天文法華の乱

絵・小久ヒロ

寺社・一揆

戦国最大クラスの宗教戦争は天文法華の乱~延暦寺vs法華宗で都大炎上

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
天文法華の乱
をクリックお願いします。

 

法華宗の二十一本山がすべて炎上

数で言えば圧倒的に不利な法華宗。

それでも当初は戦況が膠着しておりましたが、六角らの近江衆が市街へ入り、放火しまくるという暴挙に出ると次第に追い込まれていきます。

なんせ下京全エリアと上京の1/3が焼け、法華宗の二十一本山がすべて炎上となってしまうのです。

これにより発生した犠牲者は数千から1万人ほど。

一説には【応仁の乱】のときよりも燃えた面積が広かったとも言われ、実に【天明の大火】に匹敵したとか。ひでぇ。

応仁の乱
応仁の乱って一体何なんだ?戦国時代の幕開け乱戦をコンパクト解説

続きを見る

天明の大火
市街の8割が燃えた 空前の火災「天明の大火」は放火犯の仕業だった

続きを見る

また、数千の民衆が内裏に逃げ込み、圧死する者や喉の乾きで亡くなった人だけでも数百人単位に及んだと言います。

これだけやられてしまった法華宗としては、抵抗しようにもお寺が焼けてどうにもなりません。

彼らはやむなく京都から堺へ落ち延び、再起を待つことになりました。

 

信長の延暦寺攻めより、被害が大きかったんでは?

以降、約6年ほど、細川晴元は京都における法華宗の活動を禁じました。

細川晴元
信長以前の天下人・細川晴元はなぜ長慶に敗れたか 50年の生涯まとめ

続きを見る

しかし、勅許で禁が解かれると、焼き討ちに一枚噛んだ六角家が仲介するというワケワカメな形で延暦寺と法華宗の和議が成立。

騒ぎで焼かれたお寺のうち、半分以上(15本山)は再建されています。まったく、どういうことなんでしょうか……。

「一時的にめちゃくちゃムカついたから焼いただけなんでは?」とすら思ってしまいます。

そしてこの件から35年後、今度は延暦寺自身が織田信長に焼かれるという、まさに因果応報のような展開。

比叡山焼き討ち
なぜ信長は比叡山焼き討ちを強行した?数千人の虐殺大炎上は誇張か

続きを見る

戦国時代の宗教勢力というと、石山本願寺が目立ちますが、それ以前にも宗派同士による激しい戦いがあったんですね。

人心の荒廃……と一言で片付けるにはあまりに大きな被害でした。

なお、宗教勢力がなぜこれほどまでに権力を保持していたか?

以下の記事に詳細がございますので、よろしければ併せて御覧ください。

あわせて読みたい関連記事

戦国時代の巨大寺院
戦国時代に戦も政治もガツガツ!延暦寺・本願寺・興福寺の実力とは

続きを見る

細川晴元
信長以前の天下人・細川晴元はなぜ長慶に敗れたか 50年の生涯まとめ

続きを見る

長島一向一揆
長島一向一揆で信長が宗徒2万人を虐殺!徹底的に潰したのは何故か

続きを見る

東本願寺と西本願寺
東本願寺と西本願寺が二つに分裂しているのは信長・秀吉・家康のせい?

続きを見る

越前一向一揆
越前一向一揆は信長自ら鎮圧! キッカケは旧朝倉家の内紛だった

続きを見る

加賀一向一揆
鬼柴田が平定した加賀一向一揆 北陸の戦国争乱はなぜ100年も続いたか

続きを見る

一向一揆
戦国大名を苦しめた一向一揆10の事例~悪いのは宗教か権力者か

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典

TOPページへ

 



-寺社・一揆
-

×