能狂言

厳島神社の能舞台

文化・芸術

信長 秀吉 家康や足利将軍も愛した能と狂言の歴史&観阿弥世阿弥とは

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
観阿弥・世阿弥と能の歴史
をクリックお願いします。

 

秀吉に続いて家康も支持した

また、信長の嫡男・織田信忠や、豊臣秀吉も能を非常に愛好した武士の一人です。

織田信忠
信長の嫡男・織田信忠(奇妙丸)ってどんな人?最期は光秀に狙われて

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

秀吉などは、自らプロの役者に学んで演じたり、能楽師を金銭的に支援して能楽座を復興させたり、素人上がりの役者を保護して新人育成を奨励したり、実は能の世界にとって大恩人ともいえる立場。

なんか意外ですかね?

しかし派手好みの秀吉に合わせてか。このころから能装束が豪華になっております。

また、現在知られている能面の種類が出揃ったのも同時期のことでした。

養子である豊臣秀次も能を愛し、京都五山の僧侶や山科言経などの公家に命じて「謡抄(うたいしょう)」という謡曲の解説書を作らせていました。

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたか?

続きを見る

『新しもの好きの信長や、派手好みの秀吉が好きだったのなら、質実剛健が旨の家康はどうなの?』

そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるかもしれません。

と、これがなんと、徳川家康も能のファンでした。

浜松にいた頃から観世大夫元忠・身愛(ただちか)という能楽師親子を庇護しているほどですから、かなり年季が入っています。

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

家康は幕府を開いた後、江戸に各家の家元や役者を住ませていました。

徳川秀忠以降の将軍たちも基本的に能を奨励し、これに各大名が続いて、能はすっかりおなじみの芸術になっていきます。

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

このため、大名に人気のある曲だけが演じられるようになり、新しい作品は出てこなくなりました。

しかし、そのかわりに演出や内面描写を重視する演技で変化をつけて、複雑さを生んでいく方向に進んでいます。

この流れによって、舞台で演じられる能は基本的に武家のものとなり、庶民は勧進能など、ごく限られた機会でしか触れられなくなりました。

 

今はジーパン&ジャケットでもOK!

代わりに、庶民は謡や、謡曲の一部だけを抜き出した「小謡(こうたい)」に親しんでいきます。

謡本の刊行も盛んになりました。

江戸時代には歌舞伎や人形浄瑠璃のような他の芸能も盛んでしたし、読本のバリエーションも非常に豊富で、エンタメには困らない状況になっていましたから、庶民はライブで見る能にはこだわらなかったのかもしれませんね。

能の「安宅」や歌舞伎の「勧進帳」のように、元ネタが同じものも多々あります。

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

現代では、何となくしゃちほこばった印象のある能ですが、このように国民の多くが親しむ時代から、格式が高くなっていったという経緯がありました。

とはいえ、この記事を書くにあたって参考にさせていただいた「能楽ハンドブック」の序文によると、1990年代の時点で「ジーパンにジャケット」で能楽堂に行っても差し支えない状況にはなっていたようです。

オフィスカジュアル程度にはきれいめにしておいたほうが無難でしょうけれども。

「服装よりも携帯電話の電源オフや、動作・持ち物によって出る音のほうに気を使うべき」というご意見の方も多々見られました。

最近はネット上に能のあらすじが見られるサイトもありますので、予め話を知っておき、当日は場の空気を楽しむのもアリかもしれません。

文化史は政治史や戦史と違い、実際に見たり聞いたりできます。

たまには生のライブ感覚を味わって、記憶に焼き付けるのもよさそうです。

本文中に出てくる関連記事

足利義満
室町三代将軍にして日本国王の称号を持つ足利義満 51年の生涯まとめ

続きを見る

足利義教
クジで決まった六代将軍・足利義教「万人恐怖」と怖れられ家臣に斬殺

続きを見る

足利義持
足利義持(4代将軍)は地味だけどハイスペック~父義満を乗り越えて

続きを見る

足利義政
室町幕府の崩壊は八代将軍・足利義政から始まった?56年の生涯まとめ

続きを見る

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

織田信忠
信長の嫡男・織田信忠(奇妙丸)ってどんな人?最期は光秀に狙われて

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

徳川家康
三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「能楽」「観阿弥」「世阿弥」
戸井田道三/小林保治『能楽ハンドブック』(→amazon

TOPページへ

 



-文化・芸術
-