日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

幕末のイケメン外国奉行・池田長発 「スフィンクスと侍」は渡仏の途中で写された

更新日:

 

「百聞は一見にしかず」とよくいわれますよね。
この言葉は中国の歴史書「(前)漢書」から来ているといわれますので、日本でも古い時代から言い習わされていたものです。
が、この意味をきちんと噛み締めなければならない時代になればなるほど……、国の舵取りをするような重要な人になればなるほど、忘れられがちな言葉かもしれません。
本日はその一例であろう、幕末のお話です。

元治元年(1864年)2月23日は、第二次幕末・遣欧使節団池田隊がエジプト国王イスマーイール・パシャに謁見したとされる日です。
のっけから何だかよくわからん単語が並びますが、まずは時代背景をつかむところから始めましょう。

【TOP画像】池田長発/国立国会図書館蔵

 

鎖国の再開と井土ヶ谷事件の解決も同時に任されて

このころ日本の外交と言えば、既にペリーが来航し、江戸幕府があっちこっちの外国から「お付き合いしましょうよ^^(でないとどうなるかわかってるよね?)」とつつかれていた時期です。
しかしまだ粘りたい幕府は、何とか鎖国体制を保とうと、いろいろ試みていました。一度は開港したものの、どうにかしてまた港を閉じたかったのです。

そこで、旗本の中でも優秀だった池田長発(ながおき)という人物を団長とし、フランスに「一度は横浜を開いたけど、また閉じたいんでよろしく」(超略)という交渉させることにしました。
もともと池田は小身だったのですが、頭脳と真面目ぶりを生かして火付盗賊改や京都町奉行を歴任し、外国奉行(今でいう外交官みたいな役職)についた、という経歴を持っています。
捕物や治安維持を担当していたということは、度胸も据わっていたことでしょう。外国人(西洋人)の彫りの深い顔立ちを「鬼」と勘違いする者も多かった当時、彼らとの交渉では肝の太さも重要な要素だったと思われます。

ちなみに、長発自身も目鼻立ちがはっきりしていて、なかなかのイケメンです。
このくらいの時代になると、親近感がわくというか、現代でもフツーにいそうな顔の人が出てきますね。写真のおかげでしょうか。
また、この直前の秋に横浜で攘夷派浪士によるフランス士官の殺傷事件(井土ヶ谷事件)が起きており、長発たちはこの件の解決も任されていました。だから「気に入らないからブッコロス」思考はやめろと……。
ことフランスに限らなければ、下関戦争や薩英戦争も、井土ヶ谷事件と同時期に相次いで起きており、日本全体が外国・外国人に対して神経質になっていた時期といえるでしょう。

中央が池田長発(池田筑後守)さんです/国立国会図書館蔵

 

スポンサーリンク

スエズで陸路になってから「スフィンクスと侍」を撮影

そんなこんなでフランスへ向かうことになった長発たちは、まずフランス軍艦ル・モンジュ号に乗り、海路で西へ向かいました。途中で上海やインドに立ち寄りながらも、慣れない超長距離航路とフランス料理で、長発ですら体調を崩していたといいます。いわんや下人をや。
この道中、青木梅蔵という理髪師が日記をつけているのですけれども、今日の我々からすると「嘘やろwww」と思ってしまうような意味での悲惨なアレコレが書かれています。いわゆる「下」の話も含まれるので、ここでは取り上げませんが、もしご興味のある方は参考リンク先様でどうぞ。

やっとのことでスエズにたどり着き、そこからは陸路で旅を続けました。
ここで有名な「スフィンクスと侍」の写真を撮っているので、陸路になってからはだいぶ体調も良くなっていたのでしょうね。誰がどう説明したのかわかりませんが、数千年モノの遺跡の上に登るのはどう考えてもマズイんじゃないでしょうか(´・ω・`)

当時のエジプト王イスマーイール・パシャの感想は伝わっていないので、お咎めもなかったようですが。この頃のエジプトはスエズ運河の工事中でもあり、対外関係でもアレコレあった時期ですから、ちょっと立ち寄った東洋の使節など、記憶にも記録にも残らなかったのかもしれません。

エジプトからは地中海を船で渡り、フランス・マルセイユに到着。そこから陸路でパリへ向かい、ナポレオン3世に謁見しました。
結果から言うと、井土ヶ谷事件の解決・謝罪は成功したものの、横浜再鎖港の交渉は失敗しています。最悪の場合、横浜が香港のように戦争でぶん取られる可能性もあったわけですから、交渉失敗くらいで済んだのはまだマシですかね。

スフィンクスで記念撮影する一行(1864年)/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

フランスでは名刺を配って日本をアピール

ゲームに例えるとすれば、長発はメインクエストには失敗したものの、サブクエストには成功しています。
フランスで様々な学問や産業の資料を集めたり、名刺を配って社交界に日本をアピールしたりしているのです。
名刺のほうは、国立国会図書館デジタルコレクションで画像を見ることができます。官名である「池田筑後守」が実に流麗な筆跡です。池田本人の筆かどうかはわかりませんが、日本語の美しさを再認識できますね。
左側には、ローマ字の読み仮名とフランス語で「Ambassadeur de L. M,taicoun du Japan」(日本の将軍の外交官)と書かれています。フランス側の通訳が書いてくれたんですかね。

フランスで配られた日本初の名刺かな!?/国立国会図書館蔵

フランス側でも外交儀礼は守ってくれていて、晩餐会では「日本人には西洋の酒は口にあわないだろうから、前に来た日本人が持ってきた紹興酒を飲むといい」と言われたそうです。
この「前に来た日本人」というのは、約二年前の「文久遣欧使節」のことだと思われます。福沢諭吉が参加したことで有名な使節団ですね。
ということは、おそらく池田たちも「ヨーロッパ一の奇人」(by福沢)のレオン・ド・ロニーと会って話したんでしょうねえ。
この頃レオンはパリで日本語を教えていましたから、「生きた教材が来たぞヒャッフー!!」くらいにはテンションが上がっていてもおかしくありません。

ナポレオン3世の皇后・ウジェニーとも結構話したようです。「婦人らしい話題」としか書き残されていませんが、日本の衣食住や家庭のことなどでしょうかね。
現代でもそうですが、固有名詞が多くなりそうな話だと、通訳の苦労がしのばれます。
宮廷外では、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトにも会いました。もしかすると、彼に会ったことで、長発は西洋の理系学問に興味を持ったのかもしれませんね。

こうして直に西洋を見聞した長発は、「日本は開国して、西洋と付き合うべきだ」と考えるようになりました。交渉がうまくいかないこともあり、予定していたイギリス訪問を取りやめて、日本へ帰ってきています。

確かにイギリスを味方につけてフランスと交渉させる、という手もあったかもしれません。
まだ西洋の事情が飲み込めていない当時は、そういった発想はできなかったでしょうし。
が、幕府の希望とは反していますから、長発は石高半減と蟄居という罰をくらいます。自分の思い通りにならないから罰する――なんてことをしているから倒されるんだよ(ボソッ)

戊辰戦争の頃には許されたものの、既に長発は健康を害しており、地元に学問所を作って教育にあたっていたそうです。その跡地である岡山県井原市立井原小学校には、長発の生誕150年を記念して、銅像が建てられたとか。

ここで生まれ育つ人だけでなく、少年少女たちには長発のように、広い視野を持って学び、遊び、成長してもらいたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 今日は何の日?徒然日記 池田長発/Wikipedia 横浜鎖港談判使節団/Wikipedia 月報/国立国会図書館

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.