日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

堀北真希の先代の「悲劇の少年王」とは【その日、歴史が動いた】

更新日:

 

なぜか悲劇の主人公というと女性が多いですよね。
昔は女性の名前が伝わること自体が珍しかったので、名前がわかる=悪女か良妻賢母か女丈夫に限られ、そういう人は悲劇に巻き込まれやすいということなのでしょうけれども。
しかし、政治の中心はほとんど男性ですから、その中には当然?悲劇に巻き込まれた人もいます。
今日のメインは、父王の身勝手さにより諸々の害を被った少年王(↑フィギュアスケートさせたい風貌)のお話です。

1547年(日本では戦国時代の天文十六年)の2月20日、ヘンリー8世の息子・エドワード6世がイングランド国王に即位しました。

例の奥さん変えまくった王様が父親だなんて、その時点で貧乏くじを引かされたようなものです。
しかも生まれたときから体が弱く、たった6年しか王位にいることができませんでした。
9歳で即位して15歳で亡くなってしまったというだけでも十分悲劇ですが、周りの大人たちの都合によりさらに哀れな運命をたどっています。
というのも、彼が無事成長していたらイングランド、ひいては連合王国イギリスの歴史は大きく変わっていただろうと思われるからです。

ちなみに彼の次にイングランド国王に即位したのが「9日間の女王」ことジェーン・グレイです。
今月26日から堀北真希さんがジェーン・グレイを演じる舞台”9days Queen~九日間の女王~”が始まりますので、ちょうどタイムリーな話題になりましたね。

その後メアリー1世やエリザベス1世が即位し、イングランドは大英帝国へ成長していくのですが、例によってややこしい話ですのでざっくり掴むところから始めましょう。
・エドワード6世が貧乏くじを引くまでのいきさつとその後のイングランド
百年戦争でイングランドが大陸の領土をほとんど失う

百年戦争反対派だった貴族が王家の交代を主張、プランタジネット家からランカスター家へ

ランカスター家が気に食わない貴族・ヨーク家がケンカを売り、ばら戦争開始

ランカスター家のヘンリー7世がヨーク家から奥さんをもらってようやく落ち着く

ヘンリー8世のやりたい放題

エドワード6世即位 ←今日ここ

ジェーン・グレイ、9日間で王位を追われ処刑される

メアリー1世即位、カトリック迫害

エリザベス1世即位、海賊紳士スタート

時期としては主に先日の記事(その前に 人がたくさん死にすぎたから 割りとマシだよ「名誉革命」【その日、歴史が動いた】)で最初に(中略)した部分のお話になります。

身も蓋もない言い方をすると、「プランタジネット家が余計な欲を出したばかりに権力も信頼も失い、新しい王家ができてやっと落ち着いたところへヘンリー8世がめちゃくちゃやらかしおったせいで息子が大迷惑」という感じです。
エドワード6世の病弱さは父親から母親にうつった梅毒のせいという説もありますし、もしこれが本当ならトーチャンどうしようもないですね。正真正銘サイテーや。

「息子が欲っすい~」一発であてた黒田官兵衛がうらやましい

そもそもヘンリー8世が奥さんを変えまくったのは、世継ぎの男の子を得るためのことでした。
今でこそイギリス・イングランドといえば女王のイメージが強いですが、この頃はまだ女性が王位についたことがなかったので、ヘンリー8世としてはやはり男の子が欲しかったのです。
どのくらいかというと、一旦は最初の奥さんとの間に生まれたメアリー1世を「健康なら将来女王になってもいいだろう」として継承権を認めたくせに、次の奥さんと結婚するときに放り出した上、エドワード6世が生まれてからは二の次扱いするくらいです。どこまでもサイテーやな。
実際は一番がエドワード6世、二番目がメアリー1世でしたが言葉のあやと言うやつです。

が、さすがにエドワード6世が生まれつき病弱なことは理解していたので、ヘンリー8世は自分の死後のことも根回ししていました。
一つは重臣達に「息子を頼む」という旨の遺言を書き残すこと、もう一つはスコットランド女王のメアリー・スチュアートとエドワード6世を結婚させて、権力を安定させることです。
結論から先に言うと、どちらもうまくいかなかった結果がジェーン・グレイの悲劇につながります。

スポンサーリンク

イギリスの藤原氏になりそこなった外戚

遺言書はエドワード6世の母方の祖父であるエドワード・シーモアが握りつぶしてしまい、専制を図りました。
別の記事でも書いたような気がしますが、ホント藤原氏とやってることが変わりません。こっちはすぐ首が飛びましたけど。

結婚のほうはというと、スコットランドは基本的にカトリックのため「プロテスタントと結婚だなんてとんでもない!!」と女王の母親が大反対。同じカトリックのフランス王太子とメアリー・スチュアートが結婚し、エドワード6世は出遅れてしまいました。
というか、トーチャン自分でカトリックにケンカ売ったくせに、プロテスタントの息子がカトリックと結婚できると思ってたんですかね。どう考えてもアホ過ぎる。

せめておじーちゃんのシーモアがしっかり後見してくれればまだマシだったのかもしれませんが、彼は急に成り上がったため敵を作りまくっており、そこに弟がポカをやらかしてしまったため、反逆者として処刑されてしまいました。あーあ。
まだ幼少で飾り物でしかないエドワード6世が自分の意思で政治をできるわけもなく、新たな野心家が近寄ってきます。
それはヘンリー8世の下でたびたび重役を任されていた、ジョン・ダドリーという男でした。

ジョンは先の短いエドワード6世をあっという間に見限り、権力を握り続けるための画策を始めます。
この時点でエドワード6世が亡くなった場合の王位継承権は、メアリー1世→エリザベス1世ということになっていました。
ここに割り込むべく、彼は自分の息子をヘンリー7世のひ孫であるジェーン・グレイと結婚させ、ジェーンを女王にすることで外戚として実権を握ろうとしたのです。まさに藤原氏方式。

スポンサーリンク

そして女帝と海賊紳士の時代に

血筋だけで見ればジェーンがすんなり女王になれるわけはなかったのですが、ここでまたしても宗教がからみます。
メアリー1世は敬虔にも程があるカトリック、そしてエドワード6世は父親譲りのプロテスタントでした。
これでは直接王位を渡したら、混乱するのは目に見えています。
ジョンはここに付け入り「ジェーンならプロテスタントですから、混乱は少なくなりますよ(多分)」とゴリ押しして、エドワード6世にジェーンの即位を認めさせました。汚い以外に形容詞が思い浮かびません。

その2ヵ月後エドワード6世は亡くなり、ジェーン・グレイが即位したもののメアリー1世が黙っているはずもなく、哀れ女王夫妻とジョンは揃って処刑されてしまったというわけです。ジョンは自業自得ですね。
その後メアリー1世が即位しましたが子供ができず、イヤイヤながらに異母妹・エリザベス1世へ王位継承を認め、パイレーツ無双が始まります。

スポンサーリンク

もしエドワード6世が身体頑健で、親政に積極的かつプロテスタントの奥さんをもらっていれば子供も作れたでしょうし、もっとスムーズに王位継承が行われていたでしょうね。
少なくともメアリー1世によるカトリックの迫害はなく、流血は減っていた可能性が高いでしょう。
もっとも、その場合エリザベス1世に始まるイングランドの隆盛もなかったのかもしれませんが。
運命の皮肉というか何というか、どれが最善とはいい難いのもまた歴史の奥深さですね。
長月 七紀・記
参考:
http://www.geocities.jp/acrossnote/column/note-01/grey.html
http://www.9days-queen.com/




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.