日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平

安徳天皇を産み、喪い、そして自身は生き残った平徳子は平家で一番不幸だった?

更新日:

 

無残な死を遂げるのは不幸なことです。
が、ときには生き残れた人が際限のない苦痛にさいなまれることもあります。最近では「サバイバーズ・ギルト」という言葉で表されますね。
本日はそんな生涯を送ったと思われる、とある女性の話です。

建保元年(1214年)12月13日は、安徳天皇の母である平徳子が亡くなったといわれている日です。「建礼門院」という院号も有名ですね。

おそらく、源平時代どころか平安時代、そして日本史上でも屈指の不幸に見舞われた女性かと思われます。
源平の争いは政争や戦の話が中心になりますけれども、これを徳子の立場から見ると「夫が病死したと思ったら父も亡くなり、兄弟はほとんど討ち死にした上に母と息子が入水。後を追って自分も身を投げたら、一人だけ敵に助けられて三十年も生き続けた」という壮絶な状態になるわけです……。

これだけだとあまりにも身も蓋もないので、もうちょっと詳しく見ていきましょうか。

 

入内から7年で待望の皇子を授かる→後の安徳天皇

徳子は、清盛が平氏の棟梁になって二年後に生まれました。
このタイミングで皇室に入り込むための女の子が生まれたわけですから、清盛は小躍りして喜んだでしょうね。

とはいえ生まれた直後で入内というのも無理があるため、実際に話が持ち上がったのは徳子が16歳になってからです。お相手は後白河法皇の息子である高倉天皇でした。
清盛自ら望んだとも、後白河法皇が清盛の勢力を強めることで、自分の発言権を強めるために持ちかけたともいわれています。また、後白河法皇の妃である平滋子(建春門院)が朝廷内の融和のために提案した……という話もありますね。

こうして裳着(女性の成人式)と同時に入内したものの、徳子はなかなか子供に恵まれませんでした。自身もまだ若いこと、高倉天皇は他の女性との間に内親王をもうけていたこともあり、じっと機会を待つことになります。

そして入内から七年たち、待望の懐妊。
安産の祈祷が連日行われ、徳子は無事に皇子を産みました。これが後の安徳天皇です。

まず間違いなく天皇になる男子が生まれたことで、清盛はクーデターにより後白河法皇を鳥羽殿に押し込めました。
これを受けて高倉天皇は三ヶ月後に安徳天皇に譲位し、院政を行うようになります。

しかし同じ年の5月に以仁王の挙兵=平家打倒の流れが起き、高倉天皇も健康を害し、徳子にとっては「実家も嫁ぎ先もキナ臭い」という最悪な状態に陥りました。
そして高倉天皇が21歳の若さで亡くなると、どこからか「徳子を後白河法皇の妃にしよう」という話が出たこともありました。それによって平氏全体の権威を保とうというわけです。

 

スポンサーリンク

「建礼門院の髪を源氏方が熊手でかき取った」

とはいえ、さすがにこれは徳子も拒絶。異母妹の御子姫君(みこのひめぎみ・冷泉局とも呼ばれる)が行くことで収まります。
後白河法皇からすれば「アナタの息子の嫁が未亡人になったのでぜひどうぞ^^」といわれたことになるわけで、そりゃ気が進まないわけです。清盛の必死さがわかりますね。

御子姫君のその後ははっきりしていませんが、後白河法皇との仲は冷えたもので、若くして亡くなったという説があります。誰も幸せになれないなんてひどすぎる。

後白河法皇が高倉天皇の代わりに再び院政を行うことになると、平氏の勢力は衰えます。
清盛は徳子が安徳天皇の生母であることを利用しようとするも、権勢を回復し切る前に熱病で亡くなってしまい、これをきっかけに平氏の勢力は弱る一方。徳子には建春門院のように政治的調停をする力がなかったため、無力だったということもできますが、これが後々功を奏した……といえなくもないことになります。
ビミョーな表現なのはその……うん、先行きましょう。

安徳天皇とともに平氏の西国落ちに従い、壇ノ浦で徳子も入水しましたが、彼女は生き残りました。
平家物語では「建礼門院の髪を源氏方が熊手でかき取った」とされています。ひでえ。まぁ、当時の女性の髪の長さや衣装の重さを考慮すると、ありえるようなありえないような……。

 

スポンサーリンク

三世代一緒に水天宮で暮らせて幸せ……かも

徳子は平宗盛・時忠といった他の生き残りとともに京に護送されました。
宗盛は斬首、時忠は配流とされていますが、政治的な動きをしていなかった上に先帝の生母である徳子は不問となり、仏門に入りました。その年の夏に京都で大地震が起きたため、比叡山の北西にある寂光院というお寺に移っています。
ここは聖徳太子創建という、当時でも歴史を持つお寺でした。

寂光院は平家物語の締めくくりである「灌頂(かんじょう)の巻」の舞台でもあります。
この巻をざっくりいうと、“後白河法皇がお忍びで徳子の元を訪れ、徳子は涙ながらに来し方行く末を語り、「先帝(安徳天皇)と平氏一門の人々の夢を見ました」と話したところ、後白河法皇も「あなたは生きながらにして六道()を見たのですね」と涙を流した”……というものです。
半分はアンタのせいだけどな、というツッコミは野暮ですかね。

平家物語はあくまで物語なので「灌頂」そのままの出来事があった可能性は低いでしょう。
ただし、「“建礼門院右京大夫”という元女官が寂光院を訪れ、徳子たちのあまりの落魄ぶりに涙をこぼした」という記録があるので、おそらくは彼女の語ったことが元ネタでしょうね。
右京大夫は後に後鳥羽天皇の宮中に出仕しているため、後鳥羽天皇が見も知らぬ異母兄の母を憐れんで、物語にすることで弔いを示そうとした……なんてこともありそうです。後鳥羽天皇が表立って徳子の生活の面倒を見てしまうと、鎌倉幕府や公家たちから「まだ平氏をひいきするつもりなのか」などと思われて危険ですし。

もしくは、平家物語を語り継いだ琵琶法師たちが「ここはすべての元凶の一員である後白河法皇が訪ねたことにしたほうが、世の無常を強調することができる」と考え、改変したというのもありそうですね。

徳子は水天宮の祭神の一柱として、安徳天皇や二位尼(平時子。清盛の正室・徳子の母・安徳天皇の祖母)と一緒に祀られています。
波の下の都ではなくとも、三世代一緒に暮らせて幸せ……かもしれませんね。
それとも、神様だと人間の願いを叶えるためにあっちこっちへ行くようになるでしょうから、やっぱりすれ違ってたりするんでしょうか。それはそれで悲しい(´;ω;`)ブワッ

※六道……仏教で輪廻転生により巡るといわれる六つの世界。地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道。説明が長くなるので、それぞれについてはググる先生へ。ちなみに六道から外れた存在を「外道」といいます。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:平徳子/Wikipedia 寂光院 水天宮

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 源平

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.