点で貴久の養子入りから13年。
本人の年齢も25歳になっています。

 

名実ともに当主となれたのは38才

ときは戦国です。
島津宗家に収まったからって心休まる暇はございません。

今度は他の薩摩の国人衆が「分家のヤツが一番偉くなるなんて認めねえ!!」とばかりに連合して戦いを挑んできたのです。
このときは13もの家が連合していたため、それだけにまとまりに欠ける面がありました。

数が多いほうが有利なのは戦の常識。
しかし、多すぎるとそれはそれで、カリスマ性のあるリーダーがいない限りgdgdになるのは、トロイア戦争(ただし事実かは不明)からの常識でしょうか。
トロイア戦争は、最終的にgdgdになったほうが木馬という奇策を使って勝っていますので、ちょっと違いますけどね。

それはさておき、薩摩の争いでは内紛が長期化するうちに忠良・貴久の和睦に応じる者が現れ、連合軍が瓦解していきます。

更にそのタイミングで、朝廷から「貴久を薩摩守護と認める」という勅使が来て、当主として最強のお墨付きをゲットしました。
本拠として内城うちじょうを築き、さらに朝廷から正式に島津家代々の官職「修理大夫」に任じられています。

こうして貴久が名目的にも物理的にも薩摩の主となったのは、38歳のときのこと。
冗談抜きで長く苦しい戦いでした。

年でいえば天文二十一年(1552年)。
織田信長が家督を継いだ翌年であり、大友宗麟が中国の大内家に養子を送り込んだばかりで、南に目が向いていなかった頃ですね。

信長の父・織田信秀と貴久がだいたい同世代ですから、息子たち四兄弟と信長も当然ながら同世代。
本能寺の変が起きていなかったら、九州征伐をしたのは豊臣秀吉ではなく、信長の陣頭指揮となる可能性が高そうなので、
【信長vs四兄弟】
という胸アツな展開になったかもしれません。

それに、もしこれ以上薩摩統一が遅れていたら、島津家が勢力を保つことはできなかったかもしれません。
実に絶妙なタイミングです。

 

戦国大名として初めて実戦に鉄砲を投入した

その後、貴久は大隅(現・鹿児島県東部)の西部を攻略し、島津家の掌握と領地の拡大に成功しました。

ちなみに貴久は、大隅攻略の過程で、戦国大名として初めて鉄砲を実戦で使ったといわれています。
種子島から近い分、研究や生産も早くできたのでしょうね。

貴久の最終目標は、大隅全土及び日向(現・宮崎県)を手中に収めることで、それは彼の息子である義久たち四兄弟によって進められていきます。
四兄弟の時代から見ると、忠良と貴久は二人で義久たちの地盤作りをしたことになるため、二人とも「中興の祖」といわれていますね。

父に倣ってか、貴久も寿命が尽きる前に出家、長男の義久に家督を譲っています。
義久の初陣は大隅攻略の後半ですので、たぶん前々から計画を立てていたんでしょう。

この流れからすると、島津家だけで大長編ドラマができそうな気がします。
「葵徳川三代」みたいに代々記っぽく進んでいく感じで。
特に島津家の場合、次の世代へのバトンタッチが見事ですから、うまく繋げていけそうです。

島津四兄弟(特に義弘)が大河にならないのは、「朝鮮出兵でのアレコレが問題になるおそれがある」という話が根強いとは思いますが、忠良や貴久の代からやれば、朝鮮出兵のあたりはかっ飛ばせそうですし。
そんな感じでどうですかね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
島津貴久/Wikipediaより引用

 



-島津家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.