絵・富永商太

伊達家

伊達家にやたらとゴシップが多い問題~政宗だけの責任でもない【東北戦国譚】

現代とは価値観もルールもまるで異なる戦国時代。
我々のアタマでは到底理解できないことだけでなく、当時の人ですら「???」となる妙な現象がありました。

その一例が東北における血縁関係です。

「奥羽の大名って、さすがに親戚が多すぎないか?」
「しかもやたらと親戚同士で合戦をするんだよ……」
「わざわざ婚姻関係を結んでおいて、何がしたいんだ?」

豊臣政権において、実際に、伊達政宗最上義光が突っ込まれた話ですが……特に南奥羽の伊達および最上領は、親戚のくせにやたらと戦ってばかり――そんな風に思われたのです。

むろん東北には東北なりの合戦作法がありました。
しかし、小田原征伐を終えて豊臣秀吉がやってくると、そう呑気なことも言ってられません。

いわゆる【奥州仕置】で勢力地図をならされるのですが……やがて江戸時代を迎えると、かつてのゴタゴタが週刊誌記事のゴシップネタのように取り扱われるようになったのです。

現代風に描くとこんな感じですね。

「伊達家、親子騒乱の影に居直る父の存在か?」
「またも親子喧嘩! 伊達家に他大名も呆れ顔」
「伊達家、毒親の逃走か? それとも暴虐息子に耐え兼ねた母の悲劇か?」

なんで伊達家ばっかり?と思われるかもしれませんが……東北で血縁入り乱れる複雑な権力闘争になった理由は、おおよそ伊達家にたどり着くというのもあり、他にも政宗さんの存在自体が際立っているなど、とにかく話題に尽きないからでした。

本稿では、その実態を見て参りましょう。

 

【とにかく親戚多い】それが伊達家だったから

ひとたび親子喧嘩が起きれば南奥羽全体に戦火が飛び火する――そんな状況になったのも、実は単純な話であります。

伊達家が子沢山だったのです。

子どもたちを近隣諸国へ送り込み、次から次へと姻戚関係を結んだ。

戦国大名にとって婚姻政策は、非常に重要な交渉手段でしたが、それにしても伊達家の多産と安産は圧倒的でした。当時の医学を考えると奇跡のような現象が、数代にわたって続くのですから、これはもう幸運としか言いようがありません。

例えばヨーロッパでは、ハプスブルク家ヴィクトリア女王の血筋でもあったことです。

近親婚をバンバン繰り返す!? 欧州貴族の危険な結婚観をスペイン史で振り返る

続きを見る

「悲劇の血」を持つヴィクトリア女王 血友病の恐怖がヨーロッパ王室を襲う

続きを見る

実は伊達家の家紋も一つではなく複数あります。伊達政宗あたりがゴネて強奪したわけでもなく、姻戚関係の証拠でもあったんですね。

 

【花嫁強奪】伊達家、美女に弱すぎないか問題

政宗の祖母である久保姫、別名・笑窪御前には美女伝説があります。

「岩城重隆の娘って、笑窪がかわいい美少女らしい! 奥州一なんだぜ!」

そんな噂話を聞いた伊達晴宗が、婚礼行列に乱入して奪ったというものです。

伊達晴宗/wikipediaより引用

後に二人は六男五女に恵まれたため、ヤンチャないい話に扱われたりすることもあるのですが……いやいや、おかしいでしょ。突っ込みどころ多すぎませんか? 晴宗、変質者かよ!

運良く久保姫が多産安産体質だっただけ。下手すりゃ誘拐された挙句、初産で亡くなってもおかしくありません。いったい伊達家は何なのか。

そう突っ込みどころがありすぎる話だと思えるのですが、実際のところは「江戸時代の作家が加筆した結果」でしょう。

こういう伝説は、話半分でよい。いくら奥州一の美女だろうと、そのへんの百姓娘ならばこういう話にはなりません。要は、周辺地域とのゴタゴタがあり「政治的動機で花嫁を強奪した」なんてド直球で書くとドス黒さが満ちてきますので、そこは美女強奪にしてボヤかしたかったんだろうな……と思えるのです。

にしても伊達家は政宗だけじゃないことがよくわかるエピソードですよね。

 

【親子喧嘩】伊達家に毒親多すぎる問題

伊達家は、ともかく親子喧嘩しすぎでまとまらない――当時からそう言われていたことが史料に残っています。

伊達政宗と行き違いがあり、一時期、政宗が「あいつだけはぶち殺す!」と息巻いていた大内定綱。彼の家臣は、伊達家の使者にこう言い放ったそうです。

「は? 政宗がうちの大内を倒す? 本気でウケるんですけど……。晴宗も輝宗も親子喧嘩ばっかりしていてゴタゴタしすぎ。もうダメだと世間で言われてますよ」

これを聞いて、伊達家の使者は怒るわ。この報告を聞いた伊達家中も頭にきすぎて思わず怒りに震えるわ。
図星だったんですかね。

伊達成実は、そのあたりの記述を自分の『成実記』から削除しています。

名門・蘆名家の滅亡!会津が輝宗&政宗親子の手に落ちるとき【東北戦国譚】

続きを見る

当時から、伊達家の親子喧嘩は、彼らにとって恥ずかしい公然のタブーだったのでしょう。
戦国期から江戸時代にかけて、いろいろと知恵を絞りました。

◆親子喧嘩をストレートに書くのはまずい。
そうだ、輝宗時代の中野宗時という奸臣に責任を押し付けよう!

この中野宗時は、輝宗を支えた名臣なのです。あまりに気の毒すぎます。

◆息子に家督相続したのに、ウダウダ口を挟んだ父親=先代が悪いということにしよう!

これもかなり困った話。伊達家以外でも東北は顕著ですが、父子二代で権力を保持することはよくあることで、それを改変したわけです。

その典型例が伊達輝宗&伊達政宗のパターンでした。
輝宗が政宗に家督相続した時期は特に早いわけでもなく、かつ輝宗が権限を保持しています。

それが後世「政宗が凄いから家督相続を早めにした!」とか「わしを撃てと自ら射殺を促した」と脚色されてしまうことに……。

◆伊達家全体のイメージアップのため、伊達晴宗を暗君にしてごまかそうという試みが、江戸期を通じて行われる。

晴宗は毒親ではありません。
周囲との争いは権力や政治見識のすれ違いでしかないのです。

ちなみに毒親イメージ代表格・政宗の母である義姫は、冤罪で認識されたと近年の研究で判明しております。

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター 毒殺を企てた鬼母ではない

続きを見る

 

どうして宮城・仙台に反発が?

ざっと伊達家の事情をたどってきましたが、いかがでしょうか。

東北地方の宮城県、仙台への感情はなかなか複雑なものがあります。同市が際立って大きく、エリア唯一の政令指定都市だということもあるかもしれません。

しかし……やっぱり歴史の影響が大きいのではないでしょうか。

以下に戦国時代からの流れをマトメてみましょう。

戦国時代

姻戚関係が広範囲すぎて、現在の南東北地方に影響を与えすぎる

戦国時代末期

ご存知政宗のレッツ・パーリーな大暴れぶりに、二階堂盛義正室・阿南姫(大乗院)ら親戚まで激怒するややこしい事態に

織豊政権期

政宗が勢力拡大したことが話をややこしくしました。小田原参陣に際して「伊達家の許可を得るまでは関東へ行かないように」と命令されたばかりに、改易された大名家があるのです。代表例が大崎家です

江戸期

仙台藩がなまじ圧倒的に大きいだけに、伊達家に都合がよく周辺に迷惑をかけながら自己正当化した

幕末〜明治期

奥羽越列藩同盟」の盟主となるも、士気が低かったため「ドン五里」(ドンと砲声が聞こえただけで五里逃げる仙台藩兵弱すぎィ!という意味)等と呼ばれる。「ドン五里」のくせに態度でかいとか、そのへんのゴタゴタが北海道開拓までしこりとなって残ったようです

明治期以降

「伊達政宗は天下を狙っていたのか?」問題が持ち上がります。かなり誇張のある話なのですが、戊辰戦争で傷ついた東北人のプライド問題でもありました

現代

大河ドラマ『独眼竜政宗』はアリなのか?問題です。山形県がNHKに抗議を入れたことが未だに笑い話にされますが、東北戦国史理解への悪影響を考えれば、仕方がないと思えるほど不正確な描写が多かった

現代

「ずんだ餅、別に宮城名物でねえ!」問題も捨て置けません。南東北地方に存在する枝豆餡が、どういうわけか「宮城のずんだ」と認識されていることにモヤモヤしている南東北人はおります。芋煮会をめぐる芋煮戦争は、プロレス状態なのでそこまで荒れ狂うわけではありませんが、ずんだは別。これはちょっと問題があります。食べ物の恨みは怖い

現代

「東北の戦国大名は伊達政宗だけでねえ!」問題。東北戦国史の研究とフィクション展開が望まれます

歴史的に見るとなまじ大きいだけに、東北に陰影を落としている伊達家。断っておきますが、私個人は宮城県にも仙台にも悪意はありません。むしろ好きです。

どう考えても政宗と関係ないものを、強引に何もかも政宗に持っていきすぎであるとは思いますが、それも仙台らしさではあります。

さらりとしていて、かつ伊達家に厳しめの記事となりましたが、伊達家は魅力抜群。
今後もその魅力を少しでも紹介できたらと思います。

文:小檜山青

【参考文献】
『シリーズ中世関東武士の研究25 戦国大名伊達氏』
『伊達氏と戦国騒乱』
国史大辞典

 



-伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.