日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト:富永商太

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた

茶器&茶会を愛した織田信長 どんな名物を所持し、配下の者に与えたか、まとめてみました

更新日:

仕事中の「一息」って大事ですけど、職場だとタイミングが難しいことがありますよね。
喫煙者の方ならまだしも、非喫煙者ですと「席を立つ=サボり」みたいにみなされることもありますし。

本日は誰もが知っているあの人の「一息」だったかもしれないもののお話です。

元亀二年(1571年)3月4日は、織田信長が東福寺で茶会を開いた日。てなわけで今回は信長とお茶の関係を考えてみたいと思います。

草庵風茶室の例(高台寺遺芳庵)/wikipediaより引用

 

領地の代わりに茶器を褒美に

信長と茶の関係は、他の大名と比べて特徴的なことがいくつかあります。
それは、お茶というより茶器との逸話が多いことです。

一番有名なのは、領地の代わりに部下へ茶器をあげたことですよね。
信長は「銘器狩り」といわれるくらい良い茶器を漁っていた時期があるのですが、それと同じくらいのペースで部下への褒美として茶器を与えています。

信長が誰かにもらった茶器の一覧はこちらです。

【信長が所有したことのある茶器】

・松永久秀から  九十九髪茄子の茶入れ
・今井宗久から  松島茶壺・紹鴎茄子の茶入れ
・大文字屋から  初花肩衝(かたつき)
・祐乗坊から   富士茄子の茶入れ
・池上如慶から  かぶらなしの花入れ
・薬師院から   小松島の茶壷
・油屋常祐から  柑子の花入れ
・石山本願寺から 白天目茶碗
・三好康長から  三日月の葉茶壷
・北向道陳から  松花茶壺
・朝倉家から   本能寺文琳(茶入れ

大名物 唐物茄子茶入 付藻茄子(松永茄子)/静嘉堂文庫美術館より引用

 

スポンサーリンク

家督を譲った信忠には初花肩衝など超一級品も

信長公記その他から抜粋しましたが、相手と名前がわかるものだけでもこんなにあります。茶器に限らず、絵などの芸術品を含めた「名物」全体となれば、その数は計り知れません。
献上させたものがほとんどですが、代わりに金銀を払ったそうなので、どちらかというと買いとったというほうが正しいですかね。

まぁ、権力者・信長に対して「差し上げますので命だけはご勘弁を!(gkbr」って感じだったかもしれませんが。逆に金銀が送られてきてビビったかもしれませんね。

朝倉家からぶんd……回収した本能寺文琳のように、滅ぼした相手の持ち物を信長が所有していたこともあります。実利主義の信長らしいというかなんというか。

今回はさらに、誰にどの茶器を与えたのかもまとめてみました。

【信長からのご褒美ver.茶器】

・丹羽長秀へ 珠光茶碗
・柴田勝家へ 乙御前釜・柴田井戸(茶碗)
織田信忠へ 初花肩衝・松花茶壷・竹子花入・藤波の釜・道三茶碗・珠徳茶杓

信忠だけ別格ですが、これほど数多くの名物を贈ったのは、家督を譲った後のことです。「俺と同じように、何か手柄を立てたヤツにやれよ」という信長流の教育だったんでしょうかね。

また、長秀に与えた珠光茶碗を召し上げる代わりに、名刀・鉋切長光(かんなぎりながみつ)を与えるという割とめちゃくちゃなこともしています。
付き合いの長い長秀相手だからできた気がしますね。これが光秀相手だったら、その時点で謀反を起こされていそうなヨカーン。

詳細がわからないのですが、秀吉にも中国攻略の褒美として、茶道具の名物十二個をあげたといわれています。太っ腹すぎ。

この他、実際にあげていないものとしては「蒲生氏郷が褒美に珠光小茄子という茶器を所望したら『もっと手柄を立てたらな^^』と言われた」という話が有名ですね。
ちなみに珠光小茄子は、本能寺の変で焼けてしまったといわれています。
氏郷涙目。

大名物写 初花肩衝茶入/末広屋 茶道具店のブログ より引用

 

スポンサーリンク

親しい側近と膝を突き合わせて親交を持ちたかったのでは?

逆に、信長が所望したのに手に入らなかった茶器もあります。
戦国のボンバーマンこと松永久秀とともに爆散したという説がある「平蜘蛛の茶釜(古天明平蜘蛛)」です。
「久秀は平蜘蛛の本物を友人に渡し、爆散した時はレプリカを持っていた」ともいわれていますが、これを信長が知ったら草の根を分けても探し出したでしょうね。

しかし、茶器を集めるからには、茶席もそれなりの頻度で設けていたはずですよね。なのに、信長に茶席での逸話があまりみられないのは何故でしょう?
記録としては、度々配下の武将たちを集めて茶会をしているのですが。

ここからはまた私見になるのですけれども、もしかすると、信長は茶道というより「茶の席の平等」を愛していたのかもしれません。
信長は織田家の中では傍流とはいえ、れっきとした武家の家系の長男ですから、歳をとればとるほど家臣と気ままに話すこともできなくなります。
幼い頃から近習とともに駆け回っていた信長にとって、信頼できる人間と側近くで話せなくなるというのは、不便としか思えなかったでしょう。

しかし茶席ならば、親しい人や信頼できる人と膝を突き合わせて話すのも不自然ではありません。茶器に領地同様の価値を持たせたことで、より説得力も増しました。
ということは、信長にとって茶を愛することは、公私共に一石二鳥・三鳥、あるいはそれ以上のメリットがあったのでしょう。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

緑茶のカテキンは権力者のストレス解消にも良かったのかも

「安土城建築のときに岐阜城と家督を信忠に譲ってしまい、お気に入りの茶器だけを持って出て行った」というのはやり過ぎな気もしますが。この話も有名ですので、「どんだけその茶器好きなんだよwww」と思った人も多いのではないでしょうか。
でも、このとき持って行った茶器の名前などは記録がないんですよね。ということは「部下に褒美として与える茶器」と、「日常的に自分で使う茶器」の間にははっきり区別をしていたのでしょうか。

「緑茶には殺菌成分であるカテキンが含まれている」というのは有名ですが、最近の研究で「ストレス解消や高血圧にも効果がある」ということがわかってきています。カフェインによって一時的に血圧が上がっても、カテキンが血圧を下げるのだそうで。
「晩年の信長は高血圧だっただろう」というのも定説ですので、もしかすると本能的に心身の緊張緩和を求めて、緑茶を好んだのかもしれませんね。

信長ほどの人物でもストレス解消に手を焼いたのなら、現代の多くの人がストレスで心身を壊しかねないのも当然というものです。
家庭や職場でプチ本能寺の変が起きたり起こしたりすることのないよう、上手に休憩を取りたいですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 織田信長/wikipedia 茶道/wikipedia 織田長益/wikipedia 有楽流/wikipedia NaturalSociety 茶/wikipedia カテキン/wikipedia

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.