歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ヴィクトリア朝ロンドンの都市と生活(原書房)

イギリス

物乞い、ゴミ拾い、ドブさらい……産業革命に沸く大英帝国ロンドンの闇が想像以上に深い

更新日:

NHKで放映された英国ドラマ『ヴィクトリア 愛に生きる』。
ヴィクトリア女王の結婚式は、目がくらむほど絢爛なロイヤルウエディングでした。

白く清楚なドレス、輝く宝石、贅を尽くしたケーキ、豪華な花束。
いかにも大英帝国の栄華が極まった映像ですが、本作では同時に別の一面も描かれておりました。

ヴィクトリアの夫となるアルバートは、ロンドンの下町で見かけた子供の惨めな様子に胸を痛め、ヴィクトリアにこう言います。

「きみはもっと庶民の暮らしを気に掛けるべきだ。4歳か5歳くらいの子供が、物売りをしているんだよ」

ヴィクトリアは治世への無関心を指摘されたように思ったのか、このアルバートの発言にムッとします。
アルバートは庶民の困窮を、ヴィクトリアの信任篤い首相メルバーン卿にも訴えます。
しかしメルバーンは、まったく関心を示そうとしません。

王族や貴族が豊かな暮らしを送る一方で、アルバートが指摘するように超格差社会でもあったロンドン。
世界で初めて産業革命を迎え、貧困や荒廃、公害にも直面していたその姿とはどのようなものだったのでしょうか。

 

「ロンドンは人間を喰らう飢えた獣だ」

ロンドンは入ってくる人間を片っ端からむさぼり喰う飢えた獣だ――。
ディケンズは嫌悪感をこめて、こう書き残しています。

鉄道が開通し、地方都市からの移動も可能となったこの時代、仕事と金を求めて人々はロンドンに押し寄せました。
当時はイギリスのみならず、ヨーロッパ全土、植民地から「人とモノ」が集まる世界一の大産業都市だったのです。

このため、政治の中枢であるホワイトホールやウエストミンスター宮殿が整備される一方、貧民街は悲惨そのものでした。

入り組んだ道は悪党が身を隠す隠れ蓑になり、まるで迷宮のよう。行政も手をこまねいていたわけではなく、貧民街に手が入ることもありました。

しかし大抵の場合、住人は貧民街を追いやられ、また別の貧民街へと移されるだけ。
貧民たちは裸同然の汚い格好で折り重なるように横たわっていました。

こうした街では生きている人だけではなく、赤ん坊や行き倒れ、不運な凍死者の死体が転がっていることも、決して珍しいことではありません。
ロンドンを流れるテムズ川は茶色く汚れ、淀んでいました。

川面に犬や猫の死体が浮かんでいても、誰も気にしません。
川岸には崩れそうな家があり、その住民たちは汚水をくみ取って生活用水にしています。
こんな水を飲めば当然病気に感染しかねません。

そのため人々は、水代わりにビールを飲んでいました。

 

スポンサーリンク

霧ではなく大気汚染の街・ロンドン

市場では屠られた家畜の脂と血が流れ、街の空気は石炭から出る煙によって汚染されています。
「霧の町ロンドン」とは「大気汚染の街ロンドン」ということでもありました。
建物はすすまみれになり、行き交う人の衣服も黒く汚れています。人々は咳き込み、肺を病むのでした。

街には、いたるところに悪臭がたちこめています。
醸造所や化学工場からは強烈な悪臭。
馬車が主要な交通手段であるため、馬そのものの臭いや排泄物の悪臭も漂っています。
夜になると鯨油を燃やした街灯がともり、むっとする生臭さをが辺り一面に広まります。

風呂になど入ることのない人々の体臭。
腐りかけた魚や野菜。
猫の死骸。
ガス。
こうした悪臭も加わります。

馬車に乗る人は夏でも窓を閉め、ハンカチで鼻を覆いました。

貧困、大気汚染、病気、犯罪……そうした危険に巻き込まれて死ぬ者も多いのに、地方から人が吸い込まれ、街の中にきえていく。

ディケンズが語るように、ロンドンは人を喰らう街でした。

 

それでも救貧院へ行くよりはマシだ

ロンドンで一番早く起きるのは、長時間労働をしなければならない貧しい労働者でした。

朝の光の中、貧しい労働者たちがぞろぞろと職場へ。
市中には、物乞い、ゴミ拾い、ドブさらい、煙草の吸い殻拾いをして暮らす人々が数多くいました。
馬糞、人糞、犬の糞は肥料として売ることができるため、こうしたものを拾う人も……。

干潮時のテムズ川には「どぶさらい」の子供たちが集まります。川底からまだ使えそうなものを拾い売りさばくのです。
溺死体があればラッキー。ポケットの中身をあさることもできますし、遺体発見の謝礼をもらうことができるのです。
さらに、溺れていたので助けようとしたと主張すれば、報奨金も請求できます。

ロンドンの貧困家庭に生まれた子供たちは、今でいう小学生くらいになれば弟妹に押し出されるかたちで、働きに出なければ食いつなぐことができませんでした。
十歳にでもなれば一人前の労働者。
どぶさらいやゴミ拾いはこうした子供にとっては貴重な収入源だったのです。

シャーロック・ホームズシリーズに登場するストリートチルドレンの一団「ベイカー街遊撃隊」は、こうした子供たちを構成員としています。
彼らがうろついていても誰も気に掛ける人はおりませんし、子供たちにとってみれば情報だけでまとまった金をもらえるのですから、どぶさらいよりはるかに魅力的な仕事であったことでしょう。

こうした最低限の暮らしすら維持できない人々は、名前を聞くだけでもぞっとする救貧院送りになりました。
ヴィクトリア朝の人々にとっては病院も救貧院も監獄もさして変わらない、まがまがしい施設でした。

「救貧院に入るくらいならどぶさらいや糞拾いをした方がまし!」

当時の人はそう考えておりました(詳細は以下の記事にございます)。

人がゴミのよう!に扱われた英国ブラック労働の過酷すぎる歴史 これぞ大英帝国の陰なり

スポンサーリンク

現代的な都市問題が集中していた

世界初の産業革命を成し遂げた国の首都・ロンドン。
そこは現代社会が直面する「都市問題」が最初に起きた場所でもありました。

産業発展にともなう公害。
地方から都市に人口が流出し集中する過密化。
犯罪の温床となる貧民街。
貧困。
交通量増加による事故の発生。
労働者が直面する長時間労働。
人々の格差。

ロンドンは確かに人を喰らう獣でした。

ヴィクトリア女王の華麗な宮廷生活を見ていると、なかなか想像できないような一面がロンドンにはありました。

綺麗なドレスにうっとりするのも楽しいものですが、ドラマでアルバートが指摘したような厳しい現実があったことも、忘れないでいたいものです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-イギリス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.