明智光秀/wikipediaより引用

織田家

愛宕百韻(愛宕山連歌会)「ときは今 あめが下知る 五月かな」光秀の本心は?

更新日:

天正十年(1582年)5月28日は、愛宕山連歌会が開かれた日です。

そこで詠まれた連歌が「愛宕百韻」と呼ばれ、明智光秀が本能寺の変前に、その本心を語っていた――なんて歴史ミステリーではたびたび話題になります。

「ときは今 あめが下知る 五月かな」
というやつですね。

本当に謀反の心境を読みたかったのか?
万が一、バレたらどうすんのよ?

そんな疑問を解消するため、本稿では、歌と同時に、当時の様子を時系列順に見ていきましょう。

 

家康の接待役を外され、秀吉の援軍へ

愛宕山連歌会が開かれた当時の光秀は、徳川家康の接待役から外され、豊臣秀吉の援軍に向かうことになっていました。

「中国攻めがなかなか進まないので、援軍をいただけるとありがたいのですが(´・ω・`)」(※イメージです)という要望が秀吉から織田信長へ届けられ、その先鋒という形で光秀が出陣を命じられたのですね。

そこで安土城からいったん居城の丹波亀山城(現・京都府亀岡市)へ帰陣。
新たに兵を整えると、そのまま中国地方へ出発するのではなく、5月27日、近所の愛宕神社に登りました。

愛宕神社は軍神として武家に信仰されており、光秀もまた自らの武運を祈願するために訪問したのです。

そしてその翌日、連歌師の里村紹巴たちと連歌会を開きました。

里村紹巴/wikipediaより引用

 

「ときは今 あめが下知る 五月かな」

連歌会は当時の社交習慣として行われていたものです。
ゆえに、それだけなら特筆すべきことはありません。

問題は、ここで光秀が詠んだ歌です。

連歌なので、正しくは発句ですね。
発句とは、連歌の始めの【五・七・五】のこと。つまり歌の方向性を決める大切な役目でもあります。

このとき光秀の詠んだ発句が、有名なこちらです。

「ときは今 あめが下知る 五月(さつき)かな」

現代ではこんな風に解釈されたりします。

「とき」→「土岐氏=光秀の出身」

「あめ」→「天=天下」

「下知る」→「命令」

要は、土岐氏出身の明智光秀が「天下」に向かって命令をくだす=「ワシが天下人になる!」ということ。

つまりは信長に代わって天下人となる「謀反の予告」ということで有名になったのです。

 

『惟任退治記』に「謀反の意思表示がされていた」

しかし、連歌が詠まれた直後は、大して問題になっておりません。

この後すぐの【七・七】と【五・七・五】を続けたのが僧侶や歌人であったからか。
何事も無く、穏やかに続けられたのです。

僧侶・歌人といえば当時の知識人の代表格なわけで、上記のような解釈をした上で、あえて続けたかもしれません。
つまり、万が一、光秀の発句が謀反予告だったとしても、華麗にスルーされてしまった可能性が高いという……。

まぁ、光秀にしても、無意識に何の裏もなくこの歌を詠んでいた可能性もありますよね。
だって、謀反の意思表示をしたって何の得もないじゃないですか。参加者の誰かに、信長へ伝えられたら一巻の終わりです。

では、なぜ、謀反の予告とされたのか?
というと軍記物『惟任退治記』に「謀反の意思表示がされていた」と書かれていたことなどが挙げられます。

しかし、その説も実は十分ではありません。
そもそも『惟任退治記』は豊臣秀吉の側近によって編纂されており、光秀をより悪人に描こうとするがため、連歌の原文が改ざんされているのでは?なんて指摘もあるのです。

一体どっちなんだ???
と思いますが、現段階でわかっているのは
【何ら確定的な証拠はない】
ということでして。

だからこそ【本能寺の変】も光秀の動機はナゾのままなのでしょう。

 

意思表明して信長が本能寺から移動したらどうすんのよ

ただし、この前後と思われる時期の光秀には不審な行動が多いという指摘もあります。

いわく、「戦の際、携帯食として持ってきたちまきを外側の笹の葉ごと食べた」とか、「愛宕神社で何回もくじを引き直した」とか……。
ちまきの話は、本能寺の変の後だとか、愛宕山の連歌会中だったという説もありますね。

もしもこれらの逸話が事実だったとして、実行の何日も前からこんなガチガチに緊張していたのでは、根回しや当日の段取りがうまくいかないのも当たり前の話です。
単独でやろうとしていたからこそ、そして光秀が本来律儀な性格だったからこそ、これほど異常な行動になってしまったのではないでしょうか。

そもそも愛宕百韻が詠まれたのが5月28日で、本能寺の変が6月2日です。

信長が単独で本能寺に滞在していないと、明智光秀の謀反は成功しません。
その間、いつ気が変わるかもしれない。

それにこの時期の織田家は、形式上とはいえ息子の織田信忠に家督が譲られており、信長だけを討ったところで光秀のクーデターは成功しません。

そんな状況で事前に計画的に歌を詠んで実行する――そんなことができるでしょうか?

って、途中からは本能寺の変そのものの考察になってしまい申し訳ありません。

愛宕百韻(愛宕連歌会)についてはフィクションで楽しむには最高の素材だと思います。
大河『麒麟がくる』が楽しみでもありますね。

長月 七紀・記

【参考】
『陰謀の日本中世史』著:呉座勇一(→amazon link
国史大辞典
愛宕百韻/wikipedia
本能寺の変/Wikipedia

 



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.