剣豪・忍者

鬼を斬り、幽霊を斬り、雷も斬る【名刀伝説】ベスト7!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
名刀伝説ベスト7
をクリックお願いします。

 

No.5「雷切(らいきり)

戦国時代の武将、立花道雪の愛刀です。

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

ある日、木陰で雨宿りしていた道雪を雷が直撃!

しかし彼は半身不随になりながらも命を取り留めため、人々は道雪が「雷神を切った」と噂しました。

ゆえにそれまでの「千鳥」から「雷切」へと名を改めたとのこと。

雷切丸

雷切丸(戦国戸次氏年表より)

ついに物体ではなく、自然エネルギーそのものを切れる刀が登場です(忍者漫画「NARUTO」で出てくる技、千鳥と雷切の元ネタでもあります)。

この「雷切」、同じ伝説を持つ刀が複数存在し、先述の「鉄砲切り兼光」もなんと以前は「雷切」と呼ばれていたそう。

あれ?
鉄砲切りより雷切のほうがすごくない…??

 

No.6「にっかり青江(にっかりあおえ)

持ち主には色々な伝説があります。

「化け物が出る」という噂を聞いて退治に向かった武芸者が、現れた幽霊を一刀両断。翌日、現場を見てみると、石灯籠が真っ二つになっていたという伝説です。

幽霊も石灯籠も両方切れちゃうトンデモ刀です!

にっかり青江(四国新聞社HPより)

にっかり青江(四国新聞社HPより)

 

No.7「蜻蛉切り(とんぼきり)

刀じゃなくて槍でスミマセン。

ただし「天下三名槍」のひとつということで入れておきました。

猛将・本多忠勝の愛槍で、穂先に止まったトンボが、その瞬間真っ二つになったという切れ味です。こりゃすごい!

蜻蛉切り(東博HPより)

蜻蛉切り(東博HPより)

蜻蛉切については、より詳しい記事が以下にありますので、よろしければご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

日本刀を打ち倒すために用いられた剣術キラー「奥の手4種」の武芸とは?

続きを見る

カッコよすぎる刀のネーミング10選!布都御魂剣、破邪の御太刀、雷切……

続きを見る

ココが変だよ時代劇!本当は「ありえないシーン5選」はこれだ!

続きを見る

戦国時代のミリメシ事情 ~兵士たちは何を食ってた? ご馳走は「縄」です

続きを見る

天下三名槍の一つ「蜻蛉切」戦国最強武将・忠勝に愛された切れ味とは

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

帯刀コロク・記

【参考】

『日本名刀大図鑑』(→amazon link

『図説・日本刀大全 2』(→amazon link

TOPページへ

 



-剣豪・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.