イラスト:富永商太

織田家

信長の愛した茶器&茶会 どんな名物を所持し、配下の者に与えていたのか?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長の茶器
をクリックお願いします。

 

松永久秀が爆発自害と共に散逸したという【平蜘蛛の釜】ですが、そもそも久秀の自爆が現在では否定されております。

松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将【年表付】

続きを見る

復元した――という見立てもあるようですが……一体どうなったんですかね。

 

親しい側近と膝を突き合わせたかった?

もしかすると信長は、茶道というより「茶席の平等」を愛していたのかもしれません。

信長は織田家の中では傍流とはいえ、れっきとした武家の家系の長男ですから、歳をとればとるほど家臣と気ままに話すこともできなくなります。若き頃から近習とともに駆け回っていた信長にとって、信頼できる人間と側近くで話せなくなるというのは、不便としか思えなかったでしょう。

しかし茶席ならば、親しい人や信頼できる人と膝を突き合わせて話すのも不自然ではありません。茶器に領地同様の価値を持たせたことで、より説得力も増しました。

ということは、信長にとって茶を愛することは、公私共に一石二鳥・三鳥、あるいはそれ以上のメリットがあったのでしょう。

「安土城建築のときに岐阜城と家督を信忠に譲ってしまい、お気に入りの茶器だけを持って出て行った」というのはやり過ぎな気もします。この話も有名ですので「どんだけその茶器好きなんだよwww」と思った人も多いのではないでしょうか。

ただ、このとき持って行った茶器の名前などは記録がないんですよね。

ということは「部下に褒美として与える茶器」と、「日常的に自分で使う茶器」の間にははっきり区別をしていたのでしょうか。

 

緑茶のカテキンはストレス解消に効いた?

「緑茶には殺菌成分であるカテキンが含まれている」というのは有名です。

最近の研究では「ストレス解消や高血圧にも効果がある」ということもわかってきています。カフェインによって一時的に血圧が上がっても、カテキンが血圧を下げるのだそうで。

「晩年の信長は高血圧だっただろう」というのも定説ですので、もしかすると本能的に心身の緊張緩和を求めて、緑茶を好んだのかもしれません。

信長ほどの人物でもストレス解消に手を焼いたのなら、現代の多くの人がストレスで心身を壊しかねないのも当然というものです。

家庭や職場でプチ本能寺の変が起きたり起こしたりすることのないよう、上手に休憩を取りたいですね。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将【年表付】

続きを見る

佐々成政が信長の側近から秀吉の反逆者へ! 悲運の生涯53年まとめ

続きを見る

織田信長の公式記録とも言うべき『信長公記』をわかりやすく解説!→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
織田信長/wikipedia
茶道/wikipedia
織田長益/wikipedia
有楽流/wikipedia
NaturalSociety
/wikipedia
カテキン/wikipedia

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.