縄文人もジンジンジン…な「虫歯の歴史」 家康も馬琴もみ~んな入れ歯を使ってた!? まり先生の歴史診察室♪vol.9

 

こんばんは!お菓子大好き馬ちゃん先生です。
縄文時代の食文化の記事で少し虫歯にふれたところ担当編集の一休さんから【もっと虫歯ネタが知りたい】とのリクエストを頂戴しました。ぶっちゃけ歯のことあまり知らないんですけど・・・まぁ良いかな。ということで今回もゆる~くいきますよ!

 

原因はミュースタンス菌の作り出す酸

悪魔のような虫歯菌がツルハシやドリルで歯に穴を開ける――。皆さんは幼い頃、絵本などでそんなシーンを見たことがありませんか?

虫歯をおこす代表的な菌は『ミュースタンス菌』です。もちろん悪魔のような姿ではないですし、歯を溶かす道具はドリルではありません。

ミュースタンス菌によって歯が溶けるのは、菌の作り出す『酸』が原因なのです。

ミュータンス菌/wikipediaより引用

ミュータンス菌/wikipediaより引用

 

この菌は、食品の中の『糖質を原料にして乳酸などの酸』を作り、結果、歯を溶かすのですが、このことを『う蝕(うしょく)』と言い、溶けた歯を『う歯(虫歯)』といいます。1881年頃にこの事実が判明するまで、虫歯の原因は『歯の中の虫』だと考えられておりました。

ミュータンス菌の酸によって歯表面のエナメル質が少し溶けた程度であれば自然治癒もありますが、象牙質まで進むと痛みが進行します。そして、う蝕が歯髄(しずい)まで到達すると歯髄炎をおこし、放置をすると歯質がもろくなって最終的にはポロッ。

読者の皆さまの中で、これを経験した方はおありでしょうか? ちなみに私は大丈夫です♪

 

縄文人に虫歯が多いのはナゼ?

ともかく糖質をとらなければ酸の原料がないので虫歯にはなりません。

よって野生動物には虫歯がないとの報告があります(チンパンジーなど果物を良く食べる種には虫歯ができることがあるそうです)。旧石器時代の人類の化石にも虫歯は殆どなかったそうです。

しかし、狩猟採集生活から、農耕生活へ移行すると虫歯は増加しはじめます。

日本の縄文人の虫歯率は約8%。実はこれ、世界の狩猟民族が1-3%の虫歯率であるのに対しかなり高率です。前回の記事でも触れましたが、このことからも縄文人はドングリやクリなどの『炭水化物(糖質)』を多く摂取していた食生活がうかがえます。

それが証拠に、同じ縄文人でも針葉樹林ばかりでドングリやクリがない北海道縄文人では虫歯率が2.4%と狩猟民族の平均並みまで下がります。

歴史って本当に面白いですよねー。

 

弥生人の虫歯率は倍増でさらにドンッ!

さてさて農耕が始まると虫歯率が増えるのは世界に共通した現象ですが、日本でも例外なく倍増しております。

弥生人の虫歯率は16-19%で、世界の中でもダントツ! 西洋では西暦1000年頃までは3~4%であり、どの集団も10%以下だったそうです。

それが西暦1000年ごろ、サトウキビが西洋社会に紹介されたことを契機に虫歯率が大きく増加し、24~25%ほどになったとあります。

つまり日本の弥生人は時代を1000年先取りしてたんですね~悪い意味ですが(笑)。

ちなみに今でも日本は虫歯が多い国です。

 

701年に初めて歯科の「耳目口歯」が登場した

では、日本の歴史に歯科が登場するのはいつ頃か。ご想像つきますでしょうか?

答えは701年。この年号にピンときた方も多いと思います。そう、この年は大宝元年で『大宝律令』が制定されました。

日本ではじめて律(刑法)と令(行政法)がそろって成立した本格的な律令ですが、この医疾令(医療制度の法令)の中に【耳目口歯】として歯科が登場したのです。

当時は顔の器官全部まとめてひとくくりだった模様で、900年代の書物には「朝夕の歯磨きか食後のうがいをしたら虫歯にならないよ」と書かれており、当時から歯磨きが虫歯の予防手段として知られておりました。

 

現存する最古の入れ歯は仏姫さんのものです

室町時代には、なんと現在に近い形の入れ歯も存在しました!

まぁ、木製ですけどね。現存する日本最古の入れ歯は1538年に亡くなった仏姫という尼僧のものです。現代では街路樹などで見かける黄楊(ツゲ)で出来ており、奥歯にすり減った跡があることから食事のとき実際に使用されていたと考えられます。

仏姫の義歯2

こうして見ると結構エグいすね・・・/神奈川県歯科医師会HPより引用

 

もともとは仏師が片手間に作っていたようですが、安土・桃山時代以降は仏像の注文が少なくなり、彼らの中には義歯を主体に作り始める人も出てきました。

当然ながら技術はより精巧になっており・・・

【ロウで型を取り】

【ツゲの木を削って土台を作り】

【前歯には人間の歯を糸で台にくくり付け】

【奥歯は金属の釘を使用しよく噛めるように】

と、本格的なものになります。

徳川家康も晩年は入れ歯を使用していた記録が残っており、南総里見八犬伝で知られる滝沢馬琴(1767~1848年)の『馬琴日記』にも入れ歯の記述が残されております。甘いものが好きだった馬琴は57歳で総入れ歯になったそうですよ。

お世話になりましたー/wikipediaより引用

私もお世話になりましたー/wikipediaより引用

 

西洋では19世紀になってから…遅いね( ´_ゝ`)フッ

一方、西洋の入れ歯事情はどうだったのかと申しますと、19世紀以前は、はっきり言って飾りです。当時の入れ歯は骨や象牙で出来ており、噛めないだけでなく長く使っているうちに耐えられない悪臭がしてきたそうです。

では虫歯で歯を失った西洋人はどうやって食事をしていたのでしょうか?

貴族階級のお話ですが、自力で食物を噛めなくなった場合はペンチのような形をした肉粉砕器で肉を潰し、食事をしていたと記録されています。

西洋で現在のように実用可能な総入れ歯が考案されたのは19世紀。入れ歯分野でも日本は200年時代を先取りしていたようですね。やはり縄文・弥生時代から付き合いが長かったのが功を奏したんでしょうか。あまり大威張りするようなことでもないですが(・ω<)

虫歯で歯を失うと健康を損ねる原因となります。シッカリと歯磨きをしてください。

また、ダラダラと甘いものを食べると虫歯になりやすいので間食を抑えることも大切です。

さーて、コラム書いたら小腹がすいたのでチョコレートでも食べようかな♪

まり先生の歴史診察室滝沢馬琴

イラスト・文/馬渕まり

参考:西日本新聞 ドクター江部の糖尿病徒然日記 深川歯科 長崎県歯科医師会 テーマパーク8020 神奈川県歯科医師会 義歯/wikipedia

 

 


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • 馬渕まり
    • 2016年 8月 25日

    @匿名

    詳しいお話をありがとうございますm(_ _)m
    現代の日本の齲歯率が欧米より高いので弥生以降もずっと高いと思っておりました。

    • 匿名
    • 2016年 3月 14日

    クリコスの研究でギリシャのう歯の発生率についての歴史というものがあります。BC2000年(4000年前)では8%、AD1000年には20%に上昇、1600年頃には48%にまで達しており、これは現代日本人より高い数値です。
    一方、日本では弥生時代に20%まで増えますが、古墳時代から鎌倉時代までほぼ10%のまま、室町時代では5%以下となり、世界的に見ればかなり少ない方と言えます。江戸や明治の頃も弥生時代以下ですから割と日本人の歯は丈夫だと言えます。
    一概に縄文人と言っても極めて大規模な定住遺跡を残した集団と、いわゆる狩猟採集民集団に分けられますから、前者の比較対象は同時代の農耕民であるべきでしょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る